白雲山・妙義山(相馬岳)

2022.01.10(月) 日帰り

注意情報

この活動日記は、現在は立入禁止となっている区域を含んでいる可能性があります。
事前に現地の最新情報を確認して行動をしてください。

立入禁止区域を確認する

活動データ

タイム

08:03

距離

5.3km

上り

1002m

下り

1002m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 3
休憩時間
4 時間 1
距離
5.3 km
上り / 下り
1002 / 1002 m
39
55
21
16
13
32
10

活動詳細

すべて見る

うわさの師匠との初登りは妙義山! ノーマルタイヤなので雪の無い高速を大回りして群馬県へ。 妙義神社にご挨拶を済ませまずは大の字。風もない秋のような好天ですでに汗だく、鎖場はゴツゴツ岩で登りやすい。観光気分で写真撮影を楽しんだら次は第一ミッションの奥の院。 小石が外れたら全部落ちてきそうな絶妙なバランスで大岩が挟まってる、急な鎖場だけど落ち着いてクリア。 第二ミッションはビビリ岩。岩を跨いだ先は断崖絶壁!少し横に進んでから上に登っていくと鎖の継ぎ目でカラビナを付け替えるのを忘れてつっかえてしまった。継ぎ目まで一旦下がって付け替えるしかないのだけど、いい足場が無くズルズル滑ります。もう駄目だとパニックになるも、手がある!!と友の声で勇気をもらい無事登りきれました。 続いて背びれ岩。左右断崖で遮るものがなくなかなかの高度感ですが、さっきの事があったので落ち着いて登れました。 いよいよ第三ミッション大のぞき。30メートルの長いくだりの鎖場、慎重に降りました。 相馬岳で夕陽でそまる山々を堪能して日没ギリギリで妙義神社へ戻ってきました。 チームのみんなありがとう!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。