粟鹿山

2022.04.25(月) 日帰り

活動データ

タイム

03:38

距離

6.6km

上り

742m

下り

745m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 38
休憩時間
25
距離
6.6 km
上り / 下り
742 / 745 m
1 52
1 24

活動詳細

すべて見る

日本海に波が無いので山ヒルが出る前に兵庫の50名山 青倉山・粟賀山へやって来ました。 登山口の駐車場に車を駐めて 特徴のないベーシックな山やなぁと思ってたら、山頂の景観はさすが50名山って感じ(^^) 下りは普通のピストンでは飽き足らず、途中から道なき道を粟賀の滝がある方へ進む。 一応念のためヒル対策に塩水をシューズや足元にスプレーしていると、目の前に地面からミミズが🪱這い上がって来た。 地面に出るとシャクトリムシみたいに動き出し近寄ってくる。 出たぁ‼️山ヒルやぁ マイケル・ジャクソン「スリラー」のMVみたいに地面に出た途端踊りだすなやぁ💢 心臓バクバクして慌てて沢沿いを滑り落ち下山 赤いテープを見かけてようやく落ち着き滝を見ながら雄滝、雌滝コースに合流することができました。 滝コースは御用心を😅

粟鹿山 雄滝・雌滝コースがあるようだけど、先ずはその先通常のコースを登ります
雄滝・雌滝コースがあるようだけど、先ずはその先通常のコースを登ります
粟鹿山 登山道こちら
登山道こちら
粟鹿山 もやってる林道
ちょっと心細い
もやってる林道 ちょっと心細い
粟鹿山 暖かい日差しに心まで温まる
暖かい日差しに心まで温まる
粟鹿山 下は濡れてて滑りやすい
下は濡れてて滑りやすい
粟鹿山 まだヒルは出てないね
まだヒルは出てないね
粟鹿山 一旦、道に出た
一旦、道に出た
粟鹿山 も一度山道に入る
も一度山道に入る
粟鹿山 桜舞い散る一本の桜
太陽光の中にオーブが撮れた
桜舞い散る一本の桜 太陽光の中にオーブが撮れた
粟鹿山 こういうブナ林好きだなぁ
こういうブナ林好きだなぁ
粟鹿山 展望台に到着
暑くなって来た
展望台に到着 暑くなって来た
粟鹿山 展望台からの景観
展望台からの景観
粟鹿山 YAMAP地図ではここから舗装道路がコースになっていたけど、林の中に赤テープがあったのでそちらのコースへ
YAMAP地図ではここから舗装道路がコースになっていたけど、林の中に赤テープがあったのでそちらのコースへ
粟鹿山 舗装道路沿いに山道を歩く
舗装道路沿いに山道を歩く
粟鹿山 もうすぐ山頂
もうすぐ山頂
粟鹿山 山頂の景観は素晴らしい
目の前に西と東床尾山
山頂の景観は素晴らしい 目の前に西と東床尾山
粟鹿山 西の方は朝来山、但馬妙見山、蘇武岳、遠くに山頂に雪を残す氷ノ山
西の方は朝来山、但馬妙見山、蘇武岳、遠くに山頂に雪を残す氷ノ山
粟鹿山 下りは舗装道路を下ります
下りは舗装道路を下ります
粟鹿山 南側に青倉山や三国岳
南側に青倉山や三国岳
粟鹿山 癒しのブナ林まで戻ってきた
癒しのブナ林まで戻ってきた
粟鹿山 一旦道に出たところで沢の流れの音がする方へ降りてみる。
沢伝いに歩けば雄滝の方へ行けるだろうと簡単に考えてた
一旦道に出たところで沢の流れの音がする方へ降りてみる。 沢伝いに歩けば雄滝の方へ行けるだろうと簡単に考えてた
粟鹿山 道なき道を下る
道なき道を下る
粟鹿山 険しく、滑る
険しく、滑る
粟鹿山 沢下り(^^;
沢下り(^^;
粟鹿山 水が冷たくて気持ちいい
水が冷たくて気持ちいい
粟鹿山 何度か渡渉する
何度か渡渉する
粟鹿山 念の為、シューズに塩水を吹き付けているとこの辺りで土の中からヤツが這い上がって来た
念の為、シューズに塩水を吹き付けているとこの辺りで土の中からヤツが這い上がって来た
粟鹿山 尺取りしながら近づいて来る
山で初めてのヒル
心臓が飛び出しそうになった
尺取りしながら近づいて来る 山で初めてのヒル 心臓が飛び出しそうになった
粟鹿山 慌てて沢沿いを滑り落ちる
慌てて沢沿いを滑り落ちる
粟鹿山 写真は撮るけど、ほぼ記憶にない
写真は撮るけど、ほぼ記憶にない
粟鹿山 いくつか滝のようなところを超えて来たけど覚えてない
いくつか滝のようなところを超えて来たけど覚えてない
粟鹿山 ようやく赤テープが見えてホッとする
ようやく赤テープが見えてホッとする
粟鹿山 滝、上から見下ろす
滝、上から見下ろす
粟鹿山 どうやらこれが雌滝のようだ
どうやらこれが雌滝のようだ
粟鹿山 登山口に無事戻れました
登山口に無事戻れました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。