ままこ落としの土柱(城山・大穴山)

2022.04.24(日) 日帰り

活動データ

タイム

03:26

距離

7.3km

上り

496m

下り

493m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 26
休憩時間
50
距離
7.3 km
上り / 下り
496 / 493 m
42
20
8
1 49

活動詳細

すべて見る

4月24日(日)「曇りのち夕方雨」 池田町の「ままこ落とし」周回のハイキングに行く。あづみ野池田クラフトパーク(池田町創造館)駐車場に車を止めて出発だ。公園を出ると東山尾根歩きコースの看板があり、名前があるので、どうやら整備されているようだ。林道を詰めると登山道に出る。そのまま林道を辿ると鵜山城跡へ出るらしい。我々は田ノ入峠への登山道(マウンテンバイク道)に入る。直ぐに峠へと出て、北へ続く稜線に入る。自転車も通れる道で立派です。二重山稜のような地形で、池塘のような池もある。894.3mは大穴山だが、此れといった展望は無い。田ノ入峠へと出ると車道が走っている。田ノ入城の石柱が立っていたので、其処を登りきると、広大な崩壊地だった。木の根っ子が、辛うじて崩れるのを防止しているようで、根っ子がハング状に続いていた。圧巻である。峠に戻り車道を下りると「ままこ落とし」が現れた。写真等のイメージから比べると、天辺にあった樹木が崩落しているので、残念ながら不気味さと迫力が無かった。少し下ると矢代峠へと続く登山道の案内があり、行ってみる事にする。登りきると再び槍のようになった、ままこ落としが眺めれれた。赤土に丸い石ころが詰まったような地質だ。この辺りからも崩壊地の大展望が広がっていた。北に続く登山道を歩き、矢代峠には出ずに滝沢集落の方面へと下りる。集落からは、車道を歩きクラフトパーク駐車場へと戻った。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。