20220205「修行の道場・高知」完の巻その①〜種間寺から竹林寺

2022.02.05(土) 日帰り

 今週は👣遍路@高知。修行(しょぎょう)の道場と呼ばれる高知には、88札所のうち、16札所がありますが、これまでに訪れた札所は10札所。この土日を使って残った6札所(31番から36番札所)をコンプリートさせようと思います。  初日は、34番札所種間(たねま)寺から31番札所竹林寺へ👣。なにやら、88番から逆に巡る「逆打ち」のような👣をしていますが、私の場合は全くの我流です、もっぱら交通機関の事情から、種間寺がスタートとなります。  アクセス等の詳しい情報は、ヤマレコにアップしています。よろしければ↓  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3980328.html

先週に続いて、今週も特急を使ってのちょっと贅沢な大人の👣遍路です(笑)! 行きは始発の「 しまんと1号」

先週に続いて、今週も特急を使ってのちょっと贅沢な大人の👣遍路です(笑)! 行きは始発の「 しまんと1号」

先週に続いて、今週も特急を使ってのちょっと贅沢な大人の👣遍路です(笑)! 行きは始発の「 しまんと1号」

朝倉駅(高知県)にやってきました。始発だと高松駅から乗り換えなしでここに降り立つことができます。ちなみに、朝倉駅は旧国鉄初のログハウスの駅だそうです(1986年12月改築)。
ここから🚌に乗り換えて💨

朝倉駅(高知県)にやってきました。始発だと高松駅から乗り換えなしでここに降り立つことができます。ちなみに、朝倉駅は旧国鉄初のログハウスの駅だそうです(1986年12月改築)。 ここから🚌に乗り換えて💨

朝倉駅(高知県)にやってきました。始発だと高松駅から乗り換えなしでここに降り立つことができます。ちなみに、朝倉駅は旧国鉄初のログハウスの駅だそうです(1986年12月改築)。 ここから🚌に乗り換えて💨

降り立ったのは、とさでん交通🚌の橘谷口(たちばなだにぐち)バス停(at 9:00AM)。ここから種間寺に向かいます。なお、種間寺の最寄りのバス停は春野庁舎前になりますが、高松からだと到着がバス停への到着が11時過ぎ、種間寺へはさらに1.6kmほど歩かねばなりません。
ひょっとした、橘谷口よりもっと近いバス停があったかもしれませんが、種間寺へはここから👣50分ほど。

降り立ったのは、とさでん交通🚌の橘谷口(たちばなだにぐち)バス停(at 9:00AM)。ここから種間寺に向かいます。なお、種間寺の最寄りのバス停は春野庁舎前になりますが、高松からだと到着がバス停への到着が11時過ぎ、種間寺へはさらに1.6kmほど歩かねばなりません。 ひょっとした、橘谷口よりもっと近いバス停があったかもしれませんが、種間寺へはここから👣50分ほど。

降り立ったのは、とさでん交通🚌の橘谷口(たちばなだにぐち)バス停(at 9:00AM)。ここから種間寺に向かいます。なお、種間寺の最寄りのバス停は春野庁舎前になりますが、高松からだと到着がバス停への到着が11時過ぎ、種間寺へはさらに1.6kmほど歩かねばなりません。 ひょっとした、橘谷口よりもっと近いバス停があったかもしれませんが、種間寺へはここから👣50分ほど。

青空でのどかな田園景色が続いていますが、北風が吹きつけて遮るものがなく寒い👣。。

青空でのどかな田園景色が続いていますが、北風が吹きつけて遮るものがなく寒い👣。。

青空でのどかな田園景色が続いていますが、北風が吹きつけて遮るものがなく寒い👣。。

40分ほどで、最初の目的地「種間寺」に到着しました〜。

40分ほどで、最初の目的地「種間寺」に到着しました〜。

40分ほどで、最初の目的地「種間寺」に到着しました〜。

納経所の前を通って境内に入ると

納経所の前を通って境内に入ると

納経所の前を通って境内に入ると

境内奥にコンクリート製の本堂があります。 @合掌

境内奥にコンクリート製の本堂があります。 @合掌

境内奥にコンクリート製の本堂があります。 @合掌

その脇に大師堂がありました。 @合掌

その脇に大師堂がありました。 @合掌

その脇に大師堂がありました。 @合掌

納経を済ませ、向かうのは33札所雪蹊寺。途中で見かけた旧春野町(現在は高知市)のマンホール。町の鳥「ウグイス」、町の木の「サクラ」、町の花の「アジサイ」がデザインされたものだそうです。

納経を済ませ、向かうのは33札所雪蹊寺。途中で見かけた旧春野町(現在は高知市)のマンホール。町の鳥「ウグイス」、町の木の「サクラ」、町の花の「アジサイ」がデザインされたものだそうです。

納経を済ませ、向かうのは33札所雪蹊寺。途中で見かけた旧春野町(現在は高知市)のマンホール。町の鳥「ウグイス」、町の木の「サクラ」、町の花の「アジサイ」がデザインされたものだそうです。

寒いですが、土佐路は春爛漫〜♬

寒いですが、土佐路は春爛漫〜♬

寒いですが、土佐路は春爛漫〜♬

〜♬

〜♬

〜♬

種間寺から6.7km👣、雪蹊寺に到着しました〜。寺の名は、長曾我部元親の法名「雪蹊恕三大禅定門」に因むそうですね。

種間寺から6.7km👣、雪蹊寺に到着しました〜。寺の名は、長曾我部元親の法名「雪蹊恕三大禅定門」に因むそうですね。

種間寺から6.7km👣、雪蹊寺に到着しました〜。寺の名は、長曾我部元親の法名「雪蹊恕三大禅定門」に因むそうですね。

こちらは本堂。平成16年改築されたものだそうです。

こちらは本堂。平成16年改築されたものだそうです。

こちらは本堂。平成16年改築されたものだそうです。

こちらは大師堂

こちらは大師堂

こちらは大師堂

境内には長宗我部信親(元親の長男)の墓がありました。信親は島津との合戦で落命したんですね。鹿児島出身の身としては浅からぬご縁を感じます。 @合掌

境内には長宗我部信親(元親の長男)の墓がありました。信親は島津との合戦で落命したんですね。鹿児島出身の身としては浅からぬご縁を感じます。 @合掌

境内には長宗我部信親(元親の長男)の墓がありました。信親は島津との合戦で落命したんですね。鹿児島出身の身としては浅からぬご縁を感じます。 @合掌

次に目指すのは32番札所禅師峰寺(ぜんじぶじ)。梶ヶ浦渡船場(長浜)からでる県営渡船🚢を使って向かいます。

次に目指すのは32番札所禅師峰寺(ぜんじぶじ)。梶ヶ浦渡船場(長浜)からでる県営渡船🚢を使って向かいます。

次に目指すのは32番札所禅師峰寺(ぜんじぶじ)。梶ヶ浦渡船場(長浜)からでる県営渡船🚢を使って向かいます。

梶ヶ浦渡船場(長浜)が見えてきました〜。ここは、浦戸湾で隔てられた高知市の長浜〜種崎間(600m)を結んでいる渡船で、全国でも珍しい“海の県道”なんです。ちなみに、🚢の先に見えている浦戸橋を使えば歩いていけないこともないのですが、遠回りになるため🚢をチョイスしました。

梶ヶ浦渡船場(長浜)が見えてきました〜。ここは、浦戸湾で隔てられた高知市の長浜〜種崎間(600m)を結んでいる渡船で、全国でも珍しい“海の県道”なんです。ちなみに、🚢の先に見えている浦戸橋を使えば歩いていけないこともないのですが、遠回りになるため🚢をチョイスしました。

梶ヶ浦渡船場(長浜)が見えてきました〜。ここは、浦戸湾で隔てられた高知市の長浜〜種崎間(600m)を結んでいる渡船で、全国でも珍しい“海の県道”なんです。ちなみに、🚢の先に見えている浦戸橋を使えば歩いていけないこともないのですが、遠回りになるため🚢をチョイスしました。

現在の運航は、人と自転車、125cc以下のバイクを載せて1日20往復(日曜19往復)、昼間は1時間に一本といった具合です。どうしても、12時発の船に乗りたかったので、今回のコース取りになっています。12時発を逃せば次は13時、今回の核心部分はここにありました(笑)!気になる料金ですが、なんと「無料」なんです!

現在の運航は、人と自転車、125cc以下のバイクを載せて1日20往復(日曜19往復)、昼間は1時間に一本といった具合です。どうしても、12時発の船に乗りたかったので、今回のコース取りになっています。12時発を逃せば次は13時、今回の核心部分はここにありました(笑)!気になる料金ですが、なんと「無料」なんです!

現在の運航は、人と自転車、125cc以下のバイクを載せて1日20往復(日曜19往復)、昼間は1時間に一本といった具合です。どうしても、12時発の船に乗りたかったので、今回のコース取りになっています。12時発を逃せば次は13時、今回の核心部分はここにありました(笑)!気になる料金ですが、なんと「無料」なんです!

それでは、プチ船旅へ

それでは、プチ船旅へ

それでは、プチ船旅へ

出発!

出発!

出発!

右手に見えているのは浦戸橋。

右手に見えているのは浦戸橋。

右手に見えているのは浦戸橋。

見えているのは種崎の街並みです。

見えているのは種崎の街並みです。

見えているのは種崎の街並みです。

10分ほどで対岸の種崎渡船場です!

10分ほどで対岸の種崎渡船場です!

10分ほどで対岸の種崎渡船場です!

核心ポイント(笑)を無事にクリアして、禅師峰寺へ
👣💨💨💨💨💨

核心ポイント(笑)を無事にクリアして、禅師峰寺へ 👣💨💨💨💨💨

核心ポイント(笑)を無事にクリアして、禅師峰寺へ 👣💨💨💨💨💨

(^^ゞ

(^^ゞ

(^^ゞ

👣💨💨💨💨💨

👣💨💨💨💨💨

👣💨💨💨💨💨

マムシに注意💦、やはりこの時期でよかった。

マムシに注意💦、やはりこの時期でよかった。

マムシに注意💦、やはりこの時期でよかった。

このコースで初めての山道になります。やはり山道はいいなぁ〜💖

このコースで初めての山道になります。やはり山道はいいなぁ〜💖

このコースで初めての山道になります。やはり山道はいいなぁ〜💖

禅師峰寺に到着しました〜。

禅師峰寺に到着しました〜。

禅師峰寺に到着しました〜。

本堂

本堂

本堂

境内からは土佐湾が一望できます。

境内からは土佐湾が一望できます。

境内からは土佐湾が一望できます。

どこまでも続く水平線。太平洋のこの景色、好きですね〜

どこまでも続く水平線。太平洋のこの景色、好きですね〜

どこまでも続く水平線。太平洋のこの景色、好きですね〜

納経をすませ、次の竹林寺へ👣💨💨💨💨💨

納経をすませ、次の竹林寺へ👣💨💨💨💨💨

納経をすませ、次の竹林寺へ👣💨💨💨💨💨

竹林寺のある五台山が見えてきました。

竹林寺のある五台山が見えてきました。

竹林寺のある五台山が見えてきました。

遍路道へ。
👣💨💨💨💨💨

遍路道へ。 👣💨💨💨💨💨

遍路道へ。 👣💨💨💨💨💨

五台山の山腹をつらぬく高知東部自動車道 @遍路道から

五台山の山腹をつらぬく高知東部自動車道 @遍路道から

五台山の山腹をつらぬく高知東部自動車道 @遍路道から

長い石段、微妙にきつい・・💦

長い石段、微妙にきつい・・💦

長い石段、微妙にきつい・・💦

車道を横切って、再び石段を進みます。

車道を横切って、再び石段を進みます。

車道を横切って、再び石段を進みます。

竹林寺に到着しました〜。

竹林寺に到着しました〜。

竹林寺に到着しました〜。

いい雰囲気だなぁ〜💖

いい雰囲気だなぁ〜💖

いい雰囲気だなぁ〜💖

本堂。1644(寛永21)年に、土佐二代藩主山内忠義(やまうちただよし)により造営されたもので、国重要文化財に指定されているそうです。

本堂。1644(寛永21)年に、土佐二代藩主山内忠義(やまうちただよし)により造営されたもので、国重要文化財に指定されているそうです。

本堂。1644(寛永21)年に、土佐二代藩主山内忠義(やまうちただよし)により造営されたもので、国重要文化財に指定されているそうです。

納経を済ませ、本日のミッションコンプリート!

納経を済ませ、本日のミッションコンプリート!

納経を済ませ、本日のミッションコンプリート!

竹林寺のお隣は高知県立牧野植物園。来年春のNHKの朝ドラのモデル、高知県出身の植物学者「牧野富太郎」の業績を広く伝えるために開園した植物園だそうです。本日は時間があまるなかったので、またの機会に。

竹林寺のお隣は高知県立牧野植物園。来年春のNHKの朝ドラのモデル、高知県出身の植物学者「牧野富太郎」の業績を広く伝えるために開園した植物園だそうです。本日は時間があまるなかったので、またの機会に。

竹林寺のお隣は高知県立牧野植物園。来年春のNHKの朝ドラのモデル、高知県出身の植物学者「牧野富太郎」の業績を広く伝えるために開園した植物園だそうです。本日は時間があまるなかったので、またの機会に。

歩いて下山するつもりだったのですが、ルートがよくわからず。。。最後は🚌で。今日の4札所で、全体して74札所、高知は残すところ2札所となりました(^^)v。おやっとさぁでした。

歩いて下山するつもりだったのですが、ルートがよくわからず。。。最後は🚌で。今日の4札所で、全体して74札所、高知は残すところ2札所となりました(^^)v。おやっとさぁでした。

歩いて下山するつもりだったのですが、ルートがよくわからず。。。最後は🚌で。今日の4札所で、全体して74札所、高知は残すところ2札所となりました(^^)v。おやっとさぁでした。

先週に続いて、今週も特急を使ってのちょっと贅沢な大人の👣遍路です(笑)! 行きは始発の「 しまんと1号」

朝倉駅(高知県)にやってきました。始発だと高松駅から乗り換えなしでここに降り立つことができます。ちなみに、朝倉駅は旧国鉄初のログハウスの駅だそうです(1986年12月改築)。 ここから🚌に乗り換えて💨

降り立ったのは、とさでん交通🚌の橘谷口(たちばなだにぐち)バス停(at 9:00AM)。ここから種間寺に向かいます。なお、種間寺の最寄りのバス停は春野庁舎前になりますが、高松からだと到着がバス停への到着が11時過ぎ、種間寺へはさらに1.6kmほど歩かねばなりません。 ひょっとした、橘谷口よりもっと近いバス停があったかもしれませんが、種間寺へはここから👣50分ほど。

青空でのどかな田園景色が続いていますが、北風が吹きつけて遮るものがなく寒い👣。。

40分ほどで、最初の目的地「種間寺」に到着しました〜。

納経所の前を通って境内に入ると

境内奥にコンクリート製の本堂があります。 @合掌

その脇に大師堂がありました。 @合掌

納経を済ませ、向かうのは33札所雪蹊寺。途中で見かけた旧春野町(現在は高知市)のマンホール。町の鳥「ウグイス」、町の木の「サクラ」、町の花の「アジサイ」がデザインされたものだそうです。

寒いですが、土佐路は春爛漫〜♬

〜♬

種間寺から6.7km👣、雪蹊寺に到着しました〜。寺の名は、長曾我部元親の法名「雪蹊恕三大禅定門」に因むそうですね。

こちらは本堂。平成16年改築されたものだそうです。

こちらは大師堂

境内には長宗我部信親(元親の長男)の墓がありました。信親は島津との合戦で落命したんですね。鹿児島出身の身としては浅からぬご縁を感じます。 @合掌

次に目指すのは32番札所禅師峰寺(ぜんじぶじ)。梶ヶ浦渡船場(長浜)からでる県営渡船🚢を使って向かいます。

梶ヶ浦渡船場(長浜)が見えてきました〜。ここは、浦戸湾で隔てられた高知市の長浜〜種崎間(600m)を結んでいる渡船で、全国でも珍しい“海の県道”なんです。ちなみに、🚢の先に見えている浦戸橋を使えば歩いていけないこともないのですが、遠回りになるため🚢をチョイスしました。

現在の運航は、人と自転車、125cc以下のバイクを載せて1日20往復(日曜19往復)、昼間は1時間に一本といった具合です。どうしても、12時発の船に乗りたかったので、今回のコース取りになっています。12時発を逃せば次は13時、今回の核心部分はここにありました(笑)!気になる料金ですが、なんと「無料」なんです!

それでは、プチ船旅へ

出発!

右手に見えているのは浦戸橋。

見えているのは種崎の街並みです。

10分ほどで対岸の種崎渡船場です!

核心ポイント(笑)を無事にクリアして、禅師峰寺へ 👣💨💨💨💨💨

(^^ゞ

👣💨💨💨💨💨

マムシに注意💦、やはりこの時期でよかった。

このコースで初めての山道になります。やはり山道はいいなぁ〜💖

禅師峰寺に到着しました〜。

本堂

境内からは土佐湾が一望できます。

どこまでも続く水平線。太平洋のこの景色、好きですね〜

納経をすませ、次の竹林寺へ👣💨💨💨💨💨

竹林寺のある五台山が見えてきました。

遍路道へ。 👣💨💨💨💨💨

五台山の山腹をつらぬく高知東部自動車道 @遍路道から

長い石段、微妙にきつい・・💦

車道を横切って、再び石段を進みます。

竹林寺に到着しました〜。

いい雰囲気だなぁ〜💖

本堂。1644(寛永21)年に、土佐二代藩主山内忠義(やまうちただよし)により造営されたもので、国重要文化財に指定されているそうです。

納経を済ませ、本日のミッションコンプリート!

竹林寺のお隣は高知県立牧野植物園。来年春のNHKの朝ドラのモデル、高知県出身の植物学者「牧野富太郎」の業績を広く伝えるために開園した植物園だそうです。本日は時間があまるなかったので、またの機会に。

歩いて下山するつもりだったのですが、ルートがよくわからず。。。最後は🚌で。今日の4札所で、全体して74札所、高知は残すところ2札所となりました(^^)v。おやっとさぁでした。