堪能!脊梁ブルーの稜線を行く

2022.05.01(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 36
休憩時間
58
距離
6.1 km
上り / 下り
525 / 519 m
41
1 44
23
13

活動詳細

すべて見る

朝ガスガスで山は諦めて五木村立ち寄りからの気を取り直しての白鳥・時雨周回という山行。3年ぶり3回目のこのルート。 山芍薬が見頃を迎えています! こんなに多かったっけ?と、心なしか群落の広がりに驚きを覚えました。 して、一旦断念した山行も五木村で厚揚げなどを食したり土産を買ったりしているうちに天気は急回復。よっしゃ、明日朝イチはやめて昼から取りついて下山したら左俣で酒でも飲もう!という路線に急展開する切り替えの早さ。 谷筋からとりついて稜線にでればどうでしょう。 陽射しに照らされ白い花弁のなんと可憐なこと! みずみずしい新緑。そよぎ稜線をわたる風。 見晴らす峰々。 行き交ったのは2組ほどで、我らオサン3人して気持ちのイイ稜線を独占しました。 時雨に向かう途中、 枯れた倒木と大木の日陰で遅めの飯。 cupnoodle&coffee、美味い! なんせ五木村で厚揚げを食べたきり。 本日はシーフードをリフィルで。 という事で、脊梁のGWを堪能しました。 今回の山行のメインイシュー。GWの悲劇は下山しYAMAPの終了を押してからの帰路に起きたのでした(涙)これは、いずれまた💧 (懺悔) まあ、朝5時過ぎに福岡をでて友人2人をピックアップし、真っ白なガスガスの二本杉をウネウネと辿りきた山女魚荘からの分かれでは小雨でしたからね。山は白い靄に覆われて一旦やめてからのリトライでしたし。。今日は五木村でもよって左俣で酒でも飲もうってことでしたから笑。 実際には夜、左俣に着き、酒を飲み酔うがはやいか速攻で爆睡。この間、色々なことがあったのでした。。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。