YAMAP空白地帯「玉手丘と国見山(中世の山城跡)」

2018.03.27

活動詳細

詳しく見る

「新ハイキング関西の山」第39号は、平成10年3月に刊行されました。同書は新ハイキング社から2ヶ月に一回発行されていた山の良書(廃刊)。 新ハイキング社 http://www.shinhai.net/ 本格的な登山ルートが紹介されることの多かった同書において、日帰りを基本とした柴田昭彦氏の「特選コースガイド」はとても参考になりました。20年を経ても興味の尽きないガイド記事だと思います。 JR和歌山線のダイヤ改正により、IC乗車券が使えるようになりました。iPhoneラブな当方にとって、Apple Pay(SUICA)が使えるので嬉しいです。しかし、この地域はYAAMAP地図の空白地帯です。なぜに? 他にも面白そうなガイド記事がありますので、いずれ地図作成のお願いすることにいたしましょう。 参考ルート 近鉄沿線ハイキングマップ http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/ 【奈良-18】秋津洲の道・国見登山・古墳めぐりコース約12km

JR和歌山線玉手駅で下車。平成元年に新設された駅。3/17のダイヤ改正で五条までIC化されました。前方車両のみが開閉する2両編成のワンマンカーは変わらずでした。しかし、来年には新型に置き換わるとのこと。
約20年前書かれたガイド記事のコピーを片手に歩きます。新ハイキング関西の山(39号)特選コースガイド玉手丘と国見山「奈良中部」(著者 柴田昭彦氏) ちなみに初級コースです。
「駅前の広い道を横断して、細い道を南下すれば五辻に出る」 フムフムここを横断するんですね。
周囲の景観は大きく変わっているはずです。西の方向には京奈和自動車道が見えています。
玉手公民館の桜です。5分咲きぐらいでしょうか。今年はあっという間に散りそうだ。
桜はアップで撮影するのがイイですね。
五辻に出ました。右の農道を加えると六辻です。「ここで右折して満願寺前に出ても良いが直進」しました。
直進するとドンツキ。ホトケノザが綺麗。「右へ入り、次の分岐で右をとって弘安天皇陵まで往復」します。
この分岐を右へ。あとで、ここまで戻ってきます。
弘安天皇陵に出ました。満願寺の大屋根越しに京奈和自動車道の御所南インターを遠望できました。
戻って左をとり金毘羅神社でご挨拶。地図には奥の尾根伝いに破線道が描かれています。ガイド記事によると廃道とのこと。
ガイド記事に従って、階段を下ります。
満願寺の横に出ました。とても桜が綺麗です。満願寺前はストリートビューもないので、1枚だけ撮影しました。
「左へ進み、秋津鴻池病院の北に出て、」に従います。
ヒメオドリコソウ
クサイチゴ発見!「LPガス貯蔵庫より手前にある広い山道を」目指します。
「入り口の右側に立木」がありました。多分ココ。
草刈り直後のようです。ヤブっぽいので、広く見えませんが軽トラぐらいは走れそうな道でした。
T字路の分岐です。「小屋が見えてきて、右の方へ少し登る」とありますが、その小屋が見当たりませんでした。
峠に出て「左手のゆるやかな道をたどる」とあるのですが、右手の道が明瞭だったので、コチラを進みました。
ピークから南西に伸びる尾根に出ました。笹が伸びてきて見通しが悪くなってきた。ここからは、カンに頼るしかない。
徐々に尾根筋が明瞭になってきました。突き進むのみ。
金毘羅神社方向から道が合流して来ました。恐らくT字路分岐を左に取れば、ここへ出たものと思われます。
山頂部の手前に到着。地図のP155付近が、玉手丘(たまでのおか)と云い、中世の山城跡地です。
頂上部に到着。何もありません。たいてい城マニアが記念のプレートやテープを付けるはずだけど。。。
この辺りが虎口でしょうか。奥に古墳もあるようですが、今度は時計回りでT字路分岐から下山します。
次に目指すは日本武尊琴弾原白鳥陵(やまとたけるのみことことひきのはらしらとりのみささぎ)です。近年、「秋津洲の道」として整備され道標が充実しています。
「御所市民運動場の横」へ出ました。桜が綺麗なのに、ちょっと曇って来て残念です。
富田に入ると民家が立て込んでいて道が分かり難いと云う。「三つに分かれている分岐」の候補その1
春に咲く野花でもっともお気に入り。でも、名前知らず。
いっぱい咲いていました。シロツメクサの一種かな。
「三つに分かれている分岐」の候補その2
古びた感じの道標と看板。ここを上がれば白鳥陵です。
見学して次へ行く。興味の対象でないので、あっさりしてます。
国見山を西側から登ります。
農道を横断します。
「車止めのしてある所」に出ました。ガイドの記述があまりに正確過ぎてびっくり。また、その変ってなさにも2度ビックリ。
「南部調整池の南側をたどる」と、右手に山道がありました。しかし、道標やマーキングもありません。
「南東の方へたどって行くと山道となる」 はい、しっかり山道です。イノシシの罠もあり。
前方に尾根道が見えました。山作業の方が、「瀬に沿って行けば良い」と教えてくださいました。
尾根道に出ました。エエ道やん。
山腹沿いの分岐道をちょっと探ってみました。たぶん作業用の道ですね。丸木橋はグラグラです。
尾根道に戻って進む。
「溝状の道はやがてジグザグに」なってきました。登ります。
急坂を登り切って、平坦地へ出た。ちょっとヤブっぽいぞ。江戸期の国見神社旧社地とされる場所です。
この程度なら問題なしだけど、ハイキング道とは言えませんね。
鞍部から登り返して「東南へ尾根道を」たどります。まんま植林作業道です。
げろげろ、山頂はすぐそこなのに。。突っ込むか。
山頂に出た! 振り返るとこんなところからでたのか~。この道は使われてないみたいです。
山頂からの眺めです。大和平野の展望はありません。
「嗛間丘」「神武天皇聖蹟伝説地」(昭和十五年)と刻まれていますが、嗛間丘はココではないらしい。
ガイド記事の写真は草茫々の中に石碑が建っています。今ではよく整備されています。
三等三角点・原谷にタッチ。
ガイドには「国見神社へのくだり道は不明瞭」と記されています。現在では、「原谷」ルートともによく整備されています。
きれいな花が植樹されています。
植林帯で道幅も広く歩きやすいです。
国見神社に到着。とても立派な神社でした。
山頂で出会った方が。「小さな祠でした」という。その方は、最新のガイドマップを所持されていました。
常夜灯のある本ルートが合流しました。今住を経由するルートを歩いています。
関西タンポポ~。
お気に入り~
線路沿いに歩くと国見山が見えた。線路を横断して、近鉄線の市尾駅へ出た方が便利です。
JR掖上駅に到着。1時間に1本しかないので、ノンビリしたい派はコチラがおススメ。

道具リスト

  • Fujitsu Arrows M03

    その他

  • FinePix XP120

    FUJIFILM

  • McDavid(マクダビッド)ニーストラップヒザサポーター左右兼用ブラックフリーサイズM414

    McDavid(マクダビッド)

    Amazonで見る
  • SmartWatch2 SW2

    Sony

    Amazonで見る
  • スポルディング偏光クリップサングラスCP-9SM[フリップアップ]

    SPALDING(スポルディング)

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。