折平山の天狗様にご挨拶

2022.01.09(日) 日帰り

戸越峠を挟んで猿投山の北東に位置する折平山。標高も猿投山と大して変わらないがこれまで目に留まらずK3のレポでその存在を初めて知りました。ヤマップさんに地図の追加を依頼したらいつの間にかアップされていました。山神として祀られている三体の天狗様探しで楽しめるようだ。前日マーゴには「ジージは鱗滝左近次に会いに行ってくるゾ」と言ったら「え、ホント、どこどこ?」って喰いついてきた。今や子どもたちにも天狗は身近になったようだ。 登り口はめぐみの森キャンプ場からもあるけど、八柱神社から取り付いた。なお、後述するがここで言う八柱神社は北曽木の八柱神社です。折平の八柱神社ではありません。天狗様1はルート上にあるが、鳥天狗様と天狗様2はヤマップのルートからは外れる。特に鳥天狗様は案内もないので感で辿り着くほどイージーではない。「山たまごの東海岳行」さんで事前学習して臨んだ。おかげ様で無事コンプできました。もちろん悪霊(コロナ)退散をお願いしましたよ。 山行から脱線するが気になったことがあります。折平山の登山口が八柱神社の前だとの情報を得ていたので地図を開いて探していたら、なんとこの周辺(旧藤岡町)には八柱神社が点在しているのです。地図(写真44)に〇をつけてみたら狭い範囲にこれだけ八柱神社を拾うことができます。地図に加筆したが石畳町にも八柱神社はあり、また地図から少しはみ出した範囲では上川口町や御作町にも見られる。そして、この地の名を冠した藤岡神社も昔は八王子神社と称していたらしい。八王子神社も神仏習合の名残で八柱神社と系統は同じはずです。八柱神社の祭神は名前のとおりアマテラスオオミカミとスサノオノミコトの誓約(うけい)で生まれた五男三女神の八神(八柱)。時代的にはアマテラスがお隠れになる天岩戸神話の前のイベントに当たる。八柱神社がこれだけ集まっているのは何故か?ご存知の方がいらしたら是非ご教示願いたいところです。

まずは、八柱神社に参拝。

まずは、八柱神社に参拝。

まずは、八柱神社に参拝。

県道天狗岩線の起点を登っていきます。

県道天狗岩線の起点を登っていきます。

県道天狗岩線の起点を登っていきます。

御嶽神社の横を通ります。下山時にお参りします。

御嶽神社の横を通ります。下山時にお参りします。

御嶽神社の横を通ります。下山時にお参りします。

今は豊田市。西加茂郡藤岡町と云われたころがあった。

今は豊田市。西加茂郡藤岡町と云われたころがあった。

今は豊田市。西加茂郡藤岡町と云われたころがあった。

天狗岩登山口からは山道となる。

天狗岩登山口からは山道となる。

天狗岩登山口からは山道となる。

不動滝。この名を冠する滝は各地にあまたある。

不動滝。この名を冠する滝は各地にあまたある。

不動滝。この名を冠する滝は各地にあまたある。

道中の石碑。

道中の石碑。

道中の石碑。

明講霊は御嶽信仰かな。

明講霊は御嶽信仰かな。

明講霊は御嶽信仰かな。

岩の下に建つ祠。

岩の下に建つ祠。

岩の下に建つ祠。

祠あたりからの眺望。

祠あたりからの眺望。

祠あたりからの眺望。

天狗岩展望台が見えてきました。

天狗岩展望台が見えてきました。

天狗岩展望台が見えてきました。

展望台から猿投山。

展望台から猿投山。

展望台から猿投山。

微かに恵那山が、

微かに恵那山が、

微かに恵那山が、

天狗様1が御座しました。

天狗様1が御座しました。

天狗様1が御座しました。

アップ。

アップ。

アップ。

天狗様の後ろ姿。二宮金次郎みたいだ。

天狗様の後ろ姿。二宮金次郎みたいだ。

天狗様の後ろ姿。二宮金次郎みたいだ。

寄れば立派なお鼻で天狗とわかる。

寄れば立派なお鼻で天狗とわかる。

寄れば立派なお鼻で天狗とわかる。

天狗様1から折平山の案内板のすぐ先の踏み跡に突入する。

天狗様1から折平山の案内板のすぐ先の踏み跡に突入する。

天狗様1から折平山の案内板のすぐ先の踏み跡に突入する。

鳥天狗様見つかりました!

鳥天狗様見つかりました!

鳥天狗様見つかりました!

倒木をよじ登って天狗様に近づいた。

倒木をよじ登って天狗様に近づいた。

倒木をよじ登って天狗様に近づいた。

天狗様2は案内がちゃんとある。

天狗様2は案内がちゃんとある。

天狗様2は案内がちゃんとある。

岩の上に天狗様2いらっしゃいました。

岩の上に天狗様2いらっしゃいました。

岩の上に天狗様2いらっしゃいました。

岩の上の倒木をなんとかしたい。

岩の上の倒木をなんとかしたい。

岩の上の倒木をなんとかしたい。

この天狗様は鼻高ではないな。

この天狗様は鼻高ではないな。

この天狗様は鼻高ではないな。

天狗の腰掛け?知らんけど。

天狗の腰掛け?知らんけど。

天狗の腰掛け?知らんけど。

折平山尾根分岐。

折平山尾根分岐。

折平山尾根分岐。

北曽木町(ほくそぎちょう)境界石標。

北曽木町(ほくそぎちょう)境界石標。

北曽木町(ほくそぎちょう)境界石標。

おりだいらやまで、おれだれだ?

おりだいらやまで、おれだれだ?

おりだいらやまで、おれだれだ?

三等三角点「折平」。

三等三角点「折平」。

三等三角点「折平」。

さて、折平山の標識はいくつあるでしょうか? 6?

さて、折平山の標識はいくつあるでしょうか? 6?

さて、折平山の標識はいくつあるでしょうか? 6?

戸越峠は「とごし」じゃなく「とごえ」が正しいらしい。知らんかった。

戸越峠は「とごし」じゃなく「とごえ」が正しいらしい。知らんかった。

戸越峠は「とごし」じゃなく「とごえ」が正しいらしい。知らんかった。

ちょっとだけ雪が残っています。

ちょっとだけ雪が残っています。

ちょっとだけ雪が残っています。

反対側は折平町(おりだいらちょう)境界石標。

反対側は折平町(おりだいらちょう)境界石標。

反対側は折平町(おりだいらちょう)境界石標。

尾根伝いに高根山に向かっております。

尾根伝いに高根山に向かっております。

尾根伝いに高根山に向かっております。

高根山到着。

高根山到着。

高根山到着。

将棋の駒が倒れたみたいな巨石。

将棋の駒が倒れたみたいな巨石。

将棋の駒が倒れたみたいな巨石。

猿投山を望む天狗様。

猿投山を望む天狗様。

猿投山を望む天狗様。

今日は靄って眺望はイマイチだった。

今日は靄って眺望はイマイチだった。

今日は靄って眺望はイマイチだった。

御嶽神社にも参拝。

御嶽神社にも参拝。

御嶽神社にも参拝。

八柱神社に戻ってきました。

八柱神社に戻ってきました。

八柱神社に戻ってきました。

周辺地図に八柱神社のマルを付けたらこんなにあった(゜.゜)
44/45

周辺地図に八柱神社のマルを付けたらこんなにあった(゜.゜)

周辺地図に八柱神社のマルを付けたらこんなにあった(゜.゜)

帰宅したら、クリスピードーナツのTiger Custardがありました。干支ですね。
今年もよろしくお願いします。
45/45

帰宅したら、クリスピードーナツのTiger Custardがありました。干支ですね。 今年もよろしくお願いします。

帰宅したら、クリスピードーナツのTiger Custardがありました。干支ですね。 今年もよろしくお願いします。

まずは、八柱神社に参拝。

県道天狗岩線の起点を登っていきます。

御嶽神社の横を通ります。下山時にお参りします。

今は豊田市。西加茂郡藤岡町と云われたころがあった。

天狗岩登山口からは山道となる。

不動滝。この名を冠する滝は各地にあまたある。

道中の石碑。

明講霊は御嶽信仰かな。

岩の下に建つ祠。

祠あたりからの眺望。

天狗岩展望台が見えてきました。

展望台から猿投山。

微かに恵那山が、

天狗様1が御座しました。

アップ。

天狗様の後ろ姿。二宮金次郎みたいだ。

寄れば立派なお鼻で天狗とわかる。

天狗様1から折平山の案内板のすぐ先の踏み跡に突入する。

鳥天狗様見つかりました!

倒木をよじ登って天狗様に近づいた。

天狗様2は案内がちゃんとある。

岩の上に天狗様2いらっしゃいました。

岩の上の倒木をなんとかしたい。

この天狗様は鼻高ではないな。

天狗の腰掛け?知らんけど。

折平山尾根分岐。

北曽木町(ほくそぎちょう)境界石標。

おりだいらやまで、おれだれだ?

三等三角点「折平」。

さて、折平山の標識はいくつあるでしょうか? 6?

戸越峠は「とごし」じゃなく「とごえ」が正しいらしい。知らんかった。

ちょっとだけ雪が残っています。

反対側は折平町(おりだいらちょう)境界石標。

尾根伝いに高根山に向かっております。

高根山到着。

将棋の駒が倒れたみたいな巨石。

猿投山を望む天狗様。

今日は靄って眺望はイマイチだった。

御嶽神社にも参拝。

八柱神社に戻ってきました。

周辺地図に八柱神社のマルを付けたらこんなにあった(゜.゜)

帰宅したら、クリスピードーナツのTiger Custardがありました。干支ですね。 今年もよろしくお願いします。