草紅葉の苗場山

2015.10.10(土) 2 DAYS Niigata, Nagano
みややす
みややす

活動データ

タイム

09:35

距離

17km

上り

1,364m

下り

1,367m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

天気予報を見ていたら土曜日の午前中は天気がよさそう。 朝眼が覚めたので必要な物をザックに放り込んで車をスタート。地図も幾つか持ってきました。 運転しながらどこに行こうか考えます。(笑) 秋の景色、混み具合などを考慮して、苗場山に決定。以前夏に訪れた時はガスガス、天空のお花畑と言われる湿原が全く見えなかったのでそのリベンジも合わせてのチョイスです。 田代第二駐車場には午前5時30分に到着。既に8割位埋まってました。前日からの宿泊の方々の車が含まれているとはいえ、かなりの混雑です。 トイレを済ませて6時に出発です。祓川コースを歩いて山頂を目指します。 まだ朝日がさしてないためはっきり見えませんが紅葉も進んでる感じ。お天気に期待しながら歩きます。 和田小屋(登山口)からは樹林帯を黙々と歩きながら歩きます。朝日が差してきて美しい山肌を眺めながら高度を上げていきます。この登山道、木道と岩がゴロゴロしたがれ場の繰り返しなんですが、沢水が登山道に流れていたり日が当たりにくいなどの理由からかなりグチャグチャ。木の根も滑りやすくかなり注意して歩きました。たまに視界が開けてテンション上がりますがかなりの難道でした。 神楽が峰を越えるとやっと苗場山が視界に入ってきます。頂上が平らで少しユニークな山容。どっしり感もいいですね。これから歩く急登のラインを見ながら歩きます。このあたりから小屋泊した方々とすれ違い始めます。皆さん口々に素晴らしい景色!とおっしゃってました。まだ空も青いしこりゃあ、期待できそう(^_^)紅葉はところどころと言った感じ。 苗場山への最後の登り返しの急登を上がると穏やかな広い湿原が目に飛び込んできました。このギャップがいいんですよね。ここは天国かぁ?と思わせるような見事な草紅葉、池塘も広がります。 ほどなく山頂標識へ。展望がないのでさっさと移動、湿原がよく見える場所にてランチにしました。 ここにきて空には雲がかかり空はグレーになりましたが湿原はハッキリ。しばし湿原を散策。意味もなくカメラのシャッターを押してしまいます。結局頂上付近に3時間近くもいました。笑 下りは黙々と、足元に注意しながら歩きます。本当に滑りやすく注意しないと危ないです。 多めに休憩をとりながら約3時間で下山。怪我もなく無事に帰還しました。朝ちゃんと見れなかった紅葉もいい感じで色づいてました。 天空のお花畑と呼ばれている(?)苗場山は春から夏にかけて沢山の人で賑わいますが草紅葉のこの季節も素晴らしいです。登山道のグチャグチャ道がなんとかなれば(^_^)

和田小屋(登山口)に行くには舗装路もありますが、標識に従って山道に入るとドロドロ道にハマります。粘土質の道に足を取られます。汗
しばらく悪戦苦闘して舗装路に合流。最初から舗装路がオススメ。
木々が紅葉に。まだ薄暗いので色がくすんで見えます。帰りにまた見よう。
そろそろ日が出るかな?
和田小屋に到着。
登山届けを提出してここからスタートです。スキーゲレンデを横切ります。ちなみにコースタイムは4時間だそうです。
朝日がでてきました。
まずは緩やかな斜面。
朝日がでました。今の所快晴!
葉っぱが色づいてます。イイね!
六号目。てことは和田小屋付近は5号目?
山に日が当たって黄色、赤が映えます。
天気もイイ感じ。
六号半。なんと中途半端な 笑
登山道はこんな感じの木道と石がゴロゴロのがれ場の繰り返し。
下ノ芝(7号目)に到着。少し休憩です。
7号半。
苗場スキー場のリフト。ここがスキー場の最高地点。
たまに視界が開けます。開放的な景色でテンションも上がります。
中ノ芝に到着。
上の芝。
階段を上り、股スリ岩を通過。
通過してから看板有り。
神楽が峰に到着。8号目です。
苗場山が視界に入りました!
デカプリンが、どーん!
ドッシリした感じの山です。
富士見坂。
雷清水に到着。この祓川コースで唯一の水場です。
ちょい休憩して水をゴクリ。うーん、そんなに冷たくないなぁ。
これから歩く山道が見えます。登り返しが結構キツそうです。
お花畑。花はありませんが。
9号目。もう少しです。
急登の終わりが見えました。
広い
さっきの急登とのギャップが凄い。ここは天国が?と思わせる芝紅葉が広がります。
池塘。尾瀬も感動的ですが、ここの湿原も素晴らしい。しかも2000の天空の湿原(^_^)
まずは右に折れて頂上を目指します。
おー!凄い!
苗場山の頂上標識に到着。展望ナシです。
三角点をパシャリ。
ほどなく苗場山頂上ヒュッテに到着。とりあえずコーラ!笑 350円也。
景色のよい場所に移動して、かんぱーい!
とりあえず、ごはんです。超かんたんメニュー。カップラーメンとコンビニおにぎりです。
湿原を散策します。荷揚げしたカゴが置いてありました。
大赤沢新道方面。
木道は一部崩れてる箇所も。
どけこまでも続く木道。
赤湯方面も歩いてみます。
雲がかかっていたので山々の展望はあまりよくありませんでした。
名残惜しいですが下山します。結局3時間近く頂上付近にいました。
視界が開けて登山口まであとわずか。
登山口に到着。
駐車場に到着です。本日も怪我なく無事に帰還です(^_^)
午前5時30分。駐車場に到着。気温6度。既に8割埋まってました。
駐車場にある案内板。今回は祓川(はらいがわ)コースで頂上を目指します。
そのとなりにある絵葉書風の看板。ちなみに平標の登山口にもあったよな。
あと20分。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。