亘理地塁山地② (みちのく潮風トレイル-3 駒ケ嶺~坂元)

2021.12.03(金) 日帰り

活動データ

タイム

06:24

距離

27.5km

上り

693m

下り

693m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 24
休憩時間
19
距離
27.5 km
上り / 下り
693 / 693 m
2 37
29
25
2 33

活動詳細

すべて見る

亘理地塁山地の福島側末端部分の確認と「みちのく潮風トレイル」福島コ―スの残りを目的に歩く。 4時半に駒ケ嶺駅前の一時駐車場(駐車表示で区分されている)に停め、久しぶりに見る満天の星空のなかスタート。手袋二重でもサブ~。 真っ暗な田園地帯を歩いていると、突然黒い影が猛スピードで近づいてくる😱 すれ違いに「おはようございます」とランニングマン😰ジモティー恐るべし。 ちなみに、ヘッテン消してみたが・・真っ暗で足元もわからん😵🌀鳥目かっ? 歩き始めて2時間、夜明けとともに頂上が失敗したモヒカンのような?(ゴメンね)鹿狼山がようやく見え始める。 この時間帯から大型ダンブが頻繁に走行し始める?福島は仕事開始早いね~。 鹿狼山登山口駐車場で一休みし樹林帯コ―スから登る。途中で出会う人はザックを持たない人ばかりで出勤前に登った感じ。 約30分で麓から見た頂上のモヒカンを確認し納得(笑)頂上からのパノラマ眺望は素晴らしいの一言。 阿武隈高地~一切経山~蔵王にかけてが特に秀逸。 亘理地塁山地の連なりもはっきりわかり鹿狼山が末端部分のように見える。 キラキラと光る海岸方向は漁港~火力発電所など人の営みが西側の山々との対比で面白い。 しかし、海岸から南側を見ると原発が近いことに驚いた。原発事故の時に新地町辺りはどうだったんだろう? 頂上から鈴宇峠までの大半は、地塁というより戦国時代の土塁のような形状の気持ちの良い登山道。 鈴宇峠からはロ―ド12kmをひたすら歩く忍耐の道。 残りの距離と山元駅11時19分発の電車から ・・またまたランニングマンの可能性大😰 先日の教訓から手前の4号線を北上のショ―トカット案に変更。 余裕で山元駅到着。今後のために?自転車置場、駐車場を確認し駒ケ嶺駅に戻り高速を爆走して帰宅。 今日の教訓 私のトレイルは忍耐あるのみ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。