イッヌとのぼる、釋迦ヶ岳

2021.12.11(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 52
休憩時間
58
距離
7.6 km
上り / 下り
670 / 661 m
2
35
32
22
24
37

活動詳細

すべて見る

暫く前から存在は知っていたが、ヒル天国と聞いて避けていた山。 いい加減寒くなったしイケるやろ....と思ったが当日になったらやたら温かい。 大丈夫かよと思いながらイッヌを連れて登ったがヒルは出なかった。とても素晴らしい。 温かいどころか少し暑くて登山口からミッドレイヤーを脱ぎ捨てベースレイヤーのみで山頂まで行けた。 (帰りはポリゴン着た)どう考えても不要なハードシェルとかはただの重しへ変貌。過積載はいいぞ。 今日も当然のように不要な荷物を積み込み、ザックは安定の20kgへと。 すれ違う人々に「今日はテン泊ですか?」「上でテン泊ね?」 と聞かれたがこんなとこで泊まる人は居るのだろうか。ツェルトしか持ってネーヨ。 「いいえただの修行です」と返信したがどう見ても変な人である。本当にありがとうございました。 時間が押していたのでツイン・ピークスは断念した。次はもっと早く来るべきだなと反省。 イッヌは驚くほど軽やかに登っていき、身の丈より遥かにオーバーの箇所だけ持ち上げるだけでほぼ自力で登った。 帰りは人間の2倍ほどの速度で軽やかに降りて行って何度紐を引っ張ったことか。4本足こわい。 しかも全く道を迷わないのは嗅覚か何かの為せる技なのか。 取材班はその謎を探るためにAmazonの奥地に向かったとか、向かわなかったとか。 (Amazonだけに飽き足らずこの日の夜はヤフオクの奥地へと向かったが何もポチらなかった)

活動の装備

  • ファイントラック(finetrack)
    ポリゴン2ULジャケット
  • マムート(MAMMUT)
    GOBLIN ML Jacket Women
  • ミレー(MILLET)
    ハードシェル カメットライトジャケット
  • ミレー(MILLET)
    アイラ ジップ ロングスリーブ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。