由布岳(西峰・東峰)

2022.01.17(月) 日帰り

休みが続いたので新幹線で大分の由布岳に遠征してきました! 由布岳は西と東の2つの山頂のある山。 登ってみた感想としては、伊吹山の登山道の傾斜を緩くして、山頂部分の平地をもっとゴツゴツの岩場にした感じ。 東峰はそうでもないですが、西峰は岩場がかなりあり、それを越えていかないと山頂には辿り着かない! 写真じゃ伝わりにくいですが、この岩場が怖かった!結構な高度感の上、横歩きの鎖場(障子戸と言うらしいです!)までありました! (芦屋で多少なりとも岩場を経験しててよかったです! 岩場経験が全く無かったら恐らく怖くてリタイヤやったと思います。) それにしても樹氷が綺麗でした! 由布院駅まで戻ってくると山頂がきれいに見えていました!よくあそこまで行けたもんや汗

1000m超えたあたりから少し雪道に
踏み固められているので、気を付ければチェーンスパイク等は不要でした

1000m超えたあたりから少し雪道に 踏み固められているので、気を付ければチェーンスパイク等は不要でした

1000m超えたあたりから少し雪道に 踏み固められているので、気を付ければチェーンスパイク等は不要でした

鞍部「マタエ」に到着
ここまでは1時間15分くらいで特に問題なかった

鞍部「マタエ」に到着 ここまでは1時間15分くらいで特に問題なかった

鞍部「マタエ」に到着 ここまでは1時間15分くらいで特に問題なかった

西峰を目指します
簡単に行けると思ったのですが...

西峰を目指します 簡単に行けると思ったのですが...

西峰を目指します 簡単に行けると思ったのですが...

いきなり岩場がすごい...

いきなり岩場がすごい...

いきなり岩場がすごい...

どこを見ても岩場...
お鉢巡りは相当な装備と体力が必要と判断し、早々に断念

どこを見ても岩場... お鉢巡りは相当な装備と体力が必要と判断し、早々に断念

どこを見ても岩場... お鉢巡りは相当な装備と体力が必要と判断し、早々に断念

登っていきます

登っていきます

登っていきます

これはきつい横歩きの鎖場...
「障子戸」というらしいです!
写真じゃわかりづらいですが左側は絶壁!

これはきつい横歩きの鎖場... 「障子戸」というらしいです! 写真じゃわかりづらいですが左側は絶壁!

これはきつい横歩きの鎖場... 「障子戸」というらしいです! 写真じゃわかりづらいですが左側は絶壁!

なんとかクリアし、由布院方面を見る

なんとかクリアし、由布院方面を見る

なんとかクリアし、由布院方面を見る

東峰が見えます
後で東峰も目指します

東峰が見えます 後で東峰も目指します

東峰が見えます 後で東峰も目指します

なんとか登頂!
岩場があったので達成感抜群!

なんとか登頂! 岩場があったので達成感抜群!

なんとか登頂! 岩場があったので達成感抜群!

東峰へ向かいます

東峰へ向かいます

東峰へ向かいます

ここはわりと簡単に登れました

ここはわりと簡単に登れました

ここはわりと簡単に登れました

別府・大分市街地方面
名峰「鶴見岳」もしっかり

別府・大分市街地方面 名峰「鶴見岳」もしっかり

別府・大分市街地方面 名峰「鶴見岳」もしっかり

東峰もきれいです

東峰もきれいです

東峰もきれいです

下山は由布院駅へ行くため、西登山口方面へ

下山は由布院駅へ行くため、西登山口方面へ

下山は由布院駅へ行くため、西登山口方面へ

下から見る

下から見る

下から見る

由布院方面へ

由布院方面へ

由布院方面へ

坂を下っていきます
中央口に比べてあまり歩かれていないのか、少し荒れ気味

坂を下っていきます 中央口に比べてあまり歩かれていないのか、少し荒れ気味

坂を下っていきます 中央口に比べてあまり歩かれていないのか、少し荒れ気味

中心地に降りてきました
若い観光客の方々が歩いている中、私は完全に浮いていました汗

中心地に降りてきました 若い観光客の方々が歩いている中、私は完全に浮いていました汗

中心地に降りてきました 若い観光客の方々が歩いている中、私は完全に浮いていました汗

駅前から由布岳を見る
スタートしたときは曇っておりましたが、晴れていました!
よくあそこまで行けたなーと達成感がわいてきます

駅前から由布岳を見る スタートしたときは曇っておりましたが、晴れていました! よくあそこまで行けたなーと達成感がわいてきます

駅前から由布岳を見る スタートしたときは曇っておりましたが、晴れていました! よくあそこまで行けたなーと達成感がわいてきます

由布岳由来の特急ゆふで帰りました

由布岳由来の特急ゆふで帰りました

由布岳由来の特急ゆふで帰りました

1000m超えたあたりから少し雪道に 踏み固められているので、気を付ければチェーンスパイク等は不要でした

鞍部「マタエ」に到着 ここまでは1時間15分くらいで特に問題なかった

西峰を目指します 簡単に行けると思ったのですが...

いきなり岩場がすごい...

どこを見ても岩場... お鉢巡りは相当な装備と体力が必要と判断し、早々に断念

登っていきます

これはきつい横歩きの鎖場... 「障子戸」というらしいです! 写真じゃわかりづらいですが左側は絶壁!

なんとかクリアし、由布院方面を見る

東峰が見えます 後で東峰も目指します

なんとか登頂! 岩場があったので達成感抜群!

東峰へ向かいます

ここはわりと簡単に登れました

別府・大分市街地方面 名峰「鶴見岳」もしっかり

東峰もきれいです

下山は由布院駅へ行くため、西登山口方面へ

下から見る

由布院方面へ

坂を下っていきます 中央口に比べてあまり歩かれていないのか、少し荒れ気味

中心地に降りてきました 若い観光客の方々が歩いている中、私は完全に浮いていました汗

駅前から由布岳を見る スタートしたときは曇っておりましたが、晴れていました! よくあそこまで行けたなーと達成感がわいてきます

由布岳由来の特急ゆふで帰りました

この活動日記で通ったコース

由布岳 正面登山口コース

  • 初級
  • 4時間25分
  • 6.2 km
  • 807 m
体力度
2

最もメジャーな正面登山口(由布岳登山口)から、クサリ場がなく比較的安全に登ることができる東峰を往復するコース。草原地帯や樹林帯など変化に富んだ山歩きを楽しめる。九十九折の登山道を登っていくと、頂上が近くになるにつれて視界がひらけ、北麓や湯布院の街並みを遠望することができる。また、東峰からは隣り合う鶴見岳や、その先の別府湾を一望できる。