西穂山荘迄、雪上研修

2021.12.19(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 58
休憩時間
1 時間 21
距離
7.0 km
上り / 下り
372 / 1437 m
2 1
3 29

活動詳細

すべて見る

この寒さと積雪の中、10名が参加しました。西穂山荘に近づくと積雪が増し 膝ラッセルでした。竹竿にピンテがあり道迷いはなし。写真は下山時で視界はありますが西穂山荘周囲は風雪でゴーグル、バラクラバ必須でした。ツボ歩きと登降、アイゼン歩行と登降、セルフアレスト(下山時、ピックが後で持つ)からの滑落停止、またこれをザックを背負いアイゼン装着しての滑落停止、ラッセル歩き、スタンディングアックスビレィでスノーアンカーのスノーバー(スノーピケット)とデッドマンを使用。柔らかい雪の場合はスノーバーを横に埋める。雪を踏み固めT字に50cm程溝をピッケルで掘る。下側は傾斜になるように掘る。スノーバー中央に120スリングでガースーヒッチかグローブヒッチを固定、安管カラビナをつける。硬い雪は立て埋め(R2.1八ヶ岳で実施)。またブッシュ(笹薮)にスリングでプルージックノットやクレイムハイスト等のフリクションノット(巻き付け結び)をしたら下にハーフヒッチ(ひと結び)をすると強固になる、この結びをいわしと言う。冬合宿だけでなく安全な雪山山行のためにも実施出来て良かった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。