1日目 中宮温泉から大笠山(そして笈ヶ岳へ)

2022.05.03(火) 日帰り

活動データ

タイム

11:04

距離

16.9km

上り

2026m

下り

661m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 4
休憩時間
2 時間
距離
16.9 km
上り / 下り
2026 / 661 m
4 37
2 1
3 48

活動詳細

すべて見る

5月3日(火)「晴れ、夜は強風」 (憲法記念日)道の駅瀬名で4時過ぎに起床して、新中宮温泉センター駐車場へと移動する。登山準備を済ませ、廃スキー場の右手ゲレンデからアプローチするが、左手に渡ろうとしたら、沢が流れていた。意外と音を立てて流れているので、渡渉出来ないと思い、アッサリと諦めた。でも右手はドン詰まりのように見える。エスケープコースがあるのではないかと思いながら歩くとあったあった。ほぼ水平道で少し虚しいが、暫く行くと狭いゲレンデが合流し、上部に登るようになった。ちょっとブッシュが五月蠅いが、登り詰めるとスキー場内の林道に出た。ゲレンデは続くようだが、ブッシュが五月蠅さそうなので、急がば回れでゲレンデ内林道を歩く。水平道で虚しいが仕方がない。標高も上がると白山が見え出した。白山一里野温泉スキー場のトップと同じくらいの高さになると、道の駅瀬名上部にもあった廃スキー場のトップ白い構造物が眩く光る。林道から稜線までは、地形図からは指呼の距離なのだが、ショートカットコースは見つからなかった。暫し歩くと廃スキー場のトップ辺りに抜け、待望の登山道が現れた。此処からは登山道を歩くが、余り上下動は無い起伏の緩やかな道が続く筈だ。暫く歩くと赤テープが出て来た。どうやら林道に降りるショートカットコースのようだ。尾根上からは良くわかるな。1052.1m付近からは残雪も現れ出す。暫く残雪は、有ったり無かったりだが、平均的には、徐々に増えていく。長いコースなので焦らず歩くしかない。この周回を、日帰りで熟す猛者もいるから吃驚だ。自分は元々体力も無く、正直向いていないと思うが、秘境に行って見たい。誰も見ることが出来ない絶景を見たいとか、難しいコースに挑戦したいという興味はあるので、それなりに続くのか。1064mを越え「やどみ尾展望台」へと到着した。標高は1300mくらいか。次のピークは1339.8mの中宮山だ。この先は、稜線が右往左往しながら徐々に高度を上げる。また、複雑な稜線なので面白い。大瓢箪山に到着する。気分的には2/3程度は来たのではないだろうか。大笠山も近づいて来た。でもまだまだ長い。この辺りからは、宝剣岳、錫杖岳、笈ヶ岳のルートハンディングしながら足を進める。事前の情報では「時期遅し、ブッシュに埋まっている」とあったが、何とか抜けなければ、往路を戻るのも辛い。あと多度山一つと呪文を唱えながら歩く。でも中々進まない。千丈平も迫ってきた。千丈平は大きな平坦地で、桃源郷のような雰囲気だ。また来るなら千丈平でテント泊したいものだ。疲れも出て来て、中々足が進まない。左手に大きな窪地が見えた。多分地形図にある池だろう。笹のブッシュを掻き分けて進むと、やっと大笠山に飛び出た。やったぞ!。もう笈ヶ岳も横に聳えている。頂上には、残雪は無かった。少し北へ歩くと避難小屋だ。避難小屋を望むと、登山者が4名ほど登って来る所だった。今日は一緒に寝させて貰おう。小屋に到着し、挨拶する。他3名も後に続くので、今夜は8名になる。外で雪を溶かし、水を3リットル程度作り小屋に入った。登山者は、南砺市の登山メンバーだった。ご厚意で酒と摘みを頂戴し、良い気分になった。結局、自前の食事も作らずに就寝してしまった。 @小屋で一緒させて戴いた、南砺市(山岳会)の皆様(7名)、ビール、日本酒(成正)、ニッカウイスキー、イカの一夜干し、アユ、蟹爪、筍などなど頂きまして、本当に有難う御座いました。お陰様で、笈ヶ岳まで無事に行けました。😊 2日目 https://yamap.com/activities/17108527 ●場所● 大笠山&笈ヶ岳 2万5千:中宮温泉・市原 5万:白川村・白峰 ●日時● 令和4年5月3日~5月4日 ●行動概要●(石川県・富山県・岐阜県 36 度19 分12.69 秒 136 度47 分21.22 秒) 1日目 白山一里野温泉スキー場⇒中宮温泉センター⇒中宮山⇒大瓢箪山⇒大笠山⇒大笠山避 難小屋 2日目 大笠山避難小屋⇒大笠山⇒宝剣岳⇒錫杖岳⇒笈ヶ岳⇒小笈ヶ岳⇒シリタカ山⇒冬瓜山 ⇒山毛欅尾山⇒登山口⇒白山一里野温泉スキー場

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。