越生(おごせ)黒山三滝周辺ラン

2022.01.08(土) 日帰り

活動データ

タイム

03:12

距離

13.4km

上り

858m

下り

858m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 12
休憩時間
3
距離
13.4 km
上り / 下り
858 / 858 m
1 22
14
15
1 5

活動詳細

すべて見る

越生(おごせ)の黒山三滝周辺をランしました♪ ちなみに、黒山までは、自宅から車で30分。「黒山バス停」近くに「町営無料駐車場」が在ります。 詳細は、帰宅後、追記します。 なお、今日は新しい「暗記の塊」と格闘しながら、楽しく走りました。 —- 追記0〜渋沢平九郎自決の地 カバー写真は「渋沢平九郎自決の地」。 渋沢平九郎とは、渋沢栄一の妻(千代)の実弟。大河ドラマでは、岡田健史さんが演じました。 平九郎は、飯能戦争に参加し劣勢で敗走、最期は黒山の地で自決し果てました。 享年22歳。 自決の地は、黒山バス停を起点にすると、三滝とは逆方向に在ります。 ところで、平九郎の墓は、越生(おごせ)駅近くの法恩寺に在ります。ここには、平九郎が自決後、はねられた首共々、骸が埋葬されました。 しかし、その後、渋沢家の菩提寺(寛永寺、東京谷中)に改葬されたので、法恩寺の墓には遺骨はない、とのことです。 --- 追記1〜彷徨いラン!? 「ルート詳細無計画で彷徨うラン」となりました。 行程の半分ほどを終えて、 顔振峠(こうぶりとうげ or かあぶりとうげ)の方から、黒山三滝に下るトレイルがいくつかありました。 しかし、全部、「台風で危険な箇所があるからと、立ち入り禁止」でした。 台風って、2019年のですよね、きっと。修復にかける予算がないのね、悲しい。 ところで、 とりあえず、彷徨いながら考えていた「大まかな目標ルート」は、 黒山三滝から花立松ノ峠→傘杉峠→顔振峠と経て、鎌北湖へ向かうところの分岐から、黒山三滝に下るというモノ。 結果としては、その通りに走れました。 しかし、序盤は、道なき山道に踏み入り迷い、途方に暮れる一幕も(笑)。 その後、 ちょっとまともなトレイルに入ってからは、色々な動物が怖いので、「盛大に鈴を鳴らしながら」動きました。 序盤の途方もないほどの彷徨いで、どうなるかと心配しましたが、戻れて(帰れて)良かった♪ —- 追記2〜獲得標高多いけど、山頂ゼロ!? この一年、低山ばかりを走ってきました。今後もその予定。 そのようななか、今日の「獲得標高858m」は、かなり多い部類。なのに… 山頂ゼロ。その代わり、今日通った峠のピークほそれぞれ、 花立松ノ峠(標高 626m)、傘杉峠(同 551m)、顔振峠(同 500m)と、これまで登ったどの山よりも標高は高い。 どおりで、獲得標高が多い訳だ、納得。 --- 標高の話はこれで終わり。 実は、入れないトレイルがあったりして、道中のメインは舗装路。 なので、「トレイル走った感が激薄!」。 これはどうにかせにゃならん。う〜ん、オカワリだね(笑)。 次回は、「今日と同じか、20km程度の距離で、8割以上はトレイルというコース」を練って、再チャレンジしたい。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。