宝篋山(ほうきょうさん)一筆書き①

2022.01.09(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 50
休憩時間
38
距離
19.9 km
上り / 下り
1361 / 1361 m
55
1 21
2 19
21
1 2
22

活動詳細

すべて見る

スタートは「小田東部」バス停(つくバス小田シャトル)、Goalは「筑波交流センター」バス停(つくバス北部シャトルです(土日祝は一日券\500で乗り放題)。 茨城は3日前の積雪で、ロングトレイルは避けた方が良いと思い、近くの宝篋山へ。ただ、普通に登ると2時間で終わってしまうので、今回は正式に名前が付いている南側3ルートと北側3ルート、合計6ルート完歩をテーマとした(トレランではありません)。北側か南側かどちらをスタートにしても良いが、一筆書きだとどうしてもスタートとゴールは反対側となる。今回は小田休憩所(以下小田休)スタート①常願寺コース(登り)⇒極楽寺コース(下り)⇒小田城コース(登り)⇒新寺コース(下り)⇒山口1コース(登り)⇒山口2コース(下り)とした。ただ新寺コースと山口2コースは上部が共通道なのでちょっと残念。距離と獲得標高はご覧頂くと、宝筐山でも歩き方次第では奥秩父2泊3日縦走のトレーニングになるなと思った。次回は20kg程度荷重を掛けてもよいかも。 余談だが、北側3ルート、南側3ルート全てを1回ずつ通って上り下りするルートは144通り(南北間の平地移動禁止が条件) なお、3回登っているが山頂へは一度のみ。 ヘルメット着用。 アイゼンも持参したが使用せず。 ただ山頂北側直下は圧雪状態だった。

宝篋山・富岡山 つくばす小田シャトル「小田東部」バス停を出発
つくばす小田シャトル「小田東部」バス停を出発
宝篋山・富岡山 小田休から常願寺コースへ向かう途中。山頂を見上げる
小田休から常願寺コースへ向かう途中。山頂を見上げる
宝篋山・富岡山 尖浅間山に到着。山頂直下の急坂は濡れている時は要注意。兎に角滑る。
尖浅間山に到着。山頂直下の急坂は濡れている時は要注意。兎に角滑る。
宝篋山・富岡山 小田城コースに入り断崖上から要害展望所を望む。
小田城コースに入り断崖上から要害展望所を望む。
宝篋山・富岡山 純平歩道を分けた辺りからの富士山
純平歩道を分けた辺りからの富士山
宝篋山・富岡山 道標16。直進すると山頂、左(北)へ山口コース2を下る。
道標16。直進すると山頂、左(北)へ山口コース2を下る。
宝篋山・富岡山 10分ほど下ると山口2コースを北に分け、西方向へ新寺コースに入る
10分ほど下ると山口2コースを北に分け、西方向へ新寺コースに入る
宝篋山・富岡山 北条へ下山し、山口コース登山口へ移動。道標番号1の地点。里の中を歩く方が道迷いし易い。つくが市経済部観光推進課に是非改善をお願いしたい。
北条へ下山し、山口コース登山口へ移動。道標番号1の地点。里の中を歩く方が道迷いし易い。つくが市経済部観光推進課に是非改善をお願いしたい。
宝篋山・富岡山 山口集落から宝篋山を南に見る
山口集落から宝篋山を南に見る
宝篋山・富岡山 山口1コースの登り。基本的には南方向だが、山口2コースを分けた後、一旦北方向へ大きく尾根をまく部分がある。宝篋水という湧き水。地層から直接湧き出しているので安全。
山口1コースの登り。基本的には南方向だが、山口2コースを分けた後、一旦北方向へ大きく尾根をまく部分がある。宝篋水という湧き水。地層から直接湧き出しているので安全。
宝篋山・富岡山 宝篋山頂に近づく。山の北側なので雪が残っている。踏まれて圧雪状態。下りで滑ると沢に落ちる可能性あり。
宝篋山頂に近づく。山の北側なので雪が残っている。踏まれて圧雪状態。下りで滑ると沢に落ちる可能性あり。
宝篋山・富岡山 山頂直下の分かれ道。右は直接山頂へ。左は林道経由となる。右の道は宝篋山頂きへのアプローチとしては最も山らしいと思う。
山頂直下の分かれ道。右は直接山頂へ。左は林道経由となる。右の道は宝篋山頂きへのアプローチとしては最も山らしいと思う。
宝篋山・富岡山 宝篋山頂。 家族連れが多かった。写真は筑波山。
宝篋山頂。 家族連れが多かった。写真は筑波山。
宝篋山・富岡山 山頂から小田城コースへ下る。先程も入った道標16から再び山口2コースへ。
山頂から小田城コースへ下る。先程も入った道標16から再び山口2コースへ。
宝篋山・富岡山 途中一人だけ座れる展望台がある。但し景色は見えない。
途中一人だけ座れる展望台がある。但し景色は見えない。
宝篋山・富岡山 先程下りた新寺コースを西に分け、山口2コースを北へ下りる。
先程下りた新寺コースを西に分け、山口2コースを北へ下りる。
宝篋山・富岡山 山道は途中から未舗装の林道となり、山口1コースとの合流点へ。
山道は途中から未舗装の林道となり、山口1コースとの合流点へ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。