脊振山系全山縦走

2018.03.24(土) 日帰り

活動データ

タイム

33:46

距離

72.5km

上り

5658m

下り

5684m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
33 時間 46
休憩時間
5 時間 9
距離
72.5 km
上り / 下り
5658 / 5684 m
27
32
1 10
46
40
48
49
19
1 3
1 48
7
27
28
19
17
17
5
59
29
16
8
19
1 41
35
13
21
1 2
2
2 10
17
27
1 25
1 3
8
54
1 3
24
55
2
11

活動詳細

すべて見る

「目標」とか「憧れ」「念願」と言いたくなる山登りはそれぞれあるけど、脊振山系全山縦走はどれにも当てはまらない。 脅迫されているような、義務教育ような、そんな感じが近いです。 この山脈を見るたび、「いつやるの?」と聞かれてる気がしていました。 終わってみて、意外と達成感とか満足感は大きくないです。 「次はもっと上手くできるんじゃないか」って、無意識的に考えている気がします。 「いやいや、もうやりません。これは1回限りです」と意識して打ち消している状態です。 行程中、感じた事を忘れないよう記録します。 荷物は7kgくらい。うち、水は2.5ℓ。 ・基山 節水のため、汗をかかないように、なるべくゆっくり歩くことを心掛けた ・九千部山 舗装路が長い ・蛤岳 自然にスピードアップ。看板記載のコースタイム2時間に対して、70分くらいで登頂 ・脊振山 雪が多い。完全に想定外。歩きにくい。かなり体力を消耗。 (ここが、ネガティブハイライト) 山頂のコーラは過去最高に旨かった。 ・金山 椎原峠までは雪あり。そのあとは歩きやすかった。 金山は2度目だけど、前回の記憶まったくなし、山頂までが遠かった。 途中、鬼が鼻からの夜景が綺麗だった。 月は半月に満たないサイズで、歩くのに明るさはイマイチ。 ・三ツ瀬峠 初めてのルートを下る。長かった。 峠で1時間の仮眠 水を補給。 ・井原山 月が沈んだ。 空に星が現れて、山頂付近で大きな感動。 ・雷山 星空を何度も何度も見上げた。 本当に素晴らしい夜間歩行だった。 (ここが、ポジティブハイライト) カメラを持ってこなかった事を後悔 ・長野峠 夜が明けた。 「明けてしまった」という感じ。 素晴らしい星空の下を歩けて良かった。 ・羽金山 ヤブが全くない。 前回(9月に下見を実施)とまるで違うコース。 ・荒川峠 ここまでの下りが本当に長い。 ここも、ヤブが全くない。 前回、ルート探しに苦労したのがウソみたい。 (手入れしてくださった方々、ありがとうございます。) 20人くらいとすれ違った。 こんなに多くの人が来る山とは知らなかった。 これだけの人が通るなら、夏以降もう少し道が明瞭になりそうなんだけどな ・女岳 登りとしては一番きついんじゃないか? 羽金のラスト250Mもきついな、どっちだろう? ・浮岳 近く感じる 体はかなり元気。調子が良い。 峠のアスファルトは走れた。 ・十坊山 白木峠までが長いけど、登りはあっという間。 最後の登りだと意識して集中して登った

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。