幽境確認の山遊び、竹寺で蕎麦御前、尾須沢鍾乳洞探検

2022.01.16(日) 日帰り

 2週間前、飯能アルプスを歩いた時、寄り道した淑峰「堂平山」の杉に巻かれたテープに「幽境」の文字、気になった矢印の先を確認に行ってきた。 (冬は想いを歩きます)  踏査報告→小岩の上の小枝に「南無阿弥陀仏」の札が下がっていた。場所は判ったが、その謂れは解らない?「幽境」はお終い。 そこからバリルートで権五郎神社に下りた。  前回は時間が無く通り抜けた竹寺で蕎麦御前をいただき、竹寺の鐘楼に登り都県境の山並みを眺めて鐘をつき、さらに「尾須沢鍾乳洞」を目指した。    前半は、和合の杉で後続の登山者をやり過ごしてからは、「六ツ石ノ頭」手前でペアとすれ違っただけで竹寺へ、 後半も、竹寺から鍾乳洞でクライマーに会うまで誰にも会わない、ポッチ山遊びでした。  さわらびの湯は臨時休館していた

西武線吾野駅では10名ほど下車
子の権現方向へ進む

西武線吾野駅では10名ほど下車 子の権現方向へ進む

西武線吾野駅では10名ほど下車 子の権現方向へ進む

高麗川が朝日に輝いている。

高麗川が朝日に輝いている。

高麗川が朝日に輝いている。

此処で少し寄り道します

此処で少し寄り道します

此処で少し寄り道します

「和合の杉」だそうです

「和合の杉」だそうです

「和合の杉」だそうです

こんな説明

こんな説明

こんな説明

不動の滝

不動の滝

不動の滝

滝不動

滝不動

滝不動

関東ふれあいの道と離れ、するぎ林道へ

関東ふれあいの道と離れ、するぎ林道へ

関東ふれあいの道と離れ、するぎ林道へ

林道の先

林道の先

林道の先

林道から山の作業道に

林道から山の作業道に

林道から山の作業道に

博打岩。何やら人の頭に見える
もしかしたらあなた「千と千尋の神隠し」に出てなかった?

博打岩。何やら人の頭に見える もしかしたらあなた「千と千尋の神隠し」に出てなかった?

博打岩。何やら人の頭に見える もしかしたらあなた「千と千尋の神隠し」に出てなかった?

前回、昼を食べた岩を超えて

前回、昼を食べた岩を超えて

前回、昼を食べた岩を超えて

飯能アルプスのルートに合流
ここはスルギ

飯能アルプスのルートに合流 ここはスルギ

飯能アルプスのルートに合流 ここはスルギ

ここからは朝日に向かって

ここからは朝日に向かって

ここからは朝日に向かって

「六ツ石ノ頭」から下り

「六ツ石ノ頭」から下り

「六ツ石ノ頭」から下り

アルプス道から分かれ右に

アルプス道から分かれ右に

アルプス道から分かれ右に

堂平山に登り返す

堂平山に登り返す

堂平山に登り返す

ときがわ町にある「堂平山・どうだいらさん・876m」は天文台もある明るいパーク。
漢字は同じだがここ「どうひらやま520m」は濃い杉林の中、全く展望は無い

ときがわ町にある「堂平山・どうだいらさん・876m」は天文台もある明るいパーク。 漢字は同じだがここ「どうひらやま520m」は濃い杉林の中、全く展望は無い

ときがわ町にある「堂平山・どうだいらさん・876m」は天文台もある明るいパーク。 漢字は同じだがここ「どうひらやま520m」は濃い杉林の中、全く展望は無い

この矢印の先を確かめに来た

この矢印の先を確かめに来た

この矢印の先を確かめに来た

「幽境」はあっちね

「幽境」はあっちね

「幽境」はあっちね

100mほど進むと、岩の上に何やら札が下がっている

100mほど進むと、岩の上に何やら札が下がっている

100mほど進むと、岩の上に何やら札が下がっている

「南無阿弥陀仏」のお札が???

「南無阿弥陀仏」のお札が???

「南無阿弥陀仏」のお札が???

岩の廻りを回ってみた
ナンモネェ??
「幽境」で遊ぶのはここで終了

岩の廻りを回ってみた ナンモネェ?? 「幽境」で遊ぶのはここで終了

岩の廻りを回ってみた ナンモネェ?? 「幽境」で遊ぶのはここで終了

先に進む、地図には破線すら無い尾根

先に進む、地図には破線すら無い尾根

先に進む、地図には破線すら無い尾根

洞のある木の株

洞のある木の株

洞のある木の株

覗くと枝穴がたくさん

覗くと枝穴がたくさん

覗くと枝穴がたくさん

りす?? のマンション
姿は見えないが、穴の奥の気配が感じる

りす?? のマンション 姿は見えないが、穴の奥の気配が感じる

りす?? のマンション 姿は見えないが、穴の奥の気配が感じる

モミの木が多い尾根を進み

モミの木が多い尾根を進み

モミの木が多い尾根を進み

急斜面の下に神社の屋根

急斜面の下に神社の屋根

急斜面の下に神社の屋根

こんな斜面から無理やり車道に下りた

こんな斜面から無理やり車道に下りた

こんな斜面から無理やり車道に下りた

権五郎神社

権五郎神社

権五郎神社

車道を進み

車道を進み

車道を進み

地蔵と石碑のあるここから、天王山を目指す

地蔵と石碑のあるここから、天王山を目指す

地蔵と石碑のあるここから、天王山を目指す

墓の裏から尾根に取付く

墓の裏から尾根に取付く

墓の裏から尾根に取付く

仲よしですね

仲よしですね

仲よしですね

杉並木の先で

杉並木の先で

杉並木の先で

天王山(540m)とは

天王山(540m)とは

天王山(540m)とは

ずいぶんと立派ななまえだこと

ずいぶんと立派ななまえだこと

ずいぶんと立派ななまえだこと

林道に出た
桜久保峠(480m)

林道に出た 桜久保峠(480m)

林道に出た 桜久保峠(480m)

林道の路肩から左に

林道の路肩から左に

林道の路肩から左に

下に見える民家の横の橋へ下る

下に見える民家の横の橋へ下る

下に見える民家の横の橋へ下る

この季節、色があるのは嬉しい

この季節、色があるのは嬉しい

この季節、色があるのは嬉しい

貴方と会えて良かった

貴方と会えて良かった

貴方と会えて良かった

竹寺への車道

竹寺への車道

竹寺への車道

徒歩の方はここから案内で車道から離れ

徒歩の方はここから案内で車道から離れ

徒歩の方はここから案内で車道から離れ

竹の中を登り

竹の中を登り

竹の中を登り

寺に進む

寺に進む

寺に進む

奥武藏俳句寺
 俳句寺なのですか・・

奥武藏俳句寺  俳句寺なのですか・・

奥武藏俳句寺  俳句寺なのですか・・

立派なコウヤ槙

立派なコウヤ槙

立派なコウヤ槙

いただきました

いただきました

いただきました

蕎麦を頼んだから、お団子はパス

蕎麦を頼んだから、お団子はパス

蕎麦を頼んだから、お団子はパス

ここでいただきます

ここでいただきます

ここでいただきます

蕎麦御前

蕎麦御前

蕎麦御前

蕎麦は美しく翠彩、コシがあり歯応えがとても良い、

蕎麦は美しく翠彩、コシがあり歯応えがとても良い、

蕎麦は美しく翠彩、コシがあり歯応えがとても良い、

天ぷら

天ぷら

天ぷら

こんな葉っぱも天ぷらに

こんな葉っぱも天ぷらに

こんな葉っぱも天ぷらに

全て竹の食器
御馳走さまでした

全て竹の食器 御馳走さまでした

全て竹の食器 御馳走さまでした

竹の鳥居を抜け本殿に向かう

竹の鳥居を抜け本殿に向かう

竹の鳥居を抜け本殿に向かう

茅の輪は八の字廻りで3周

 楽しい山遊び出来ますように 🙏
 俳句が上達するように 🙏
 良い仕事が出来ますように 🙏

74歳のお唱え、欲張ってます
 

茅の輪は八の字廻りで3周  楽しい山遊び出来ますように 🙏  俳句が上達するように 🙏  良い仕事が出来ますように 🙏 74歳のお唱え、欲張ってます

茅の輪は八の字廻りで3周  楽しい山遊び出来ますように 🙏  俳句が上達するように 🙏  良い仕事が出来ますように 🙏 74歳のお唱え、欲張ってます  

牛頭天王と八王子の話
別のシーンで山友が熱く語ってたな

牛頭天王と八王子の話 別のシーンで山友が熱く語ってたな

牛頭天王と八王子の話 別のシーンで山友が熱く語ってたな

本殿のそばに大小2本のポールが

本殿のそばに大小2本のポールが

本殿のそばに大小2本のポールが

小さいほうが新しい

小さいほうが新しい

小さいほうが新しい

大きいポールの牛頭

大きいポールの牛頭

大きいポールの牛頭

小さいポールの牛はオーボエ奏者

小さいポールの牛はオーボエ奏者

小さいポールの牛はオーボエ奏者

境内を後に登山道に入ると、
綺麗な鳥の巣が落ちている

境内を後に登山道に入ると、 綺麗な鳥の巣が落ちている

境内を後に登山道に入ると、 綺麗な鳥の巣が落ちている

右へ、竹寺鐘楼へむかう

右へ、竹寺鐘楼へむかう

右へ、竹寺鐘楼へむかう

金毘羅山(581m)本日の最高点
西側に展望があり、都県境の山並みが良く見える

金毘羅山(581m)本日の最高点 西側に展望があり、都県境の山並みが良く見える

金毘羅山(581m)本日の最高点 西側に展望があり、都県境の山並みが良く見える

鐘撞堂、突かせていただきました

鐘撞堂、突かせていただきました

鐘撞堂、突かせていただきました

竹寺~小殿コースに合流
突っ切って尾根を登り返す

竹寺~小殿コースに合流 突っ切って尾根を登り返す

竹寺~小殿コースに合流 突っ切って尾根を登り返す

八幡坂の頭(580m)

八幡坂の頭(580m)

八幡坂の頭(580m)

44号鉄塔

44号鉄塔

44号鉄塔

北側が開け、蕨山・大持・子持・武甲山

北側が開け、蕨山・大持・子持・武甲山

北側が開け、蕨山・大持・子持・武甲山

鉄塔が連続する尾根を進む

鉄塔が連続する尾根を進む

鉄塔が連続する尾根を進む

45号鉄塔の近くは滝ノ入山

45号鉄塔の近くは滝ノ入山

45号鉄塔の近くは滝ノ入山

降りたら鉄塔の横に山頂名

降りたら鉄塔の横に山頂名

降りたら鉄塔の横に山頂名

46号鉄塔は西側が開け、
蕎麦粒山・天目山

46号鉄塔は西側が開け、 蕎麦粒山・天目山

46号鉄塔は西側が開け、 蕎麦粒山・天目山

杉木立の廊下が奥まで伸びている。

杉木立の廊下が奥まで伸びている。

杉木立の廊下が奥まで伸びている。

47号鉄塔がある「嶺・548m」

47号鉄塔がある「嶺・548m」

47号鉄塔がある「嶺・548m」

開けた南側からの都心方向
鉄塔尾根から離れ仁田山峠へ

開けた南側からの都心方向 鉄塔尾根から離れ仁田山峠へ

開けた南側からの都心方向 鉄塔尾根から離れ仁田山峠へ

峠の手前の石祠

峠の手前の石祠

峠の手前の石祠

車道が見えます

車道が見えます

車道が見えます

仁田山峠(410m)
ここから車道を35分歩くと鍛治屋橋BSに出るが・・まだまだ歩く

仁田山峠(410m) ここから車道を35分歩くと鍛治屋橋BSに出るが・・まだまだ歩く

仁田山峠(410m) ここから車道を35分歩くと鍛治屋橋BSに出るが・・まだまだ歩く

再び峠を横断、尾根に進む

再び峠を横断、尾根に進む

再び峠を横断、尾根に進む

岩場で誰かに見られている

岩場で誰かに見られている

岩場で誰かに見られている

あなたでしたか

あなたでしたか

あなたでしたか

次の岩場で、また見られた
こんにちは

次の岩場で、また見られた こんにちは

次の岩場で、また見られた こんにちは

楢抜山(553.5m)はパスし、手前の530ピークで西に下り、尾須沢鍾乳洞に下りる。ここからバリルート
20分ほどで岸壁が見える

楢抜山(553.5m)はパスし、手前の530ピークで西に下り、尾須沢鍾乳洞に下りる。ここからバリルート 20分ほどで岸壁が見える

楢抜山(553.5m)はパスし、手前の530ピークで西に下り、尾須沢鍾乳洞に下りる。ここからバリルート 20分ほどで岸壁が見える

尾須沢鍾乳洞

尾須沢鍾乳洞

尾須沢鍾乳洞

クライマーが2組6名

クライマーが2組6名

クライマーが2組6名

まずはこの穴に

まずはこの穴に

まずはこの穴に

中から

中から

中から

中から

中から

中から

奥

こっちの奥

こっちの奥

こっちの奥

入口に戻りました

入口に戻りました

入口に戻りました

次の穴に向かう、崖の上にも穴穴穴

次の穴に向かう、崖の上にも穴穴穴

次の穴に向かう、崖の上にも穴穴穴

次はこっちの穴に

次はこっちの穴に

次はこっちの穴に

潜ってみる

潜ってみる

潜ってみる

中から

中から

中から

さわらびの湯を目指す

さわらびの湯を目指す

さわらびの湯を目指す

国道が見えてきた

国道が見えてきた

国道が見えてきた

入口にある案内板
山遊びはここまで
向かったさわらびの湯は、臨時休館だった

入口にある案内板 山遊びはここまで 向かったさわらびの湯は、臨時休館だった

入口にある案内板 山遊びはここまで 向かったさわらびの湯は、臨時休館だった

西武線吾野駅では10名ほど下車 子の権現方向へ進む

高麗川が朝日に輝いている。

此処で少し寄り道します

「和合の杉」だそうです

こんな説明

不動の滝

滝不動

関東ふれあいの道と離れ、するぎ林道へ

林道の先

林道から山の作業道に

博打岩。何やら人の頭に見える もしかしたらあなた「千と千尋の神隠し」に出てなかった?

前回、昼を食べた岩を超えて

飯能アルプスのルートに合流 ここはスルギ

ここからは朝日に向かって

「六ツ石ノ頭」から下り

アルプス道から分かれ右に

堂平山に登り返す

ときがわ町にある「堂平山・どうだいらさん・876m」は天文台もある明るいパーク。 漢字は同じだがここ「どうひらやま520m」は濃い杉林の中、全く展望は無い

この矢印の先を確かめに来た

「幽境」はあっちね

100mほど進むと、岩の上に何やら札が下がっている

「南無阿弥陀仏」のお札が???

岩の廻りを回ってみた ナンモネェ?? 「幽境」で遊ぶのはここで終了

先に進む、地図には破線すら無い尾根

洞のある木の株

覗くと枝穴がたくさん

りす?? のマンション 姿は見えないが、穴の奥の気配が感じる

モミの木が多い尾根を進み

急斜面の下に神社の屋根

こんな斜面から無理やり車道に下りた

権五郎神社

車道を進み

地蔵と石碑のあるここから、天王山を目指す

墓の裏から尾根に取付く

仲よしですね

杉並木の先で

天王山(540m)とは

ずいぶんと立派ななまえだこと

林道に出た 桜久保峠(480m)

林道の路肩から左に

下に見える民家の横の橋へ下る

この季節、色があるのは嬉しい

貴方と会えて良かった

竹寺への車道

徒歩の方はここから案内で車道から離れ

竹の中を登り

寺に進む

奥武藏俳句寺  俳句寺なのですか・・

立派なコウヤ槙

いただきました

蕎麦を頼んだから、お団子はパス

ここでいただきます

蕎麦御前

蕎麦は美しく翠彩、コシがあり歯応えがとても良い、

天ぷら

こんな葉っぱも天ぷらに

全て竹の食器 御馳走さまでした

竹の鳥居を抜け本殿に向かう

茅の輪は八の字廻りで3周  楽しい山遊び出来ますように 🙏  俳句が上達するように 🙏  良い仕事が出来ますように 🙏 74歳のお唱え、欲張ってます  

牛頭天王と八王子の話 別のシーンで山友が熱く語ってたな

本殿のそばに大小2本のポールが

小さいほうが新しい

大きいポールの牛頭

小さいポールの牛はオーボエ奏者

境内を後に登山道に入ると、 綺麗な鳥の巣が落ちている

右へ、竹寺鐘楼へむかう

金毘羅山(581m)本日の最高点 西側に展望があり、都県境の山並みが良く見える

鐘撞堂、突かせていただきました

竹寺~小殿コースに合流 突っ切って尾根を登り返す

八幡坂の頭(580m)

44号鉄塔

北側が開け、蕨山・大持・子持・武甲山

鉄塔が連続する尾根を進む

45号鉄塔の近くは滝ノ入山

降りたら鉄塔の横に山頂名

46号鉄塔は西側が開け、 蕎麦粒山・天目山

杉木立の廊下が奥まで伸びている。

47号鉄塔がある「嶺・548m」

開けた南側からの都心方向 鉄塔尾根から離れ仁田山峠へ

峠の手前の石祠

車道が見えます

仁田山峠(410m) ここから車道を35分歩くと鍛治屋橋BSに出るが・・まだまだ歩く

再び峠を横断、尾根に進む

岩場で誰かに見られている

あなたでしたか

次の岩場で、また見られた こんにちは

楢抜山(553.5m)はパスし、手前の530ピークで西に下り、尾須沢鍾乳洞に下りる。ここからバリルート 20分ほどで岸壁が見える

尾須沢鍾乳洞

クライマーが2組6名

まずはこの穴に

中から

中から

こっちの奥

入口に戻りました

次の穴に向かう、崖の上にも穴穴穴

次はこっちの穴に

潜ってみる

中から

さわらびの湯を目指す

国道が見えてきた

入口にある案内板 山遊びはここまで 向かったさわらびの湯は、臨時休館だった