葛城修験 中津川行者堂 採灯大護摩供養に参加しました!~そして第7経塚も訪問~

2022.04.10(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:49

距離

6.0km

上り

447m

下り

456m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 49
休憩時間
3 時間 47
距離
6.0 km
上り / 下り
447 / 456 m

活動詳細

すべて見る

毎年4月初旬に実施される聖護院門跡による、中津川行者堂での採灯大護摩供養に参加してきました! 中津川行者堂は葛城修験においての「中台(ちゅうだい:最も重要とされている行場)」であり、役行者の弟子となった2匹の鬼「前鬼・後鬼」のうち前鬼の5人の子孫が代々修験者のために守り続けてきた場所でもあります(なんと実際に今もその方たちが修験者のお世話をしているのです)。 そういった背景もあり、この護摩供養はぜひとも様々な方にご参加いただきたいとても価値のある行事なのですが、これまであまりPRもできておらず、来年は多くの方にお越しいただけるよう宣伝方法等も含めて現在検討中ですので、ご関心ある方はぜひ来年ご参加いただければと思います。 ただちょっと、アクセスしにくい場所にあり、公共交通だと粉河駅より徒歩で、集落まで30分、そこから行者堂まで30分ぐらいです。なお、今回地元の方に、集落付近で車を停められる場所を教えてもらいました(今回のゴール地点がその場所になります)。そこは駐車可能とのことです。 なお、今回は護摩供養の後、7番経塚も訪問していますが、行きは行者堂の奥からの道を通ってアクセスしていますが、実はこの道は聖護院の方々が巡拝する際の道ということで、今回伝聞を頼りに歩いてみたのですが、とてもじゃなく道として整備されておらず、ここを通ることはお勧めしません。帰りに通った熊野神社へと繋がる道でいくことをお勧めします。 ぜひ皆様も中津川行者堂・熊野神社・7番経塚へと足をお運びください!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。