『つぎはぎ日本一周』焼津~富士

2018.01.06(土) 日帰り Shizuoka
ハマKBT
ハマKBT

活動データ

タイム

10:08

距離

85.8km

上り

1,130m

下り

1,119m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 『つぎはぎ日本一周』2日目。焼津駅前のパーキングで車中泊。駐輪場へ行きビアンキとともに、本日のスタート。まずは、焼津港へ。ここの近くのコンビにで朝食。本日は快晴なので、放射冷却か、やや冷えるが、気持ちいい。焼津にはマンホールの蓋のデザインが2つあり、どちらも魚をモチーフとしてかわいいものだった。日本各地のマンホールいろいろあるので面白い。  県道416号、海岸線の道を行く。大崩海岸というなんともすごい名前の海岸線を行くときに、突然、富士山が見えてきた。(昨日は曇っていて見えなかった)富士山というのは、本当に別格だ。見ているだけで、感動してくる。神々しさがあり、思わず手を合わせたくなる。一気にハイテンション。その勢いのまま、静岡市、市街地へ。ここには、弥生時代の集落の遺跡、登呂遺跡がある。ここへよってみる。吉野ヶ里に行ったことがあるので、思ったよりは小さな印象だ。ただ、こんな街中にあるので、開発か保存かという意味では当初大変だったのではないかと思われる。竪穴式住居などいくつかあったが、ここは無料とのこと。資料館の屋上の展望所も無料ということで行ってみることに。やはり、富士山が見える。いい。  次に向かうのは、徳川家康が埋葬されているといわれている、久能山東照宮。最近、ブラタモリでここの特集があったらしい。 そこへ向かうため、海岸線の道を進む。ところどころ、赤い服を着た女子高生ぐらいの女の子が赤いボールのようなものをぐるぐると回している。よく見ると、いちご狩り。この海岸線一面、いちごのビニルハウスが並んでいる。石垣いちごとして有名なあのいちごだ。  そんな、いちご園といちご園の間に、久能山東照宮への入り口があった。さすがに人が多い。自転車を置き、石段を登っていく。全部で、1159段あるそうだ。登っている最中も展望がよく、太平洋がしっかりと見え、気持ちがいい。  久能山東照宮に到着。艶やかな印象だ。奥に徳川家康のお墓があるというので、そこへも行ってみる。  ロープーウェイで日本平にも行ってみる。ロープーウェイも久しぶりだ。日本平から見える富士山、これも最高。いつまでも見ていたいような気持ちになる。何枚も写真を撮り、帰りのロープーウェイに乗る。  下に下りると、いちご狩り食べ放題で2200円とか。これに入る時間もなかったので、代わりにいちごソフトを購入。本物のいちごが乗っていたので、いちご狩りの代わりだ。うまかった~。  その後、海岸線の道を行く。右が太平洋、左前に富士山が見えるという贅沢な道を進む。  三保の松原に到着。ここも、観光客が結構いた。ここから見た富士山も最高。本当に気持ちいい。タイマーを駆使して、富士山をバックにした写真をたくさん撮る。他の人が見たらきっと滑稽に見えただろう。でも、富士山が綺麗だったので、そんなことが気にならないぐらいハイテンションで撮影しまくってしまった。  海岸線の自転車道なども通り、次に清水へ向かう。途中、清水港、ちび丸子ちゃんランドなどもあった。  さすが清水と思ったのは、何気ない照明などに、サッカーをモチーフにしたものがあった。サッカー王国だ。  さらに行くと、道路の案内表示に東京まで175キロとあった。ついに、ここまで来たか~と、東京の文字を見て思った。  国道1号を進むが、途中から自動車専用道になる。ガソリンスタンドの方に聞くと、自転車・歩行者専用道が別にあるとのこと。教えてもらい、その道を進む。これもまた、面白い。だんだんと暗くなり、昨日同様、ライトをつけての走行となる。富士市までで、今回は終了することにした。今度は、今日、帰らなくてはならないので、自転車も焼津までもって帰ることになる。久々に電車での輪行。駅前で、ビアンキを輪行バックにいれ、電車を待つ。人が多いと、申し訳ない気持ちでストレスがたまるのだが、今回は、思ったほど混まず、輪行バックも邪魔にされず、焼津につくことができた。  久々に海岸線を進む『つぎはぎ日本一周』だったが、原点に戻ったようで、とても楽しかった。でも、ここまで遠くなると、本当に前後1日ずつは余裕がないと厳しい。4連休以上でないと・・・・。次はいつになることやら。  帰りは、大阪ぐらいまで下道を行く。(無料の自動車専用道もあり、深夜だったので快適にいけた・・節約にもなった)大阪からは高速に乗る。SAで後部ベッドで仮眠をとりながらなので、益田に到着したのは結局7日の夕方。やはり遠い。 

Nihondaira 焼津駅近くのコインパーキング。ここで、車中泊。トイレは駅を利用させてもらった。感謝。
焼津駅近くのコインパーキング。ここで、車中泊。トイレは駅を利用させてもらった。感謝。
Nihondaira 立派な駐輪場。(有料)
立派な駐輪場。(有料)
Nihondaira 焼津のマンホール。
焼津のマンホール。
Nihondaira 焼津港。
焼津港。
Nihondaira 焼津港とビアンキ。
焼津港とビアンキ。
Nihondaira こちらも焼津のマンホール。
こちらも焼津のマンホール。
Nihondaira 大崩海岸から見えた富士山。今回初の富士山。感激~。
大崩海岸から見えた富士山。今回初の富士山。感激~。
Nihondaira 本当に神々しい。絵になる。
本当に神々しい。絵になる。
Nihondaira 静岡市 登呂遺跡。
静岡市 登呂遺跡。
Nihondaira 竪穴式住居。
竪穴式住居。
Nihondaira 石垣いちご。海岸線にたくさん。
石垣いちご。海岸線にたくさん。
Nihondaira 久能山東照宮の駐輪場。他にもロードバイクが。
久能山東照宮の駐輪場。他にもロードバイクが。
Nihondaira 1159段の石段を行く。
1159段の石段を行く。
Nihondaira 到着~。
到着~。
Nihondaira 艶やかな印象。
艶やかな印象。
Nihondaira 自撮り~
自撮り~
Nihondaira 1159段!
1159段!
Nihondaira 徳川家康のお墓。
徳川家康のお墓。
Nihondaira 日本平へのロープーウェイに乗る。
日本平へのロープーウェイに乗る。
Nihondaira 久しぶりのロープーウェイ。
久しぶりのロープーウェイ。
Nihondaira 電波塔。
電波塔。
Nihondaira 富士山。やっぱりすごい。
富士山。やっぱりすごい。
Nihondaira 自撮り~
自撮り~
Nihondaira 富士山と。
富士山と。
Nihondaira 日本平の駐車場。
日本平の駐車場。
Nihondaira 久能山下山中。海岸線にはイチゴ園がずらり。
久能山下山中。海岸線にはイチゴ園がずらり。
Nihondaira イチゴソフト。うまかった~。
イチゴソフト。うまかった~。
Nihondaira 海岸線を行く。
海岸線を行く。
Nihondaira 左側には富士山が見える。
左側には富士山が見える。
Nihondaira 清水市のマンホール。
清水市のマンホール。
Nihondaira 街中から富士山が見えるのがなんとも不思議な感じ。
街中から富士山が見えるのがなんとも不思議な感じ。
Nihondaira 三保の松原到着。
三保の松原到着。
Nihondaira 羽車神社参拝。
羽車神社参拝。
Nihondaira 三保の松原からの富士山。
三保の松原からの富士山。
Nihondaira タイマーを使って。
タイマーを使って。
Nihondaira タイマーを使ってⅡ.
タイマーを使ってⅡ.
Nihondaira 本当に絵になるな~。富士山はすごい!!
本当に絵になるな~。富士山はすごい!!
Nihondaira 御穂神社参拝。
御穂神社参拝。
Nihondaira 三保半島をぐるっと一周。
三保半島をぐるっと一周。
Nihondaira 富士山アップ。思ったより雪が積もっていない。
富士山アップ。思ったより雪が積もっていない。
Nihondaira 癒される~~。
癒される~~。
Nihondaira さすが、清水市。サッカーボールがデザインの照明。
さすが、清水市。サッカーボールがデザインの照明。
Nihondaira 清水港。
清水港。
Nihondaira ちびまる子ちゃんランド。
ちびまる子ちゃんランド。
Nihondaira 清水駅。
清水駅。
Nihondaira 駅前にこんなモニュメントが・・・面白い。
駅前にこんなモニュメントが・・・面白い。
Nihondaira ついに、東京の文字が・・・・。
ついに、東京の文字が・・・・。
Nihondaira だんだん暗くなってきた。自転車・歩行者専用道を進む。
だんだん暗くなってきた。自転車・歩行者専用道を進む。
Nihondaira 由比駅手前からの富士山。暗くなった中、浮かび上がっているよう。
由比駅手前からの富士山。暗くなった中、浮かび上がっているよう。
Nihondaira 富士市のマンホール。
富士市のマンホール。
Nihondaira 輪行して帰る。まずは、さかさまにして。
輪行して帰る。まずは、さかさまにして。
Nihondaira タイヤをはずし、バックに入れる。
タイヤをはずし、バックに入れる。
Nihondaira バック収納完了。ここまで10分~15分程度かな?ずいぶん早くなった。
バック収納完了。ここまで10分~15分程度かな?ずいぶん早くなった。
Nihondaira 電車に乗せて。
電車に乗せて。
Nihondaira 本日の軌跡。
本日の軌跡。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

山の安全は、ここから。無料で新規登録。 てんきとくらす