裏妙義 桶木沢一ノ沢、御殿東稜

2021.12.04(土) 日帰り

活動データ

タイム

10:02

距離

4.9km

上り

841m

下り

843m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 2
休憩時間
5 時間 58
距離
4.9 km
上り / 下り
841 / 843 m
5 30
4 15

活動詳細

すべて見る

2021.12.4(土)晴れ 気温やや高め スタート時で4~5℃ メンバ:kirakirakira(L),Bright,banbaban 出遅れましたが、ようやく妙義バリルートに行くことができました プランは 1.桶木沢一ノ沢~妙ヶ沢下降 2.一ノ沢が凍結していたら、権太沢から御殿東稜 の予定でした 個人的には興味は御殿東稜に傾いていたので一ノ沢は凍結していて2のプランになればいいと考えていましたが... 一ノ沢遡行終えた時点で時間的にも早かったので、丁須~御殿を辿って2のプランの一部御殿東稜を下ることに 時間的にちょっと厳しいかなぁと思いながらも、kiraさんの提案に賛同、丁須~御殿経由にて御殿東稜に向かいました 途中までは余裕で写真撮りながら行動していましたが、御殿東稜では流石に時間が気になり写真を撮る余裕はなくなってきました やはり日没までに東稜末端までトレースすることはできず、途中で断念、無名沢から桶木沢へ下りることになりました 一ノ沢 ・上部、傾斜がきつくなってきてからの滑り台状2段の滝のところが核心だったか(25m) ・幅が狭く落石が起こると逃げにくく、落石が足に直撃、負傷してしまったが、幸い軽傷で山行に影響はなかったので続行 ・北烏帽子沢のトラウマがあるので、途中からヤブ尾根に逃げたがかなりの傾斜で楽ではなかった 50m2ピッチ藪登攀 御殿東稜 ・御殿から懸垂3回(35,45,25m) ・東稜にのってからも懸垂2回(35,25m) 使った主な装備 ・ロープ50m×2(7.9,8.1mm) ・お助けロープ 10m、14m(7mm) ・ハーケン1枚 ・バイル  

妙義山・天狗岳・相馬岳 御殿と丁須の頭
御殿と丁須の頭
妙義山・天狗岳・相馬岳 すでに一ノ沢突入しています
すでに一ノ沢突入しています
妙義山・天狗岳・相馬岳 まだこのあたりまでは退屈
まだこのあたりまでは退屈
妙義山・天狗岳・相馬岳 ここはちょっと厳しかった
kiraさんトップで突破
続いてBrightさん
ここはちょっと厳しかった kiraさんトップで突破 続いてBrightさん
妙義山・天狗岳・相馬岳 ラストbanba
ラストbanba
妙義山・天狗岳・相馬岳 滑
次第に傾斜が増してきます
滑 次第に傾斜が増してきます
妙義山・天狗岳・相馬岳 左俣へ
左俣へ
妙義山・天狗岳・相馬岳 ここが核心だったかな
支点が取れる灌木まで25m
ハーケン1つ打ちました
その上に錆びたハーケン発見
ここが核心だったかな 支点が取れる灌木まで25m ハーケン1つ打ちました その上に錆びたハーケン発見
妙義山・天狗岳・相馬岳 沢靴でないので濡れた岩は
ちょっと不安
沢靴でないので濡れた岩は ちょっと不安
妙義山・天狗岳・相馬岳 落石あると逃げ場がないので注意です。落石を避けられませんでした
落石あると逃げ場がないので注意です。落石を避けられませんでした
妙義山・天狗岳・相馬岳 上部、沢を詰めようと試みよと探りますが、止め 
戻って右俣を試みますが、こちらも厳しそうなので中間の藪尾根へ逃げました
上部、沢を詰めようと試みよと探りますが、止め  戻って右俣を試みますが、こちらも厳しそうなので中間の藪尾根へ逃げました
妙義山・天狗岳・相馬岳 人の顔に見える?
人の顔に見える?
妙義山・天狗岳・相馬岳 藪尾根50m
藪尾根50m
妙義山・天狗岳・相馬岳 ロックガーデン稜が見えました
ロックガーデン稜が見えました
妙義山・天狗岳・相馬岳 さらに50m
さらに50m
妙義山・天狗岳・相馬岳 一般道の鎖
一般道の鎖
妙義山・天狗岳・相馬岳 ロックガーデン稜
ロックガーデン稜
妙義山・天狗岳・相馬岳 御殿東稜が見えます
御殿東稜が見えます
妙義山・天狗岳・相馬岳 丁須の頭
丁須の頭
妙義山・天狗岳・相馬岳 御殿ピークへ
御殿ピークへ
妙義山・天狗岳・相馬岳 星穴岳
星穴岳
妙義山・天狗岳・相馬岳 御殿からの丁須の頭
御殿からの丁須の頭
妙義山・天狗岳・相馬岳 下の状況が分かっているので降りられますが、知らないと絶対に下りたくないところですね
下の状況が分かっているので降りられますが、知らないと絶対に下りたくないところですね
妙義山・天狗岳・相馬岳 懸垂35m
幸い支点とできる立派な灌木があります
懸垂35m 幸い支点とできる立派な灌木があります
妙義山・天狗岳・相馬岳 2度目の懸垂
2度目の懸垂
妙義山・天狗岳・相馬岳 枯れ枝が絡みます
枯れ枝が絡みます
妙義山・天狗岳・相馬岳 御殿風穴稜と東稜の間の中間稜でしょうか
御殿風穴稜と東稜の間の中間稜でしょうか
妙義山・天狗岳・相馬岳 トラバース箇所あります
40mくらい
トラバース箇所あります 40mくらい
妙義山・天狗岳・相馬岳 傾斜緩んで3度目 25m懸垂
傾斜緩んで3度目 25m懸垂
妙義山・天狗岳・相馬岳 東稜に乗りました
東稜に乗りました
妙義山・天狗岳・相馬岳 東稜1回目懸垂
下の様子が良く分からないので
不安
東稜1回目懸垂 下の様子が良く分からないので 不安
妙義山・天狗岳・相馬岳 リッジ状で降りにくかった
リッジ状で降りにくかった
妙義山・天狗岳・相馬岳 少し歩いて、東稜2回目の懸垂
25m
少し歩いて、東稜2回目の懸垂 25m
妙義山・天狗岳・相馬岳 このままでは稜線上でビバークになりそうだったので東稜はここまで、
無名沢から桶木沢に下りることにしました
このままでは稜線上でビバークになりそうだったので東稜はここまで、 無名沢から桶木沢に下りることにしました
妙義山・天狗岳・相馬岳 最後はヘッデン下山となりましたが、ビバークせずに済みました
最後はヘッデン下山となりましたが、ビバークせずに済みました
妙義山・天狗岳・相馬岳 星穴岳のシルエット
写真右(南西の空)に宵の明星が明るく輝いていました
星穴岳のシルエット 写真右(南西の空)に宵の明星が明るく輝いていました

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。