『感謝の気持ち』と『反省点』

2022.01.19(水) 日帰り

活動データ

タイム

03:50

距離

6.1km

上り

705m

下り

706m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 50
休憩時間
33
距離
6.1 km
上り / 下り
705 / 706 m
1
21
1 32
1 26

活動詳細

すべて見る

腕時計を見ると、まだ午前9時。 九千部岳を下山したばかりだけど… コンディション良好 天気は快晴 ザックの中の飲食料はまだまだ余裕 目の前すぐにはには別の山の登山口 …………🤔 登るか‼️ ついでに2座縦走しても時間は余裕かな。 おそらく…最後あたりはバテそうだなぁ、と思いながらも、再アタック開始⛰ …………🚶🏻🚶🏻🚶🏻 そして、タイトルの内容なのですが。 改めて思ったんですが、 道案内のテープ 危険箇所のロープ、鎖 道案内の表示 どうやって運んだんだ?というような梯子… 道に迷わず、滑落の危険に極力合わずに安全な登山ができているのは、見ず知らずの他人のおかげなんだなぁと、登りながら改めて実感をしました🙂 そ、し、て、反省点。 行動中のエネチャージはしっかりと必要ですね‼️ ザックから出すのがめんどくさくて、空腹状態を無視して行動してましたが、途中からシャリバテになりました💦 シャリバテ状態って、脳の働きも若干ですが低下してるような感覚に思います。 この状態で行動を続けるのはマズいと思い、かなり判断遅めの休憩と空腹チャージ。 猛烈に反省です。 無事、下山はできましたが、想定通り❓にバテました。 さて、反省点を活かして… 次はどの山に登ろう⛰✨✨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。