神楽山~河内奥山 佐伯市

2022.03.19(土) 日帰り

活動データ

タイム

04:55

距離

8.7km

上り

653m

下り

653m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 55
休憩時間
48
距離
8.7 km
上り / 下り
653 / 653 m
1 25
44
48
1 2

活動詳細

すべて見る

1998年に新聞に掲載された神楽山と石草峯。石草峯は10年前に済んだが、神楽山は1999年に目指すも迷いに迷った(でも迷ったことを覚えてなかった💦) その後、ネット検索に超ヤブコギとあり、ずっとしり込みしていた。今回、kinさんに先導をお願いして林道コースで登り、河内奥山まで足を延ばした。ありがとうございました🙏23年間の宿題終了❗

元越山・色利山・石槌山 県道37号から、林道木浦内線に入る。
県道37号から、林道木浦内線に入る。
元越山・色利山・石槌山 途中の四等三角点(木浦内129.10m)は残念ながらカヤの中のよう・・・
途中の四等三角点(木浦内129.10m)は残念ながらカヤの中のよう・・・
元越山・色利山・石槌山 kinさんが悪路をここまで頑張ってくれました。感謝
kinさんが悪路をここまで頑張ってくれました。感謝
元越山・色利山・石槌山 歩き始めてすぐに、航空写真で確認できた大伐採帯が広がる
歩き始めてすぐに、航空写真で確認できた大伐採帯が広がる
元越山・色利山・石槌山 大伐採帯を見下ろす
大伐採帯を見下ろす
元越山・色利山・石槌山 伐採帯が終わり網をくぐって森に入る
伐採帯が終わり網をくぐって森に入る
元越山・色利山・石槌山 枝打ちされてない杉と、シダの壁の間を進む。林道の形状はある。
枝打ちされてない杉と、シダの壁の間を進む。林道の形状はある。
元越山・色利山・石槌山 林道終点。取付きを探してウロウロ。右奥に進む
林道終点。取付きを探してウロウロ。右奥に進む
元越山・色利山・石槌山 南西尾根に上がった
南西尾根に上がった
元越山・色利山・石槌山 防獣網が現れる
防獣網が現れる
元越山・色利山・石槌山 429mピーク
429mピーク
元越山・色利山・石槌山 快適な尾根道
快適な尾根道
元越山・色利山・石槌山 よく見る「水」表示
よく見る「水」表示
元越山・色利山・石槌山 山頂稜線に上がった。右へ進む
山頂稜線に上がった。右へ進む
元越山・色利山・石槌山 三等三角点(神楽 541.81m)のある神楽山山頂
三等三角点(神楽 541.81m)のある神楽山山頂
元越山・色利山・石槌山 南の海がちょこっと見える。ここでお昼をいただく。
南の海がちょこっと見える。ここでお昼をいただく。
元越山・色利山・石槌山 河内奥山へ向けてまずは稜線を東へ
河内奥山へ向けてまずは稜線を東へ
元越山・色利山・石槌山 550mピークで北(左)へ向かう。ここでテープが現れる
550mピークで北(左)へ向かう。ここでテープが現れる
元越山・色利山・石槌山 高低差なしの快適な道
高低差なしの快適な道
元越山・色利山・石槌山 山頂手前に石祠と石仏。お邪魔します
山頂手前に石祠と石仏。お邪魔します
元越山・色利山・石槌山 四等三角点(河内奥 554.08m)のある河内奥山山頂。
少し前からポツリポツリと落ちてきた・・・急ごう、即下山!
四等三角点(河内奥 554.08m)のある河内奥山山頂。 少し前からポツリポツリと落ちてきた・・・急ごう、即下山!
元越山・色利山・石槌山 再び神楽山
再び神楽山
元越山・色利山・石槌山 南西尾根から590mピークが見えた
南西尾根から590mピークが見えた
元越山・色利山・石槌山 石柱も道連れに倒れた大木
石柱も道連れに倒れた大木
元越山・色利山・石槌山 このテープがショートカットコースのようだとkinさん。正解でした。さすがです
このテープがショートカットコースのようだとkinさん。正解でした。さすがです
元越山・色利山・石槌山 429mピークを通ることなく大伐採帯に出た
429mピークを通ることなく大伐採帯に出た
元越山・色利山・石槌山 一番下まで下りられるようだが・・
一番下まで下りられるようだが・・
元越山・色利山・石槌山 途中の林道に復帰した
途中の林道に復帰した
元越山・色利山・石槌山 この豆は何の実?
この豆は何の実?
元越山・色利山・石槌山 ムラサキシキブ?
ムラサキシキブ?
元越山・色利山・石槌山 ショートカットコースをそのまま下りてくれば、往路で網をくぐった所に下り着く。
ショートカットコースをそのまま下りてくれば、往路で網をくぐった所に下り着く。
元越山・色利山・石槌山 最後に大伐採帯を見上げる。
無事に下山、ありがとうございました。
最後に大伐採帯を見上げる。 無事に下山、ありがとうございました。
元越山・色利山・石槌山 1998年の新聞。登山口は今回よりずいぶん麓の方である。
1998年の新聞。登山口は今回よりずいぶん麓の方である。
元越山・色利山・石槌山 大分の山Ⅱ版 7300番台の南部海岸中 終了(島と岬は除く)
大分の山Ⅱ版 7300番台の南部海岸中 終了(島と岬は除く)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。