青根から蛭ヶ岳

2022.05.04(水) 日帰り

GWで駐車場が心配だった蛭ヶ岳ですが、天気予報も良く行くなら今日しかないと妻と一緒に登ってきました。 富士山やちょっと霞んだ南アルプスも望めてパワーをもらいました。 朝4:30に到着で車はゲート前に一台だけでした。 稜線の道は樹林帯なので塔ノ岳から丹沢山のような眺望はありませんが、木々の間からは富士山が大きく見えました。

着いたときは一台だけでしたが支度をしていたら車が2台来て一杯になりました。

着いたときは一台だけでしたが支度をしていたら車が2台来て一杯になりました。

着いたときは一台だけでしたが支度をしていたら車が2台来て一杯になりました。

スタートします。

スタートします。

スタートします。

ここまで林道を歩きました。

ここまで林道を歩きました。

ここまで林道を歩きました。

急登をなんとか登りなだらかな道になりました。

急登をなんとか登りなだらかな道になりました。

急登をなんとか登りなだらかな道になりました。

青野分岐
ここまで来れば安心  

ではありませんでした。

青野分岐 ここまで来れば安心   ではありませんでした。

青野分岐 ここまで来れば安心   ではありませんでした。

緩やかな登りが続きます。

緩やかな登りが続きます。

緩やかな登りが続きます。

ちと休憩

ちと休憩

ちと休憩

疲れも飛んだ

疲れも飛んだ

疲れも飛んだ

蛭ヶ岳まで結構登るな〜

蛭ヶ岳まで結構登るな〜

蛭ヶ岳まで結構登るな〜

階段もちょこちょこ現れます

階段もちょこちょこ現れます

階段もちょこちょこ現れます

全然近づかない

全然近づかない

全然近づかない

檜洞丸と富士山

檜洞丸と富士山

檜洞丸と富士山

これが最後の蛭ヶ岳0.4km

これが最後の蛭ヶ岳0.4km

これが最後の蛭ヶ岳0.4km

これは信用できる

これは信用できる

これは信用できる

木道が出て来たらピークはもうすぐ

木道が出て来たらピークはもうすぐ

木道が出て来たらピークはもうすぐ

着いた

着いた

着いた

小屋の裏というか表から主稜線

小屋の裏というか表から主稜線

小屋の裏というか表から主稜線

蛭ヶ岳を少し降ったところにあるテーブルにスマホをのせてパチリ

蛭ヶ岳を少し降ったところにあるテーブルにスマホをのせてパチリ

蛭ヶ岳を少し降ったところにあるテーブルにスマホをのせてパチリ

大室山

大室山

大室山

姫次の登りはヘトヘト
でも、思ったより短かった

姫次の登りはヘトヘト でも、思ったより短かった

姫次の登りはヘトヘト でも、思ったより短かった

避難小屋を見学

急登の下りは苦手なので下りも青根分岐コースです。

避難小屋を見学 急登の下りは苦手なので下りも青根分岐コースです。

避難小屋を見学 急登の下りは苦手なので下りも青根分岐コースです。

避難小屋の裏のトイレはひとつ

避難小屋の裏のトイレはひとつ

避難小屋の裏のトイレはひとつ

長い下りを経て林道

長い下りを経て林道

長い下りを経て林道

ゲートまで戻ってきました。

お疲れ様

でも、家に着くまでが登山です(`・ω・´)

ゲートまで戻ってきました。 お疲れ様 でも、家に着くまでが登山です(`・ω・´)

ゲートまで戻ってきました。 お疲れ様 でも、家に着くまでが登山です(`・ω・´)

着いたときは一台だけでしたが支度をしていたら車が2台来て一杯になりました。

スタートします。

ここまで林道を歩きました。

急登をなんとか登りなだらかな道になりました。

青野分岐 ここまで来れば安心   ではありませんでした。

緩やかな登りが続きます。

ちと休憩

疲れも飛んだ

蛭ヶ岳まで結構登るな〜

階段もちょこちょこ現れます

全然近づかない

檜洞丸と富士山

これが最後の蛭ヶ岳0.4km

これは信用できる

木道が出て来たらピークはもうすぐ

着いた

小屋の裏というか表から主稜線

蛭ヶ岳を少し降ったところにあるテーブルにスマホをのせてパチリ

大室山

姫次の登りはヘトヘト でも、思ったより短かった

避難小屋を見学 急登の下りは苦手なので下りも青根分岐コースです。

避難小屋の裏のトイレはひとつ

長い下りを経て林道

ゲートまで戻ってきました。 お疲れ様 でも、家に着くまでが登山です(`・ω・´)

この活動日記で通ったコース

姫次-蛭ヶ岳 周回コース

  • 7時間35分
  • 15.2 km
  • 1587 m
体力度
3