綿向山 50座目

2022.03.06(日) 日帰り

今回は、武奈ヶ岳行った日に行く予定にしていた。 綿向山🏔 今回も天候(てんくら)評価C😅 降水量10% 風速15以上😭 風と寒さとの戦いとわかっての登山。 でも、武奈ヶ岳の辛さと比べたら問題なく、コースも整備され登りやすくチェーンスパイクで山頂まで登ることが出来ました😁 山頂は評価通りガスってました😂 (夏場はわかりませんが、ほんと登りやすい山です⛰) 良かった事は、霧氷がしっかり育ってくれてとても綺麗でした😁 下山途中青空見えたので5合目あたりで撮影しました。 帰りは温泉♨️入って帰りました😁

この活動日記で通ったコース

体力度
2

起点は近江鉄道バスのバス停がある北畑口から。車道を歩き、西明寺口バス停(便数が少ない)がある分岐を直進し、右に進むと御幸橋駐車場に着く。林道を歩き、「天然記念物接触変成岩地帯」の石碑を見て登り詰めるとヒミズ谷出合小屋に出る。三合目で林道を横切り、自然林の道をジグザグに登ると、五合目小屋にたどり着く。山腹道を直進し、七合目の行者堂へ。このあたりはブナの原生林で、5月の新緑、11月の紅葉、12月から2月にかけての霧氷が美しい。八合目の水無山分岐、湧き水がある金明水分岐を過ぎ、つづら折りに高度を上げていくと綿向山山頂だ。来た道を戻って下山する。