爽快❓苦行❓達成感❓GW高島トレイル スルーハイク2泊3日

2022.05.03(火) 3 DAYS

活動データ

タイム

29:12

距離

74.9km

上り

6284m

下り

6265m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 44
休憩時間
13
距離
21.5 km
上り / 下り
1983 / 1597 m
1 8
43
37
43
35
3
39
19
42
1 5
DAY 2
合計時間
13 時間 37
休憩時間
1 時間 28
距離
34.6 km
上り / 下り
2651 / 2759 m
1 35
1 17
1
50
46
1 26
40
1 44
36
32
7
DAY 3
合計時間
7 時間 50
休憩時間
23
距離
18.6 km
上り / 下り
1649 / 1905 m
32
12
1 37
11
1 31
38
57

活動詳細

すべて見る

以前からスルーハイクしたかった高島トレイル。ゴールデンウィークは時期的にもいいということで天気のいい3連休に行くことを計画。皆さんのレポートを見ると1泊2日で縦走している猛者もいるが、健脚の方でも2泊3日というのもある。 自分の実力で約30時間かかると分析し、1泊2日なら1日15時間、プラス国境スキー場までの10kmのロードも加わり、相当負荷の高い2日間になることは確実で、アクシデントがあればバスの最終時刻に間に合わないというリスクもあり、プレッシャーもかかる。ということで、2泊3日でのプランを検討する。 初日に始発の電車で出ると国境スキー場到着が10:41。お昼前のスタートになり、初日の行動時間が7時間程度しか取れないが、2日目12時間、3日目11時間行動すれば、計算上は17時台のバスの最終時刻に間に合う。もちろん体力次第であり、想定時間のずれの調整は必要である。不安なのは、2泊3日の山行は過去1度北アルプスで行ったのみ。その時は3日間は自分には長いなという記憶がある。 マキノ駅からのバスに乗ったのは、自分とハイキングのご夫婦の3人。ほとんどの方は9:06着のバスに乗っていることだろう。 久しぶりにテン泊装備の重いザックを背負い、国境スキー場から登山開始🚶‍♂️時間は遅いが、無理をせずマイペースで進もう。初日は適度に風もあり、暑すぎず寒すぎずのちょうどいい天気。琵琶湖、日本海を時折眺めながら、新緑のブナ林を進む。途中、滋賀イチ(滋賀一周ラウンドトレイル)の選手に2人抜かれる。大津から3日で高島トレイルまで来るとはヤバすぎ‼️ 滋賀イチのエイドになっている抜土には17時前に到着。ペース的には順調であることを確認し、暗くなるまで行ける所まで行っておこうと、沢の水を給水して出発。大御影山手前に3張テントを確認し、自分もそろそろとピークを越えた所で適地を探し、携帯も繋がるポイントで設営する。初日は行動時間7時間40分、距離22/80kmとほぼ想定通り。 2日目は無理をせず、明るくなりだした5時にスタートする。今日の目標地点は水場のある木地山峠。そこまで行ければ、3日目13時台のバスも見えてくる。なにせ17時台のバスだと自宅の最寄り駅着が23時過ぎとすこぶる遅い。2日目の朝は元気だったものの、午後になると、暑さと景色のマンネリ感とアップダウンの連続で楽しさより辛さが増してくる💦桜峠でラーメン休憩した後の登りは苦行に近い感覚😫そんな時、滋賀イチの選手に久しぶりに抜かれる。8日間もトレイルを走り続ける選手に比べたら、のんびり登山の3日なんてかわいいもの。疲れも楽しみながら頑張ってみよう💪何とか駒ヶ岳に17時前に着き、暗くなる前に木地山峠に到着できそう。いい水場がある木地山峠にも先客はおらず、今日も孤独な夜😢2日目は行動時間13時間20分、距離35/80kmとよく頑張った💪 3日目も5時スタート。トラブルさえなければ、13時台のバスに間に合う計算だ。とは言え8時間程度の行程であり、決して楽ではない。アップダウンが続き、なかなか前に進まないが、ペース的には問題なく進み、ラスボス三国岳を登り、ゴールの桑原橋へ。長い辛い道のりながら達成感はほとんどなく、ただ疲れた、暑い🥵ということだけ。やっぱり自分には3日間は長かった。 3日目は行動時間7時間50分、距離23/80km、トータル28時間50分で想定時間30時間はいい読みだった。2日目のパフォーマンスがほぼ限界に近いので、1泊2日は無謀、やはり2泊3日が適切だったということ。 それにしてもゴールデンウィークだというのに、縦走している人の少ないこと。縦走している方には3日間で10人も会わなかった。静かな山歩きを楽しむには最高のトレイルかも。その一方、トレイル中、避難小屋等の施設は全くなく、かなり山慣れした人でないと不安かと。水場の案内も全くなく、スルーしてしまった水場のある峠もあった。事前準備は周到すぎるくらいすべきだったと反省。それと、いつもYAMAPの距離短い気がするが、今回74.9kmはないでしょう。 〈今回給水した地点〉 ポイント8-1 抜土 橋の下の沢の水豊富 ポイント12 水坂峠 堰の下の沢の水を取ったが、できるだけ上流で取った方が良かった ポイント14 桜峠 いい沢の水のポイントが分からず、峠のすぐそばの水を取った ポイント21 木地山峠 峠から少し東側に下った所に良質の沢の水あり 余談ですが、帰宅途中、安曇川駅で滋賀イチ参加者の方に遭遇。私より年配の方で高島トレイルの登山口の国境でリタイアしたとの事。その年齢でそこまで行くだけでも大したものだが、驚いたのは参加料。大会のサポート付きだと何と12万円‼️死ぬほど辛い思いして、その参加料の高さ。ちなみに奥さんには内緒だとか。

高島トレイル その1 国境スキー場まではバスで移動。もうすぐお昼ですが長い旅路の始まり。
国境スキー場まではバスで移動。もうすぐお昼ですが長い旅路の始まり。
高島トレイル その1 ポイント0 愛発越。高島トレイルの案内看板あり。
ポイント0 愛発越。高島トレイルの案内看板あり。
高島トレイル その1 久しぶりのテン泊装備でスキー場の登りがキツい😵
久しぶりのテン泊装備でスキー場の登りがキツい😵
高島トレイル その1 分かりにくい箇所にはこういった標識あり。
分かりにくい箇所にはこういった標識あり。
高島トレイル その1 新緑のブナ林を進む。
新緑のブナ林を進む。
高島トレイル その1 イチリンソウ?
イチリンソウ?
高島トレイル その1 琵琶湖が見えてきた。
琵琶湖が見えてきた。
高島トレイル その1 カタクリも数多く咲いている。重いザックでかがんで写真を撮るのがしんどい。
カタクリも数多く咲いている。重いザックでかがんで写真を撮るのがしんどい。
高島トレイル その1 まずは1座目のポイント1 乗鞍岳。
まずは1座目のポイント1 乗鞍岳。
高島トレイル その1 えっ、まだ🌸桜咲いてるの?
えっ、まだ🌸桜咲いてるの?
高島トレイル その1 イワウチワの群生地
イワウチワの群生地
高島トレイル その1 芦原岳は高島トレイルの標識なく、コース外なのかも。
芦原岳は高島トレイルの標識なく、コース外なのかも。
高島トレイル その1 滋賀イチ(滋賀一周ラウンドトレイル)のトップの選手が颯爽と抜き去っていった😲
滋賀イチ(滋賀一周ラウンドトレイル)のトップの選手が颯爽と抜き去っていった😲
高島トレイル その1 日本海見るの記憶にないほど久しぶり。
日本海見るの記憶にないほど久しぶり。
高島トレイル その1 黒河峠にコース上唯一のトイレあり。
黒河峠にコース上唯一のトイレあり。
高島トレイル その1 ポイント2 黒河峠
ポイント2 黒河峠
高島トレイル その1 タムシバも所々に咲いてます。
タムシバも所々に咲いてます。
高島トレイル その1  コースから外れて少し登るとポイント3 三国山。
コースから外れて少し登るとポイント3 三国山。
高島トレイル その1 ポイント4 明王の禿
ポイント4 明王の禿
高島トレイル その1 琵琶湖方面の展望がgood👍
琵琶湖方面の展望がgood👍
高島トレイル その1 ポイント5 赤坂山到着。
ポイント5 赤坂山到着。
高島トレイル その1 ここから伊吹山見えるんだ!
ここから伊吹山見えるんだ!
高島トレイル その1 伊吹山から北尾根がよく見える。滋賀イチのスタッフさんによると、あの辺りが選手のボリュームゾーンとのこと。
伊吹山から北尾根がよく見える。滋賀イチのスタッフさんによると、あの辺りが選手のボリュームゾーンとのこと。
高島トレイル その1 大谷山、三重ヶ嶽方面
大谷山、三重ヶ嶽方面
高島トレイル その1 ポイント7 寒風到着。風は冷たくなく、まだ半袖シャツでOK。
ポイント7 寒風到着。風は冷たくなく、まだ半袖シャツでOK。
高島トレイル その1 琵琶湖を眺めながら快適なトレイル。
琵琶湖を眺めながら快適なトレイル。
高島トレイル その1 ポイント8 大谷山到着。
ポイント8 大谷山到着。
高島トレイル その1 石庭
石庭
高島トレイル その1 これが石の庭?
これが石の庭?
高島トレイル その1 水場のあるポイント8-1 抜土に到着。時間的にはもう終わりでも、3日で行くには、まだ先に進まないと。なにせ今日の行動時間はまだ6時間。沢水を給水して出発。
水場のあるポイント8-1 抜土に到着。時間的にはもう終わりでも、3日で行くには、まだ先に進まないと。なにせ今日の行動時間はまだ6時間。沢水を給水して出発。
高島トレイル その1 ポイント9 大御影山到着。薄暗くなりだし、そろそろ今日のテン場適地を物色。
ポイント9 大御影山到着。薄暗くなりだし、そろそろ今日のテン場適地を物色。
高島トレイル その1 夕暮れの日本海
夕暮れの日本海
高島トレイル その1 今日のお宿、設置完了。樹林帯で風もなく、携帯も繋がり、なかなかのポイント。
今日のお宿、設置完了。樹林帯で風もなく、携帯も繋がり、なかなかのポイント。
高島トレイル その1 2日目は5時行動開始。三重ヶ嶽手前の雪渓。最高峰だけにトレイル上でここが一番残雪が残っていた。
2日目は5時行動開始。三重ヶ嶽手前の雪渓。最高峰だけにトレイル上でここが一番残雪が残っていた。
高島トレイル その1 ポイント10 三重嶽到着
ポイント10 三重嶽到着
高島トレイル その1 武奈ヶ嶽手前のブナ林。
武奈ヶ嶽手前のブナ林。
高島トレイル その1 ポイント11 武奈ヶ嶽到着
ポイント11 武奈ヶ嶽到着
高島トレイル その1 そろそろ琵琶湖も見納めか?
そろそろ琵琶湖も見納めか?
高島トレイル その1 ポイント12 水坂峠。標高865mの武奈ヶ嶽から標高280mまで一気に下る。ここで沢の水を補給。
ポイント12 水坂峠。標高865mの武奈ヶ嶽から標高280mまで一気に下る。ここで沢の水を補給。
高島トレイル その1 滋賀イチのエイド。コーラやジュースがうらやましい。
滋賀イチのエイド。コーラやジュースがうらやましい。
高島トレイル その1 急斜面でキツかったポイント13 二の谷山。
急斜面でキツかったポイント13 二の谷山。
高島トレイル その1 ポイント14 桜峠到着。標高280mの水坂峠から標高608mの二の谷山を登り、また標高280mの桜峠へ下るってどう?トレイルの中間点を過ぎたここで30分のラーメン休憩。暑さも厳しい🥵
ポイント14 桜峠到着。標高280mの水坂峠から標高608mの二の谷山を登り、また標高280mの桜峠へ下るってどう?トレイルの中間点を過ぎたここで30分のラーメン休憩。暑さも厳しい🥵
高島トレイル その1 行者山への途中、滋賀イチの選手に抜かれる。 今日はどこまでか伺ったら、小川までとのこと。この時はよく分からなかったが、小川とは高島トレイル終点の桑原の先の集落。流石です👏確認したところ、4位でフィニッシュされた河畑選手でした。おめでとうございます🎉
行者山への途中、滋賀イチの選手に抜かれる。 今日はどこまでか伺ったら、小川までとのこと。この時はよく分からなかったが、小川とは高島トレイル終点の桑原の先の集落。流石です👏確認したところ、4位でフィニッシュされた河畑選手でした。おめでとうございます🎉
高島トレイル その1 ポイント15 行者山到着。
ポイント15 行者山到着。
高島トレイル その1 ポイント16 横谷峠到着。ここの水場を完全に見過ごすチョンボ。ここから駒ヶ岳への登りもキツかった。
ポイント16 横谷峠到着。ここの水場を完全に見過ごすチョンボ。ここから駒ヶ岳への登りもキツかった。
高島トレイル その1 大きな池あり、駒ヶ池と言うみたい。
大きな池あり、駒ヶ池と言うみたい。
高島トレイル その1 ポイント18 駒ヶ岳到着。目的地の木地山峠までおよそ1時間半。何とか暗くなる前には着けそう。
ポイント18 駒ヶ岳到着。目的地の木地山峠までおよそ1時間半。何とか暗くなる前には着けそう。
高島トレイル その1 もう眺望も山しか見えませんけど。
もう眺望も山しか見えませんけど。
高島トレイル その1  ポイント19 与助谷山、この区間アップダウンが少なくて助かる。
ポイント19 与助谷山、この区間アップダウンが少なくて助かる。
高島トレイル その1 左手に見えてきたのは明日登る百里ヶ岳か?
左手に見えてきたのは明日登る百里ヶ岳か?
高島トレイル その1 ポイント20 桜谷山到着。あとは木地山峠へ下るだけ。
ポイント20 桜谷山到着。あとは木地山峠へ下るだけ。
高島トレイル その1 ゴールの山は見えているのだろうか?
ゴールの山は見えているのだろうか?
高島トレイル その1 今日の目標地点のポイント21 木地山峠到着。ザックを下ろして水場を探す。
今日の目標地点のポイント21 木地山峠到着。ザックを下ろして水場を探す。
高島トレイル その1 ここは水場があり、テン場適地と思いきや、今日も孤独な夜を過ごす。ここは携帯圏外。夜中に滋賀イチの選手っぽい人が2人通過していった。
ここは水場があり、テン場適地と思いきや、今日も孤独な夜を過ごす。ここは携帯圏外。夜中に滋賀イチの選手っぽい人が2人通過していった。
高島トレイル その1 3日目も5時スタート。百里ヶ岳への途中で御来光を拝む。
3日目も5時スタート。百里ヶ岳への途中で御来光を拝む。
高島トレイル その1 ポイント22 百里ヶ岳到着。
ポイント22 百里ヶ岳到着。
高島トレイル その1 ポイント23 根木坂峠到着。
ポイント23 根木坂峠到着。
高島トレイル その1 この峠は鯖街道のルートだったようだ。
この峠は鯖街道のルートだったようだ。
高島トレイル その1 舗装道路上のポイント24 おにゅう峠。
舗装道路上のポイント24 おにゅう峠。
高島トレイル その1 山しか見えないが、今日はどこまで行けばいいんだろう?
山しか見えないが、今日はどこまで行けばいいんだろう?
高島トレイル その1 イワカガミがあんまり咲いてるので、最終日だし、腰を下ろして撮影。
イワカガミがあんまり咲いてるので、最終日だし、腰を下ろして撮影。
高島トレイル その1 ポイント25 ナベクボ峠、百里ヶ岳から2時間半縦走しているが、この間ピークなし。
ポイント25 ナベクボ峠、百里ヶ岳から2時間半縦走しているが、この間ピークなし。
高島トレイル その1 ポイント26 三国峠
ポイント26 三国峠
高島トレイル その1 ポイント27 地蔵峠
ポイント27 地蔵峠
高島トレイル その1 この区間、シャクナゲ多い。
この区間、シャクナゲ多い。
高島トレイル その1 これはピンクが強め。
これはピンクが強め。
高島トレイル その1 ポイント28 岩谷峠到着。ここから本当に最後の登り。頑張るぞ~💪
ポイント28 岩谷峠到着。ここから本当に最後の登り。頑張るぞ~💪
高島トレイル その1 最終ピークのポイント29 三国岳到着。もうあとは下るだけ。
最終ピークのポイント29 三国岳到着。もうあとは下るだけ。
高島トレイル その1 ブナ林もこれで見納め。
ブナ林もこれで見納め。
高島トレイル その1 登山口まで下りてきた。あとは桑原橋まで平行移動。
登山口まで下りてきた。あとは桑原橋まで平行移動。
高島トレイル その1 長い旅路のゴール桑原橋に到着。あ〜疲れた、そして暑い🥵達成感は、それほどないな?
長い旅路のゴール桑原橋に到着。あ〜疲れた、そして暑い🥵達成感は、それほどないな?
高島トレイル その1 バスまで時間があるので、川で汗を落とし、汗臭いシャツや帽子を洗濯。
バスまで時間があるので、川で汗を落とし、汗臭いシャツや帽子を洗濯。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。