2日目 大笠山から笈ヶ岳、中宮温泉ビジターセンターへ下山

2022.05.04(水) 日帰り

5月4日(水)「晴れ」 (みどりの日)朝4時少し過ぎに起床する。朝食は行動食で済ませた。いざ出発。大笠山でアイゼンを履き、ブッシュに突入する。直ぐに稜線には残雪が現れる。残雪と言うけれど、雪庇の名残で崩壊している所あり、経験を活かして突破して行くしかない。ロシアンルーレットとは言いたくないが、正直運任せの所もある。感覚で怖い所は、ブッシュに入る。笹ブッシュの中では、左足のアイゼンをロストする。雪庇残雪に出て滑って気が付いた。無しでは不安なので、探しに行く。約10分程度だったが、無事にアイゼンを見つけて、ひと安堵する。アイゼンを丁寧に履き、ブッシュの中では確認の連続となった。今思えば過去にもあったか。人間は何度も同じミスをするものだ。後ろ振り向くと南砺市のグループが手を振っていた。雪庇残雪とブッシュを交互に交えてトレースして行く。やっとの事で大笠山と宝剣岳との鞍部に出る。此処から見える千丈平も桃源郷だ。此処からブッシュも交えながら、宝剣岳を登る。それにしても、この辺りのブッシュは酷い。5級位はあるか。焦らず掻き分け、ゆっくりと着実に登るしかない。頂上に近づくと山頂方面から声がするではないか。シメシメ、笈ヶ岳からの登山者が居るぞ。この先はトレースがあり、楽になるか。あと僅かだが中々宝剣岳には着かなかった。やっと登りきると其処に居たのは、南砺市のグループだった。何処から登ってきたの?。千丈平経由で登ってきたとの事で、流石地元山岳会だ。知らぬ間に抜かされていた。でも此処から戻ると言う事で、残念です。一緒に行きたかったな。「名古屋、気を付行けて行けよ」と励まされ、お別れした。錫杖岳の登りでは、雪庇に穴が開いている、自然の造形美を楽しみながら登った。笈ヶ岳は、ルートハンディング通りに雪を繋げられた。笈ヶ岳に出ると、其処は別世界だった。人人人で賑わっている。本当に最難関200名山か?。今回は2登目となり、岐阜の野伏ヶ岳から大笠山まで繋がった。満足満足、自己満足の世界です。今度は、大笠山から北へも足を延ばそう。そして大畠谷も遡行したいな。下山は、今までのルートと比べると高速道路だ。でも疲れているのでゆっくりです。もう面倒になったので、シリタカ山、冬瓜山はバイパスした。そして山毛欅尾山へと縦走する予定だったが、此方も雪が無くなるとブッシュ模様で、意気消沈して中宮温泉ビジターセンターへと下山を決めた。後で後悔するかも。でも下山道は、中々の難路だった。一般登山道とは違い岩場が多数あり、虎ロープがぶら下がっている。結構ブッシュも五月蠅かった。数人に抜かされたが、焦らづ降りた。蛇谷自然公園小屋に出て、探勝路と思いきや渡渉が少し厄介だった。橋何処へいった?。明るいうちに何とか下山できたが、此処から新中宮温泉センターまでは、まだ8Km位はあるか。降りたが意外と下山者は居なかった。取敢えず歩くしかないで、ホワイトロードをポチポチと歩く。途中谷を過ぎた辺りで、走行音がして車に手を挙げた。ご厚意で新中宮温泉の入口まで乗せて貰った。本当に感謝です。ありがとう。周回完了で車に戻り、温泉に直行した。完璧では無かったが、一区切り着いた。皆さん有難う御座いました。 @中宮温泉ビジターセンターから新中宮温泉センター入口まで、群馬でレンタカーを借り、東京から笈ヶ岳へ登山に来られた方に、ご厚意で車に乗せて戴きました。本当にありがとうございました。 歩いていたら、約8Kmありました。正直ヘトヘトでした。 1日目 https://yamap.com/activities/17108526 ●場所● 大笠山&笈ヶ岳 2万5千:中宮温泉・市原 5万:白川村・白峰 ●日時● 令和4年5月3日~5月4日 ●行動概要●(石川県・富山県・岐阜県 36 度19 分12.69 秒 136 度47 分21.22 秒) 1日目 白山一里野温泉スキー場⇒中宮温泉センター⇒中宮山⇒大瓢箪山⇒大笠山⇒大笠山避 難小屋 2日目 大笠山避難小屋⇒大笠山⇒宝剣岳⇒錫杖岳⇒笈ヶ岳⇒小笈ヶ岳⇒シリタカ山⇒冬瓜山 ⇒山毛欅尾山⇒登山口⇒白山一里野温泉スキー場

おはようございます。
今日も天気は良い

おはようございます。 今日も天気は良い

おはようございます。 今日も天気は良い

大笠山さようなら

大笠山さようなら

大笠山さようなら

残雪を拾いながら

残雪を拾いながら

残雪を拾いながら

大笠山を振り返る

大笠山を振り返る

大笠山を振り返る

残雪の状況が悪いが、ブッシュは嫌だし。恐る恐る確実に

残雪の状況が悪いが、ブッシュは嫌だし。恐る恐る確実に

残雪の状況が悪いが、ブッシュは嫌だし。恐る恐る確実に

大笠山を振り返る。
少し下の残雪に南砺のグループが見える。

大笠山を振り返る。 少し下の残雪に南砺のグループが見える。

大笠山を振り返る。 少し下の残雪に南砺のグループが見える。

相変わらず千丈平は桃源郷だ

相変わらず千丈平は桃源郷だ

相変わらず千丈平は桃源郷だ

宝剣岳から笈ヶ岳と錫杖岳

宝剣岳から笈ヶ岳と錫杖岳

宝剣岳から笈ヶ岳と錫杖岳

宝剣岳の登り

宝剣岳の登り

宝剣岳の登り

錫杖岳を振り返る

錫杖岳を振り返る

錫杖岳を振り返る

大笠山と錫杖岳

大笠山と錫杖岳

大笠山と錫杖岳

自然の造形美。でも危険です。

自然の造形美。でも危険です。

自然の造形美。でも危険です。

此の残雪を抜ければ、笈ヶ岳

此の残雪を抜ければ、笈ヶ岳

此の残雪を抜ければ、笈ヶ岳

笈ヶ岳横の岩峰

笈ヶ岳横の岩峰

笈ヶ岳横の岩峰

笈ヶ岳に到着

笈ヶ岳に到着

笈ヶ岳に到着

看板

看板

看板

白山方面

白山方面

白山方面

白山望遠

白山望遠

白山望遠

笈ヶ岳から北への稜線

笈ヶ岳から北への稜線

笈ヶ岳から北への稜線

下山する尾根

下山する尾根

下山する尾根

山頂看板の裏側

山頂看板の裏側

山頂看板の裏側

頂上全体

頂上全体

頂上全体

振り返って笈ヶ岳

振り返って笈ヶ岳

振り返って笈ヶ岳

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

笈ヶ岳を振り返る

笈ヶ岳を振り返る

笈ヶ岳を振り返る

笈ヶ岳から北へ続く稜線

笈ヶ岳から北へ続く稜線

笈ヶ岳から北へ続く稜線

笈ヶ岳西尾尾根の岩峰

笈ヶ岳西尾尾根の岩峰

笈ヶ岳西尾尾根の岩峰

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

良い感じのトラバース道

良い感じのトラバース道

良い感じのトラバース道

溶けたブロック

溶けたブロック

溶けたブロック

大きいブナ

大きいブナ

大きいブナ

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

平坦地へ突入

平坦地へ突入

平坦地へ突入

良い感じ

良い感じ

良い感じ

平坦地の窪み

平坦地の窪み

平坦地の窪み

この先で雪が無くなり、踏み跡はある物のブッシュで嫌気になる。

この先で雪が無くなり、踏み跡はある物のブッシュで嫌気になる。

この先で雪が無くなり、踏み跡はある物のブッシュで嫌気になる。

一般向け登山道ではない。岩場が多く急峻です。虎ロープ多数あり。

一般向け登山道ではない。岩場が多く急峻です。虎ロープ多数あり。

一般向け登山道ではない。岩場が多く急峻です。虎ロープ多数あり。

やっと遊歩道へ。

やっと遊歩道へ。

やっと遊歩道へ。

恐竜が居るみたい。

恐竜が居るみたい。

恐竜が居るみたい。

2個目の暗渠

2個目の暗渠

2個目の暗渠

やっと辿り着いた。直ぐ温泉へ直行

やっと辿り着いた。直ぐ温泉へ直行

やっと辿り着いた。直ぐ温泉へ直行

おはようございます。 今日も天気は良い

大笠山さようなら

残雪を拾いながら

大笠山を振り返る

残雪の状況が悪いが、ブッシュは嫌だし。恐る恐る確実に

大笠山を振り返る。 少し下の残雪に南砺のグループが見える。

相変わらず千丈平は桃源郷だ

宝剣岳から笈ヶ岳と錫杖岳

宝剣岳の登り

錫杖岳を振り返る

大笠山と錫杖岳

自然の造形美。でも危険です。

此の残雪を抜ければ、笈ヶ岳

笈ヶ岳横の岩峰

笈ヶ岳に到着

看板

白山方面

白山望遠

笈ヶ岳から北への稜線

下山する尾根

山頂看板の裏側

頂上全体

振り返って笈ヶ岳

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

桂湖からの大笠山登山尾根

笈ヶ岳を振り返る

笈ヶ岳から北へ続く稜線

笈ヶ岳西尾尾根の岩峰

冬瓜山と平坦地

冬瓜山と平坦地

良い感じのトラバース道

溶けたブロック

大きいブナ

ブロック雪崩痕

ブロック雪崩痕

平坦地へ突入

良い感じ

平坦地の窪み

この先で雪が無くなり、踏み跡はある物のブッシュで嫌気になる。

一般向け登山道ではない。岩場が多く急峻です。虎ロープ多数あり。

やっと遊歩道へ。

恐竜が居るみたい。

2個目の暗渠

やっと辿り着いた。直ぐ温泉へ直行