八海山 (岩と鎖と信仰の山・日帰り)

2015.09.27(日) 日帰り Niigata
きくりん
きくりん

活動詳細

もっと見る

26日(土)AM5:00都内某所発 8:40八海山ロープウェイ駅着(8時の始発に乗りたかった) 9:00ロープウェイ発 9:404合半(前日の雨と赤土でぬかるんだ道) 10:30女人堂(草紅葉が美しい) 11:30千本槍小屋着(一気に紅葉が進んできた。昼食) 12:00千本槍小屋発(ここから先貸切コースとなった) 14:20摩利支岳着(6峯)     帰りのロープウェイ最終(17:00)に間に合わないかも。。で、7峯(剣が峰)8峯(大日岳)を断念 16:20ロープウェイ発(本日の八海山最終下山者となった) 17:00六日町温泉の湯元(越後路さん)のかけ流し温泉で疲れをとる。1000円) 19:00夕食後、関越道で帰宅(先週のシルバーウィークのせいか渋滞なし)

ロープウェイ入口に、既にボルダリングの練習壁が。。
START
安全を祈願して・・お祈りしました
最初は木道を歩きます。(木が前日の雨ですべる)
中を寄り道してのぞくと、梯子がかけてあり、どうやら岩の上まででられる模様。
越後駒ケ岳は雲のなか
紅葉が濃くなってきた
女人堂で休憩
信仰の山らしいなあ
薬師岳にむけた今日一番の長い登り(結構急登・1時間ちょっと)
草紅葉が美しい
最初の鎖場
岩がぬれていて滑るけど、斜度はあまりないので大丈夫
最初の鎖場を過ぎて、山小屋が見えてきた
地蔵岳の山頂に人が見える。その後ろにも尖った山が。。
紅葉が最高になってきた。
むむ、幻想的。
千本槍小屋着。子供が山伏さん(平服?)にホラ貝の指導を受けていた。ブヲオー!
霧雨が上がってきて、越後駒ケ岳が姿を見せた。
きて良かった。今年の紅葉狩り。
千本槍小屋を振り返る。
天候が徐々に回復し、魚沼の町も見えてきた。
どうやって、これに登る?
巻いて
分岐があった。帰りは巻き道を通り、ここで合流。
いざ八峰へ。
1峰の鎖は、斜度もきつくなく大丈夫。頭上注意。
この岩がお地蔵さんに見えるのかな?
そしてお地蔵さんがいて。。拝みました。
この山頂から千本槍小屋を見て手を振ると、小屋からの返信あり。
2峰までは難しいところはなく、15分ほどで到着。
紅葉は美しいけど、次も岩だよねえ。
不動岳に到着。
次もいよいよ尖ってるぞ。
こんな警告が。。。
もちろん安全祈願で手を合わせる。
懸垂下降の技術要。
休む間もなく鎖の連続。鎖は登りより下りが怖い。
ちょっとハイに。
またかい。
紅葉真っ盛り
次の山頂に見えるのは人でなく、石碑群。
奥に見えるのは、昨年紅葉登山した越後駒ケ岳。
次の岩峰に向かってまた鎖の下り。
足場を一所懸命探して。
降りた
そしてまた登る。うんしょ!
このトラバースは楽で、ホットするかも
明日は、きっと腕の筋肉痛。(確定)
ここに落ちたら、絶対に。。。。。。です。
ヤレヤレ、まいったな。
まだあるのお。尖り方が全部似てる。
マジ怖いかも
見た目より、うんと垂直です。
様になってる!
両脇切れ落ちてるけど、用心したら大丈夫
イエ―い!
白川岳
帰りの巻き道発見。ザックをデポ。
空身で6峰摩利支岳へ。
あと少し
やったね!
帰りは巻き道。とはいえ、侮れないルート。
鎖場もあるじゃん
千本槍小屋にいた山伏さん。(普段は地元の電気屋さん?)
ほっ!ロープウェイに間に合った。
一所懸命降りた1
一所懸命降りた2
一所懸命降りた3
一所懸命降りた4
一所懸命降りた5
一所懸命降りた6

活動の装備

  • ゴロー
    その他
  • スリング(自作)
    その他

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。