活動詳細

詳しく見る
昨年に続き、八ヶ岳は雪の硫黄岳に行って来ました。 昨年は、美濃戸口から北沢経由、赤岳鉱泉経由で硫黄岳を登り、赤岳鉱泉に宿泊し、翌日の赤岳鉱泉から行者小屋経由で赤岳を登り、南沢経由で美濃戸口まで下山しましたが、今回は美濃戸口から南沢経由、赤岳鉱泉経由で硫黄岳を登り、同じ道を下山しました。体力が落ちて来たので美濃戸口を早朝(6:00)に出発しました。美濃戸口を午前6時に出発するためには自宅を午前3時30分に出発し、美濃戸口に午前5時30分に着きました。登山の準備をし、午前6時に出発することが出来ました。 美濃戸口⇒美濃戸山荘⇒北沢⇒赤岳鉱泉⇒赤岩の頭⇒硫黄岳山頂⇒赤岩の頭⇒赤岳鉱泉⇒北沢⇒美濃戸山荘⇒美濃戸口
赤岳山荘から美濃戸山荘への登山道の状況
美濃戸山荘前の南沢への登山口
美濃戸山荘
北沢の林道の積雪状況
北沢の林道
北沢の登山道の状況
北沢の登山道の状況
北沢の登山道から沢と横岳の大同心
北沢の雪の状況
北沢の登山道の状況
北沢の登山道の状況
赤岳鉱泉小屋とアイスキャンデー
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から阿弥陀岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道の状況
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から横岳と赤岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から横岳と赤岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から赤岳、中岳、阿弥陀岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への登山道から横岳と赤岳を望む
赤岳鉱泉から赤岩ノ頭への最後に登り
赤岩ノ頭山頂、 背後に蓼科山、北岳、天狗岳が望まれる
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂を望む
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から蓼科山、北岳、天狗岳を望む
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から霧ヶ峰、美ヶ原、蓼科山、北岳、天狗岳を望む 遠くに北アルプスの山々を望むことが出来ます
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から遠くに中央アルプスの山々、御嶽山、乗鞍岳を望む
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から硫黄岳山頂を望む
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から横岳、赤岳を望む
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から赤岳、阿弥陀岳を望む 遠くに南アルプスの山々が望まれる
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から阿弥陀岳と赤岩ノ頭頭を望む 遠くに南アルプスの山々、中央アルプスの山々が望まれる
赤岩ノ頭山頂から硫黄岳山頂への登山道から峰の松目を望む 遠くに中央アルプスの山々、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂から霧ヶ峰、美ヶ原、蓼科山、北横岳、天狗岳を望む 遠くに北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂の炸裂口
硫黄岳山頂から蓼科山、天狗岳を望む 遠くに浅間山が望まれる
硫黄岳山頂から赤岳を望む
硫黄岳山頂から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
硫黄岳山頂から蓼科山、天狗岳を望む
硫黄岳山頂から霧ヶ峰、美ヶ原、蓼科山、北横岳、天狗岳を望む 遠くに北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂から霧ヶ峰、美ヶ原、蓼科山、北横岳、天狗岳を望む 遠くに北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂
硫黄岳山頂
硫黄岳山頂から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
硫黄岳山頂から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
硫黄岳山頂の下山途中から峰の松目を望む 遠くに中央アルプスの山々、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂の下山途中から霧ヶ峰、美ヶ原、蓼科山、北横岳、天狗岳を望む 遠くに北アルプスの山々が望まれる
硫黄岳山頂の下山途中から蓼科山、天狗岳を望む 遠くに浅間山が望まれる
硫黄岳山頂
硫黄岳山頂直下の岩場
硫黄岳山頂から赤岩ノ頭への下山道から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
硫黄岳山頂から赤岩ノ頭への下山道から横岳を望む 遠くに奥秩父の金峰山が望まれる
硫黄岳山頂から赤岩ノ頭への下山道から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
赤岩ノ頭から硫黄岳山頂を望む
赤岩ノ頭から横岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
赤岩ノ頭

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。