高屋山 ぎふ百山編

2022.05.05(木) 日帰り

活動データ

タイム

03:32

距離

3.8km

上り

721m

下り

709m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 32
休憩時間
26
距離
3.8 km
上り / 下り
721 / 709 m
3
1 48
1 11

活動詳細

すべて見る

5/5GW後半、今日は2座の予定で、1座目は高屋山です。 本巣市根尾越波の墓地前の空き地に駐車してスタートしました。 皆様のレポを参考にして、沢の右手から入り、ドラム缶の手前の丸太を渡り、小さな沢を渡渉しました。 そこから道なき急登を登ることになり、この先待ち受ける試練の前兆と思いました。 尾根道に出ると踏み跡もありましたが、急登の杉林を越えて、 白樺と灌木の踏み跡不明ゾーン、その先又や杉林ゾーンの先に、 皆様のレポに登場する倒木ゾーンが現れました。 テープも少なく、踏み跡も見つからないので、上に向かって進みました。 山頂手前で雪があり、すぐ先には苔むした岩ゾーンがありました。 山頂は樹木が囲んでいて、眺望はありませんでした。 山名板を化粧直しして、軽食の後下山しました。 下山は、テープや踏み跡が分からない箇所ばかりだったので、完全にyamapを頼りました。 登山ルート以外の場所にもテープがあり、それを信じるとルートを外れることがありました。 現在地を確認しながらの下山となり、登りよりも神経を使って疲れました。 尾根道に沿って下ってきたら、そのまま沢の左側に下山しました。 沢の右手から入山して急登するよりも、沢の左手から入山したほうが尾根道に入りやすいと思いました。 誰にも会わない山歩きでした。 ほぼ予定時間に下山できましたので、本日の2座目へ向かいました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。