北アルプス 唐松岳 残雪期 テント泊

2022.04.04(月) 2 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 3
休憩時間
3 時間 2
距離
1.8 km
のぼり / くだり
302 / 6 m
39
DAY 2
合計時間
5 時間 47
休憩時間
2 時間 46
距離
9.8 km
のぼり / くだり
378 / 2042 m
46
2 2
15
35

活動詳細

すべて見る

北アルプス 唐松岳に行ってきました。 4月は春の陽光を浴びながら登山を楽しめますが、天候の急変で冬山になるので、しっかりした雪山装備で登りました。 積雪期は稜線を登れるだけに、夏山よりも短時間で八方山ケルンに到着します。 雪稜を進むと、ダケカンバの巨木が目立つ下ノ樺に到着。この付近は風が遮られ、絶好のテント泊ポイントになっています。 稜線では風があると烈風をまともに受けるので、苦しいところです。 2日目 アップダウンを繰り返して進むと、いつしか上ノ樺を通過し、急な雪面を直登すると丸山に着きます。 ケルンが立つ丸山は、八方尾根屈指の展望台になっています。 丸山からは主稜に近づくほど雪稜が細くなります。唐松岳頂上山荘から、山頂までは斜面のきつい雪稜が続くので、アイゼンを効かせて慎重に登ります。 唐松岳の山頂に立つと、豪快な五竜岳がひときわ目立ち、朝日に輝く富士山まで眺められました。 積雪期に八方尾根から唐松岳を目指すコースは、北アルプス雪山の入門コースとして人気があります。 4月の北アルプスは完全に雪山の装い。残雪期の雪山登山は想像以上に手強いもので、時として自然は人間にとって過酷なまでに牙を剥くことを忘れずに。 雪山初心者は経験者同行のうえ、晴天が続く日をねらって計画を立てることが安全登山につながります。 決して、安易な行動はしないように心掛けてくださいね。山は逃げませんから。 2022.4.4-5 北アルプス 唐松岳 残雪期

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。