別山バットレス中央稜

2022.02.12(土) 日帰り

活動データ

タイム

12:49

距離

7.7km

上り

1108m

下り

1106m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 49
休憩時間
9 時間 14
距離
7.7 km
上り / 下り
1108 / 1106 m

活動詳細

すべて見る

いつものように先輩の企画。 全く馴染みのない地域なので突貫で下調べ。 別山中央稜は大山北壁の中でも難しいようで記録も少ない。しかし当日は三連休の中日。 前日も天気が良かったのでトレースを期待していたら私たちの前に2人×4組、後ろに3人1組+6?人1組の大盛況。 岩場で4組が登るのを待つのも辛いのでスノーバーやスタンドアックスビレイの講習をしてから取り付いた。 今回は3ピッチロープを出した。 核心は3ピッチ目。 1組目は既に抜けていたが2組目は2ピッチ目から手こずりなかなか進まない、やっと3ピッチ目の終了点にリードが着きコールするが崖下でビレイしているパートナーは聞こえず後続の3組目が声を張り上げながら伝令していた。 その3組目もクライミング自体はスムーズだったが2組目と同じ様に意志疎通出来ずフォローの引き上げに苦心していたよう。声も届かず目視もできず、ルートが屈曲していてロープ抵抗が大きい状況で無線がないと致命的。 かれこれ3時間以上待って2ピッチ70mも進まない。日の当たらない北壁でスクワットしながらやり過ごす。 私たちの後続2組は諦めて下山したので私たちが最終組となった。 4組目はあっさり登っていって私たちの番。 私たちは4人パーティーでハーフロープを1本だけ出し2、3番手はアッセンダーで登った。 問題の3ピッチ目はitakoさんがリードし始めたら一瞬でガスに覆われた。それでも中間支点が取りづらく岩も脆いなかスムーズに登っていって灌木を掘り出してより強固なビレイステーションを作っていて流石です。案の定、崖下でビレイしていた先輩には声が届かず先輩の10m後ろにいた私が伝令役をやった。 別山の頭に着くとガスが晴れ始めトレースの恩恵に与りながら雪稜歩き。 アプローチが短くこの景色とは…近所にあったら危ない山ですw

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。