ラッセル地獄!鷹狩山周辺散策

2022.03.12(土) 日帰り

今日はどうやらめちゃくちゃ晴れそうだ😳 高い山に登りたいな〜☺️ なんて思ってたのですが、高山は軒並み強風予報🌪 私のような、にわかハイカーが高山に行ったら死にそうだな…と思い、仕方がないので低山から北アルプスを愛でることにしました😊 やってきたのは鷹狩山⛰ 登山口から既に絶景です。これ、登らなくても良いんじゃない?と思うほどの眺望です☀️ とりあえず、パシャパシャと写真を撮ってからスタートです😁 登り始めてすぐに積雪があります。思ったより結構凍ってるので、滑り止めはあった方が良いです! 特に鷹狩山の山頂直下の急登は危ないので、ツボ足の場合は迂回するのが懸命かと思います😅 なんだかんだ言いましたが、鷹狩山の山頂にはアッと言う間につきました。 これまた景色が綺麗です✨✨ 山頂の展望台に設置された望遠鏡を覗くと、爺ヶ岳の東尾根に取り付いている登山者たちが見えると教えて貰いました😄 鷹狩山だけだとハイキング感覚で満足できなかったので、南鷹狩山と霊松寺山にも行くことにしました。YAMAPにはルートが載っていない山です。 結論から言って、どちらの山も地獄でした。 主要ルートからちょっと逸れた瞬間、誰も歩いていない未開の地です😰 のっけから膝上ラッセルで全く進みません💦 どちらの山も1キロ進むのに40分くらいはかかりました。 樹林帯を突き進む中で、踏み抜いたらお腹くらいまで埋まることもしばしば… 行くと決めたからには絶対行くぞ!と気合で頑張りましたが、トレース痕は🦌と🐻だけ。遂に奴が冬眠から目覚めているようで恐怖しました😱 冬前に鷹狩での🐻の目撃がすごく増えてましたしね😨ひぇーーーー😥

登山口となる大町山岳博物館。

登山口となる大町山岳博物館。

登山口となる大町山岳博物館。

登山口の正面が既に美しすぎる。

登山口の正面が既に美しすぎる。

登山口の正面が既に美しすぎる。

爺ヶ岳と鹿島槍。

爺ヶ岳と鹿島槍。

爺ヶ岳と鹿島槍。

蓮華岳〜白馬三山。

蓮華岳〜白馬三山。

蓮華岳〜白馬三山。

ほっこりしているカップルが居ました。この景色が見えるベンチは最高ですね。

ほっこりしているカップルが居ました。この景色が見えるベンチは最高ですね。

ほっこりしているカップルが居ました。この景色が見えるベンチは最高ですね。

写真撮りすぎました。そろそろスタートします。

写真撮りすぎました。そろそろスタートします。

写真撮りすぎました。そろそろスタートします。

スタート直後から結構滑ります。

スタート直後から結構滑ります。

スタート直後から結構滑ります。

たまらない好天です。

たまらない好天です。

たまらない好天です。

さっそく6本爪軽アイゼンを装着。

さっそく6本爪軽アイゼンを装着。

さっそく6本爪軽アイゼンを装着。

登山口から少しだけ登ったところ。

登山口から少しだけ登ったところ。

登山口から少しだけ登ったところ。

唐松岳と白馬三山。

唐松岳と白馬三山。

唐松岳と白馬三山。

再び爺ヶ岳と鹿島槍。

再び爺ヶ岳と鹿島槍。

再び爺ヶ岳と鹿島槍。

もうすぐ山頂。

もうすぐ山頂。

もうすぐ山頂。

迂回路はこんな感じで歩きやすそうです。

迂回路はこんな感じで歩きやすそうです。

迂回路はこんな感じで歩きやすそうです。

この眺めを見ながら登るのは贅沢。

この眺めを見ながら登るのは贅沢。

この眺めを見ながら登るのは贅沢。

さぁ、登頂しましたよ。

さぁ、登頂しましたよ。

さぁ、登頂しましたよ。

槍ヶ岳がちらっと。燕岳、常念、大天井とか。

槍ヶ岳がちらっと。燕岳、常念、大天井とか。

槍ヶ岳がちらっと。燕岳、常念、大天井とか。

南の方は少しガスっぽくなってしまいました。

南の方は少しガスっぽくなってしまいました。

南の方は少しガスっぽくなってしまいました。

恋人の聖地だそうな。この看板、ちょくちょく見ますよね。笑

恋人の聖地だそうな。この看板、ちょくちょく見ますよね。笑

恋人の聖地だそうな。この看板、ちょくちょく見ますよね。笑

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜!

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜!

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜!

蓮華岳。

蓮華岳。

蓮華岳。

素晴らしい眺望ですねー。

素晴らしい眺望ですねー。

素晴らしい眺望ですねー。

ちょこっと拡大。

ちょこっと拡大。

ちょこっと拡大。

パノラマでー!

パノラマでー!

パノラマでー!

南鷹狩山方面。

南鷹狩山方面。

南鷹狩山方面。

展望台。

展望台。

展望台。

山頂標識。三角点は少しだけ北側にあります。

山頂標識。三角点は少しだけ北側にあります。

山頂標識。三角点は少しだけ北側にあります。

展望台の上から。

展望台の上から。

展望台の上から。

またも五竜〜白馬。

またも五竜〜白馬。

またも五竜〜白馬。

展望台を少し上がっただけで、視界が開けますね。

展望台を少し上がっただけで、視界が開けますね。

展望台を少し上がっただけで、視界が開けますね。

常念の存在感がすごい。

常念の存在感がすごい。

常念の存在感がすごい。

三角点があるところです。

三角点があるところです。

三角点があるところです。

では、名残惜しいですが、南鷹狩山へ。

では、名残惜しいですが、南鷹狩山へ。

では、名残惜しいですが、南鷹狩山へ。

トレースなしです。

トレースなしです。

トレースなしです。

めちゃくちゃ深くまで沈みます。スノーシュー欲しい。

めちゃくちゃ深くまで沈みます。スノーシュー欲しい。

めちゃくちゃ深くまで沈みます。スノーシュー欲しい。

最低でも膝まではいきます。

最低でも膝まではいきます。

最低でも膝まではいきます。

何とか南鷹狩山へ。

何とか南鷹狩山へ。

何とか南鷹狩山へ。

登りと違う道を選択したので、自分のトレースも辿れず。

登りと違う道を選択したので、自分のトレースも辿れず。

登りと違う道を選択したので、自分のトレースも辿れず。

淡々と自分の足跡を刻みます。

淡々と自分の足跡を刻みます。

淡々と自分の足跡を刻みます。

気持ち良いーーーー!

気持ち良いーーーー!

気持ち良いーーーー!

登りはここを右に行きました。正面の自分のトレースと合流。ありがたや。

登りはここを右に行きました。正面の自分のトレースと合流。ありがたや。

登りはここを右に行きました。正面の自分のトレースと合流。ありがたや。

一気に霊松寺山へ。この中腹に熊の足跡がありました。びびりながら登頂。

一気に霊松寺山へ。この中腹に熊の足跡がありました。びびりながら登頂。

一気に霊松寺山へ。この中腹に熊の足跡がありました。びびりながら登頂。

ここも同じく沈みまくります。

ここも同じく沈みまくります。

ここも同じく沈みまくります。

この道なき樹林帯を何とか開拓しました。

この道なき樹林帯を何とか開拓しました。

この道なき樹林帯を何とか開拓しました。

山岳博物館に戻ってきました。

山岳博物館に戻ってきました。

山岳博物館に戻ってきました。

冬仕様の白いライチョウ。ガラス越しで離れてるので綺麗に写らず。

冬仕様の白いライチョウ。ガラス越しで離れてるので綺麗に写らず。

冬仕様の白いライチョウ。ガラス越しで離れてるので綺麗に写らず。

ここにライチョウがいました。

ここにライチョウがいました。

ここにライチョウがいました。

山岳博物館。立派な建物ですね😊

山岳博物館。立派な建物ですね😊

山岳博物館。立派な建物ですね😊

自動販売機の上にライチョウが居ました。笑

自動販売機の上にライチョウが居ました。笑

自動販売機の上にライチョウが居ました。笑

青い部分は基本的に激ラッセルです😱

青い部分は基本的に激ラッセルです😱

青い部分は基本的に激ラッセルです😱

登山口となる大町山岳博物館。

登山口の正面が既に美しすぎる。

爺ヶ岳と鹿島槍。

蓮華岳〜白馬三山。

ほっこりしているカップルが居ました。この景色が見えるベンチは最高ですね。

写真撮りすぎました。そろそろスタートします。

スタート直後から結構滑ります。

たまらない好天です。

さっそく6本爪軽アイゼンを装着。

登山口から少しだけ登ったところ。

唐松岳と白馬三山。

再び爺ヶ岳と鹿島槍。

もうすぐ山頂。

迂回路はこんな感じで歩きやすそうです。

この眺めを見ながら登るのは贅沢。

さぁ、登頂しましたよ。

槍ヶ岳がちらっと。燕岳、常念、大天井とか。

南の方は少しガスっぽくなってしまいました。

恋人の聖地だそうな。この看板、ちょくちょく見ますよね。笑

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜!

蓮華岳。

素晴らしい眺望ですねー。

ちょこっと拡大。

パノラマでー!

南鷹狩山方面。

展望台。

山頂標識。三角点は少しだけ北側にあります。

展望台の上から。

またも五竜〜白馬。

展望台を少し上がっただけで、視界が開けますね。

常念の存在感がすごい。

三角点があるところです。

では、名残惜しいですが、南鷹狩山へ。

トレースなしです。

めちゃくちゃ深くまで沈みます。スノーシュー欲しい。

最低でも膝まではいきます。

何とか南鷹狩山へ。

登りと違う道を選択したので、自分のトレースも辿れず。

淡々と自分の足跡を刻みます。

気持ち良いーーーー!

登りはここを右に行きました。正面の自分のトレースと合流。ありがたや。

一気に霊松寺山へ。この中腹に熊の足跡がありました。びびりながら登頂。

ここも同じく沈みまくります。

この道なき樹林帯を何とか開拓しました。

山岳博物館に戻ってきました。

冬仕様の白いライチョウ。ガラス越しで離れてるので綺麗に写らず。

ここにライチョウがいました。

山岳博物館。立派な建物ですね😊

自動販売機の上にライチョウが居ました。笑

青い部分は基本的に激ラッセルです😱