御茶屋御殿山〜忘年会前に

2021.12.30(木) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 10
休憩時間
9
距離
10.0 km
上り / 下り
363 / 345 m
5
1 24
1 30

活動詳細

すべて見る

以前から気になっていた御茶屋御殿山。 実家にいた時はよく行っていた海南市のバーの忘年会の前に軽く登ってきた。 国土地理院の地形図を見ると船戸から直接山頂への波線ルートが記されているが、そこを通ってる記録によるとかなりの藪との事で完全にスルーする事にした。もちろん気にはなるのだが。 メインルートは船戸駅からだと県道10号線を回りこまなくてはならない、途中デイリーヤマザキがあるので立ち寄った。 登山口は行者堂の舗装された参道を登る。行場堂前は広場になっており、立派な四阿もあった。 参拝した後は登山道に取り付く。 登山道は想像していた以上に景観がよく、自然林や笹藪が綺麗だった。また果樹園上部やゴルフ場上部からは見事な眺望が広がる。北山への分岐を見送り三角点や電波塔のある御茶屋御殿に到着。 ここは眺望なく、船戸への波線道を見たが完全に笹藪になっていて、かなり厳しそうだ。 次は山頂へと向かう山頂には鉄塔しかないが、下部に新しい道ができていて、降りてみると刈り込まれているので見事な眺望が広がっていた。 新しい道を降ろうかと思ったが、ゴルフ場に囲まれた所にでそうなので、予定通り北山へ。 北山へは行政の案内板もあり、ずっと踏み跡明瞭。快適な歩きができた。しかしそれも鉄塔までで、鉄塔右奥にテープがあるのだが、先は踏み跡なしのVR。しかも落ち葉でかなり滑りやすい。 テープは沢山あるのでそれを頼りに降りていけた。 下山口は池になっていて、新しい柵で塞がれていたが、跨いで出させてもらった。 釣り師が入って釣りをしれたので、もしかしたら別のところからもっと楽に出入りできるのかも!? あとは県道10号を通って貴志駅まで歩いた。貴志駅は結構久しぶりだ。丁度たま電車がやってきた。 そして海南に移動してバーの忘年会で美味い酒と料理をいただいき、そして昔の仲間達と旧交を温める事ができた。 これで2021年の山納めとしたい。 ~コース状況~ 往路はよく整備されている。 復路は途中丁字路の分岐があるので左に取る。鉄塔は右奥にテープがある。しかし鉄塔からは踏み跡不明瞭。そして落ち葉で凄く滑りやすい。さらに登山口の池付近に新しい柵がされていて通過困難になっていた。とはいっても行政の案内板もあったし、登り返すのも辛い。なんとか跨いでクリアできた。釣り師も山側に入っていたし、よく探せばもっと楽に通れるポイントがあるのかもしれない。

龍門山・飯盛山 船戸駅からスタート。
船戸駅からスタート。
龍門山・飯盛山 紀泉アルプスの山々。右側は昭和山や四石山。
紀泉アルプスの山々。右側は昭和山や四石山。
龍門山・飯盛山 正面にこれから登る御茶屋御殿山。
国土地理院地形図に船戸から波線ルートが記されているが、そこを登ってる記録ではかなりの藪との事で、避けてメインルートへ。
正面にこれから登る御茶屋御殿山。 国土地理院地形図に船戸から波線ルートが記されているが、そこを登ってる記録ではかなりの藪との事で、避けてメインルートへ。
龍門山・飯盛山 船戸駅を見下ろす。
船戸駅を見下ろす。
龍門山・飯盛山 先日登った紀北の名峰、龍門山が聳えている。
先日登った紀北の名峰、龍門山が聳えている。
龍門山・飯盛山 県道10号泉を離れる。
県道10号泉を離れる。
龍門山・飯盛山 溜池があった。
溜池があった。
龍門山・飯盛山 舗装路を登っていく。
舗装路を登っていく。
龍門山・飯盛山 こちらが登山道入口だが、行者堂に立寄る。
こちらが登山道入口だが、行者堂に立寄る。
龍門山・飯盛山 広場になっていて立派な四阿もある。
広場になっていて立派な四阿もある。
龍門山・飯盛山 参拝した。
参拝した。
龍門山・飯盛山 ここからは殆ど眺望はない。
ここからは殆ど眺望はない。
龍門山・飯盛山 凄く快適な道だった。
凄く快適な道だった。
龍門山・飯盛山 竹藪を通る。
竹藪を通る。
龍門山・飯盛山 紅葉が残っている。
紅葉が残っている。
龍門山・飯盛山 笹の道。
笹の道。
龍門山・飯盛山 果樹園上部に眺望あり。
果樹園上部に眺望あり。
龍門山・飯盛山 ヤマモモの木が生えていた。
ヤマモモの木が生えていた。
龍門山・飯盛山 昔整備された階段。鎖は新しかった。
登ってる人は少ないがハイキング道として現役みたい。
昔整備された階段。鎖は新しかった。 登ってる人は少ないがハイキング道として現役みたい。
龍門山・飯盛山 笹も刈り込まれている。
笹も刈り込まれている。
龍門山・飯盛山 綺麗。こんな山が近所にあればいいのだが。
綺麗。こんな山が近所にあればいいのだが。
龍門山・飯盛山 急階段。
急階段。
龍門山・飯盛山 途中四阿があった。
途中四阿があった。
龍門山・飯盛山 ゴルフ場の上部から見事な眺望。
紀の川流域。
ゴルフ場の上部から見事な眺望。 紀の川流域。
龍門山・飯盛山 先日登った龍門山見えている。
先日登った龍門山見えている。
龍門山・飯盛山 分岐。後で戻るがとりあえず山頂はまっすぐ。
分岐。後で戻るがとりあえず山頂はまっすぐ。
龍門山・飯盛山 帰りは北山方面へ。
帰りは北山方面へ。
龍門山・飯盛山 まずは御茶屋御殿つまり三角点ピークを目指す。
まずは御茶屋御殿つまり三角点ピークを目指す。
龍門山・飯盛山 電波塔あり。
電波塔あり。
龍門山・飯盛山 登頂。
登頂。
龍門山・飯盛山 やはり船戸駅への波線ルートはほぼ完全に消失、激藪の様相。
やはり船戸駅への波線ルートはほぼ完全に消失、激藪の様相。
龍門山・飯盛山 山頂にも立ち寄ったが鉄塔広場があるだけ。
山頂にも立ち寄ったが鉄塔広場があるだけ。
龍門山・飯盛山 下の方に最近作られた道ができていて刈り込まれているので見事な眺望が広がっていた。
下の方に最近作られた道ができていて刈り込まれているので見事な眺望が広がっていた。
龍門山・飯盛山 この新しい道を降りかけたが、地図で確認するとゴルフ場に囲まれた場所に出るので引き返した。
この新しい道を降りかけたが、地図で確認するとゴルフ場に囲まれた場所に出るので引き返した。
龍門山・飯盛山 多分生石高原の鉄塔。
多分生石高原の鉄塔。
龍門山・飯盛山 貴志川町。
貴志川町。
龍門山・飯盛山 分岐まで戻って北山方面向かう。
分岐まで戻って北山方面向かう。
龍門山・飯盛山 凄く綺麗な自然林だった。隠れた名峰だ。
凄く綺麗な自然林だった。隠れた名峰だ。
龍門山・飯盛山 昔の防空壕か貯蔵庫?
深い穴が掘られていた。
昔の防空壕か貯蔵庫? 深い穴が掘られていた。
龍門山・飯盛山 快適。
快適。
龍門山・飯盛山 鉄塔の先は踏み跡なし。しかしテープはあるのでそれを辿る感じ。完全なVRだ。しかも落ち葉でかなり滑るので慎重に降りた。
鉄塔の先は踏み跡なし。しかしテープはあるのでそれを辿る感じ。完全なVRだ。しかも落ち葉でかなり滑るので慎重に降りた。
龍門山・飯盛山 池にでるが、新しい柵で囲まれていた。。。
池にでるが、新しい柵で囲まれていた。。。
龍門山・飯盛山 長閑な風景。
長閑な風景。
龍門山・飯盛山 天使のハシゴ。
天使のハシゴ。
龍門山・飯盛山 奥の鉄塔が山頂。
奥の鉄塔が山頂。
龍門山・飯盛山 久しぶりの貴志駅。
久しぶりの貴志駅。
龍門山・飯盛山 偶然たま電車だった。
偶然たま電車だった。
龍門山・飯盛山 車内。
車内。
龍門山・飯盛山 海南駅。実家に居てる時は行きまくっていたバーの忘年会に参加。美味い。
海南駅。実家に居てる時は行きまくっていたバーの忘年会に参加。美味い。
龍門山・飯盛山 酒も色々いただいた。
酒も色々いただいた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。