大山(弥山)

2022.03.21(月) 日帰り

活動データ

タイム

05:20

距離

8.0km

上り

1008m

下り

1009m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 20
休憩時間
58
距離
8.0 km
上り / 下り
1008 / 1009 m

活動詳細

すべて見る

いろいろありまして3週間ぶりの登山です。 朝から平地は雨模様でしたが、昼にかけて天候回復の予報もあり期待して夏山登山道を進みました。 連日の好天でかなり雪が解けていたものの、朝は零下なのでアイゼンがよくきいて歩きやすかったです。6合目避難小屋まではガスがかかり、テンションも下がり気味。でも7合目に差し掛かった頃からいつのまにか視界が開けすばらしい景色を楽しむことができました。 頂上到着からしばらくは再びガスって視界が悪かったですが、少し待って剣ヶ峰を拝むことに成功!とりあえず満足です。 3時までに帰らなきゃいけなくて急いで下山。6合目避難小屋でラーメン食べて、そのまま元谷へ。時々尻セードを楽しみながら無事下山しました。 連休最終日でもそれほど登山客も多くなく、久しぶりの大山を楽しむことができました。

大山・甲ヶ山・野田ヶ山 モンベル前のマンホール。
モンベル前のマンホール。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 南光河原から山頂方面を望みますが何も見えず。
南光河原から山頂方面を望みますが何も見えず。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 2合目標識は今年になって初めて見たかも。
2合目標識は今年になって初めて見たかも。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 4合目付近から少しづつガスってきた。
4合目付近から少しづつガスってきた。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 5合目からこの方向に三鈷峰があるはず…
5合目からこの方向に三鈷峰があるはず…
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 前回登った時はほぼ埋まっていた6合目避難小屋もしっかり顔を出してます。
前回登った時はほぼ埋まっていた6合目避難小屋もしっかり顔を出してます。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 7合目に差し掛かった頃、ふと振り返ると弓ヶ浜が覗いてました。
7合目に差し掛かった頃、ふと振り返ると弓ヶ浜が覗いてました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 下ばっかり見てて気づくのが遅くなったけど、見上げるとこんなに視界が開けてました。
下ばっかり見てて気づくのが遅くなったけど、見上げるとこんなに視界が開けてました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 別山の向こうに剣ヶ峰が顔を出してて、頂上に一人人影が確認できました。
別山の向こうに剣ヶ峰が顔を出してて、頂上に一人人影が確認できました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 三鈷峰方面はまだ雲の中。
三鈷峰方面はまだ雲の中。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 いつもの草鳴社ケルン。
いつもの草鳴社ケルン。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 三鈷峰もくっきり見えるようになりました。
三鈷峰もくっきり見えるようになりました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 8合目標識付近ももうこんなに雪が溶けてます。
8合目標識付近ももうこんなに雪が溶けてます。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上付近の雪解けは想像以上で、木道も滑り止めの横木が露出してアイゼンでボロボロになってきてます。ここからはアイゼン外して頂上を目指します。
頂上付近の雪解けは想像以上で、木道も滑り止めの横木が露出してアイゼンでボロボロになってきてます。ここからはアイゼン外して頂上を目指します。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 植物もこの通り。珊瑚のような樹氷と化してました。
植物もこの通り。珊瑚のような樹氷と化してました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上避難小屋付近もかなりとけてました。
頂上避難小屋付近もかなりとけてました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 弥山到着!天気良さそうですが奥の三角点は霧の中。
弥山到着!天気良さそうですが奥の三角点は霧の中。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 連休最終日ですが登山客はそこそこで、渋滞もなく登ってこられました。
連休最終日ですが登山客はそこそこで、渋滞もなく登ってこられました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 しばらく待ってると三角点が見えてきた。もう少しー。
しばらく待ってると三角点が見えてきた。もう少しー。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 剣ヶ峰が見え隠れするのを粘ってこれが限界でしたが、これはこれでなかなか神秘的な写真となりました。
剣ヶ峰が見え隠れするのを粘ってこれが限界でしたが、これはこれでなかなか神秘的な写真となりました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 時間がないので下山開始しましたが、振り返ると晴れてる。まあ、いいか。
時間がないので下山開始しましたが、振り返ると晴れてる。まあ、いいか。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 6合目避難小屋で昼飯。誰もいなくて貸切りでした。
6合目避難小屋で昼飯。誰もいなくて貸切りでした。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 視界は再び悪くなりましたがここから直接元谷に向かいます。
視界は再び悪くなりましたがここから直接元谷に向かいます。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 新雪の下はずぶずぶで時折膝まで埋まる状態。
新雪の下はずぶずぶで時折膝まで埋まる状態。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ワカンに履き替えてスイスイ進み、程よい斜面では尻セードを楽しみながら下りました。
ワカンに履き替えてスイスイ進み、程よい斜面では尻セードを楽しみながら下りました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 振り返って弥山方面。
振り返って弥山方面。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 大神山神社までの道はワカンを外しましたが埋まることなく歩けました。
大神山神社までの道はワカンを外しましたが埋まることなく歩けました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 大神山神社到着。
大神山神社到着。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 南光河原に戻って大山方面。朝と全く同じ写真となりました。
南光河原に戻って大山方面。朝と全く同じ写真となりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。