孫と、新立山

2018.03.31(土) 10:30 - 2018.03.31(土) 11:15
今日の新立山、孫と、ママの次女、 そして、もう一組の、じいじ、ばあば、と、ずっと、前から、予定してました。 1週間前、下見の時は、まだ、蕾でした。 今日は、ふもとは、満開、 山頂も、期待です。(^○^) もう一人の、じいじ、hirokoパパは、今日、 30キロ、歩きに、挑戦してます。(>_<) 軌跡は、散歩時。

写真

お話によると、
正助さん、寛文十一年(1671年)生まれ。親孝行で、誰にも優しく、
世の中の評判にもなり、黒田藩の殿様からもりっぱなほうびをいただくようになりました。
正助さんは、親や主人によくおつかえしたばかりでなく、まるで仏様のように、親切で思いやりの深い人だったのです。と。

お話によると、 正助さん、寛文十一年(1671年)生まれ。親孝行で、誰にも優しく、 世の中の評判にもなり、黒田藩の殿様からもりっぱなほうびをいただくようになりました。 正助さんは、親や主人によくおつかえしたばかりでなく、まるで仏様のように、親切で思いやりの深い人だったのです。と。

正助さんです。

正助さんです。

このような、お話の石碑が、たくさん、あります。

このような、お話の石碑が、たくさん、あります。

新立山、登山、
孫たちと、正助村、駐車場で、待ち合わせしました。孫達が来るまで、しばし、まわりを散歩しました。

新立山、登山、 孫たちと、正助村、駐車場で、待ち合わせしました。孫達が来るまで、しばし、まわりを散歩しました。

先週より、花が、いっぱい。

先週より、花が、いっぱい。

ちょう、満開!!!

ちょう、満開!!!

むこうに、正助村、
手前の丘です。

むこうに、正助村、 手前の丘です。

黄緑。

黄緑。

三人の孫と次女、もう一組の、じいじとばあば、と、
登山口開始です。
とても、楽しみにしてました。
孫、おおはしゃぎ。
これ、ももの花でしょうか。
色、鮮やかです。

三人の孫と次女、もう一組の、じいじとばあば、と、 登山口開始です。 とても、楽しみにしてました。 孫、おおはしゃぎ。 これ、ももの花でしょうか。 色、鮮やかです。

新立山新道を、登ります。
こちらの方が、優しい道です。
孫、こちらの、じいじとばあば、大好き。

新立山新道を、登ります。 こちらの方が、優しい道です。 孫、こちらの、じいじとばあば、大好き。

6才、5才、3才、元気。
おやつ、これまた、楽しみ。

6才、5才、3才、元気。 おやつ、これまた、楽しみ。

山頂、垂れ桜、まだ、五分咲きでしょうか、
それでも、きれいです。

山頂、垂れ桜、まだ、五分咲きでしょうか、 それでも、きれいです。

逆光で、色が、でませんね。

逆光で、色が、でませんね。

まだまだ、五分咲き、くらい、ですかね。
満開だと、どんなか、気になりますよね。

まだまだ、五分咲き、くらい、ですかね。 満開だと、どんなか、気になりますよね。

色が、濃いピンク。

色が、濃いピンク。

しばし、おやつ、タイム。
今日は、トヨタ工場、三郡方面が、きれいに見えてます。

しばし、おやつ、タイム。 今日は、トヨタ工場、三郡方面が、きれいに見えてます。

ちと、寄って。

ちと、寄って。

楽しかったね。
また、山登りしようね。\(^^)/

楽しかったね。 また、山登りしようね。\(^^)/

もう一度、見上げて。

もう一度、見上げて。

さて、芦屋まで、主人を向かえに行きました。
もうすぐ、19時、
30キロ、頑張りましたね。m(__)m

さて、芦屋まで、主人を向かえに行きました。 もうすぐ、19時、 30キロ、頑張りましたね。m(__)m

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。