雪山登山 青野山!

2018.02.11(日) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 やまぼけさんに雪山登山の第2回目をお願いしていたら、日曜日に行こうということになっていた。週末の寒波。できるかどうか心配しながら、本日を迎えた。朝、集合時刻は9時。8時半に集合場所に行くと、もうやまぼけさんは来ていた。しかし、雪は結構降る。まだ、寒いので、車の中でイワサキさん、ヨシダさんを待つことにした。しばらくすると、全員集合。雪は降るが、天気は回復して行く予定、低い山なので、だめなら、引き返そうということで、出発することに。ここで、問題発生。私の手袋が片方ない・・・。家に忘れたかも。まあ、ここのすぐ近くが自宅だったので、とりに帰っている間に、他のメンバーはコンビニへ行くことに。家に帰ってみると、玄関に片方ちょこんと置いてあった。う~ん。つめが甘いなあと反省。  さて、イワサキさんの車で青野山の笹山登山口を目指す。野郎4人ではあるが、この車中のおしゃべりがなかなか楽しい。  笹山登山口に到着。ここで、登山の準備。私は、今回のためにニューアイテムを2つ。一つは、冬用登山靴。ガルモントタワーエクストリューム。もう一つは、夏に購入して未使用だった、グレゴリースタウト65というバックパック。ニューアイテムを使うというだけで、ハイテンションになる。人間って単純だ~。でも、このどちらとも本日使用して、とても気に入った。これからバリバリ使って行こう。  さて、登山口まで来たものの、雪はまだちらほらと・・・山頂の方はガスがかかっている感じ。登山口の駐車場には、福岡ナンバーの車。窓には防寒用のサンシェードがついていたので、きっと、車中泊をして早朝から登山をしている方のものだろう。  4人で、雪の登山道を楽しみながら進む。青野山の登山道は結構急斜面。すぐに暑くなり、汗をかかないよう、重ね着をしていたものをバックパックにしまう。ところどころに、地元の小学生が作ったあと何メートルという標識がありがたい。  途中、ご夫婦が下山をしてきた。お話をすると、福岡からとのこと、さっきの車の持ち主だ。やはり、山頂はガスがかかっていて、展望はあまりよくないとのこと。心配していた風はそれほどでもないということなので、まあ、よしとして、その後もゆっくりペースで登って行く。少しすると、なんと、青空が見え始めた。そして、太陽も・・・、これはうれしい。一気にハイテンション。山頂に着いた時は、ちょうどいい感じで青空。まあ、雲の間に青空という感じではあったが、それでも、青空は気持ちいい。  記念撮影をして、4名それぞれに陣地を作り、シートなどを敷き、調理を始める。私はいつものカレーメシだが、お湯が沸けばすぐにできる味噌汁を今回は最初に飲む。これが、マイナス3度の山頂ではありがたい。登っている時は暑いくらいだが、山頂で動かないと、すぐに寒くなるからだ。食後のコーヒーもやはりうまい!  イワサキさんとやまぼけさんは、雪用のスコップや、雪用ノコを持ってきていたので、それで、雪を切り、風よけを作ったりして、将来のかまくらづくりの練習?をしていた。雪山テント泊などにも発展の可能性あり。  山頂には小さな祠もあり、その辺りにも行ってみる。ここからの展望もなかなかいい。日原方面の9号線が見える。  下山は、結構なスピード。私のかんじきは、縄で止める昔からのかんじきなのだが、下りではシューズが真ん中から左右にぶれてしまい、一度途中で、結び直さなければならなかった。バンドにするなど改良の必要があるかもしれない。  4人でわいわいいいながらあっと言う間に登山口の駐車場に到着。今回も、とても楽しい雪山登山となった。ますます、はまりそう。今度は、滝が凍った状態:氷瀑を見てみたいな~などと勝手に思っているのだけれど、近くにはなかなか・・・・。  

青野山 今回の雪山登山のために購入した、ガルモントTOWER EXTREME LX。足は、これのおかげで全く寒くなかった。
今回の雪山登山のために購入した、ガルモントTOWER EXTREME LX。足は、これのおかげで全く寒くなかった。
青野山 そしてもう一つ、夏に購入していたのだが、ずっと出番のなかったグレゴリースタウト65も今回使ってみることにした。いっぱい入ると思って、いろいろなものを入れすぎて13キロにもなってしまった。まあ、トレーニングと思って、そのまま行くことにした。
そしてもう一つ、夏に購入していたのだが、ずっと出番のなかったグレゴリースタウト65も今回使ってみることにした。いっぱい入ると思って、いろいろなものを入れすぎて13キロにもなってしまった。まあ、トレーニングと思って、そのまま行くことにした。
青野山 立山かんじきとニューシューズ。なかなかいい!!
立山かんじきとニューシューズ。なかなかいい!!
青野山 前回の恐羅漢山登山のメンバーにヨシダさん参加で、4名での登山。最初は雪が降る中、山頂も、きっとガスってるだろうなあ、と思いながらも進む。
前回の恐羅漢山登山のメンバーにヨシダさん参加で、4名での登山。最初は雪が降る中、山頂も、きっとガスってるだろうなあ、と思いながらも進む。
青野山 おっさん4人衆。
おっさん4人衆。
青野山 写真で見ると、65Lのバックパックはやはり大きい。
写真で見ると、65Lのバックパックはやはり大きい。
青野山 粉雪の降る中を進む。粉雪・・綺麗。
粉雪の降る中を進む。粉雪・・綺麗。
青野山 途中、こんな松の木が・・・。合体したのか?!
途中、こんな松の木が・・・。合体したのか?!
青野山 野郎ばかりだけれど、妙に楽しい。
野郎ばかりだけれど、妙に楽しい。
青野山 天気までよくなってきて、さらにハイテンション。
天気までよくなってきて、さらにハイテンション。
青野山 山頂まで500m あと少し!
山頂まで500m あと少し!
青野山 青空と雪山。絵になる~。
青空と雪山。絵になる~。
青野山 展望もなかなか。
展望もなかなか。
青野山 うん!これですよ。これ。
うん!これですよ。これ。
青野山 青空がいい!
青空がいい!
青野山 落葉せず、残っている葉に雪が積もる。
落葉せず、残っている葉に雪が積もる。
青野山 山頂到着! あれ?隊長、どうしました? この後、足が抜けず、救助に向かう。
山頂到着! あれ?隊長、どうしました? この後、足が抜けず、救助に向かう。
青野山 山頂で自撮り~。
山頂で自撮り~。
青野山 青野山 907m 山頂!
青野山 907m 山頂!
青野山 準備のいい隊長。三脚登場。
準備のいい隊長。三脚登場。
青野山 おかげで、全員の記念撮影も。
おかげで、全員の記念撮影も。
青野山 それぞれで、調理場所設営&調理。こういうクールなところもなかなかいい感じ。
それぞれで、調理場所設営&調理。こういうクールなところもなかなかいい感じ。
青野山 100均で購入した ヒップスライダー。尻そり。使えそうな斜面がなく、今回はシングルバーナーの台になる。
100均で購入した ヒップスライダー。尻そり。使えそうな斜面がなく、今回はシングルバーナーの台になる。
青野山 銀シートや、ミニ座布団など、65L入ると思って、いろいろなものを持ってきた。山頂は、マイナス3度。ミニ座布団で、お尻からの冷えをシャットアウト。快適。
銀シートや、ミニ座布団など、65L入ると思って、いろいろなものを持ってきた。山頂は、マイナス3度。ミニ座布団で、お尻からの冷えをシャットアウト。快適。
青野山 カレーメシができるまで、まずは味噌汁で体を温める。これがうまい。
カレーメシができるまで、まずは味噌汁で体を温める。これがうまい。
青野山 いつものカレーメシ&コーヒー。
いつものカレーメシ&コーヒー。
青野山 コーヒータイム・・・カップの中にヨシダさんが・・。
コーヒータイム・・・カップの中にヨシダさんが・・。
青野山 食後の雪遊び。雪で風除け作成。 作成はイワサキさん。
食後の雪遊び。雪で風除け作成。 作成はイワサキさん。
青野山 そうこうしているうちに、さらに展望がよくなってきた。国道9号線、日原方面が見える。
そうこうしているうちに、さらに展望がよくなってきた。国道9号線、日原方面が見える。
青野山 山頂の小さな祠。安全祈願。
山頂の小さな祠。安全祈願。
青野山 下山途中の展望がよいところ。気持ちいい。
下山途中の展望がよいところ。気持ちいい。
青野山  途中で、水分補給をしようと思ったら、ポカリがシャーベットに。
 途中で、水分補給をしようと思ったら、ポカリがシャーベットに。
青野山 アベマキの木を発見。コルクの代用として使用されていたらしい。
アベマキの木を発見。コルクの代用として使用されていたらしい。
青野山 アベマキ~。
アベマキ~。
青野山 登山口に到着。
登山口に到着。
青野山 さあ、帰りましょう。
さあ、帰りましょう。
青野山 本日のルート。
本日のルート。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす