宝篋山(ほうきょうさん)周回・常願寺コース→小田城コース

2021.11.30(火) 日帰り

午後からなので、少し急いで回ろうとしたら道間違えた・・・ 前に同じコースを登った時は間違えなかったんですけどね。 慌てたらダメですね~

結構車が停まってます。
平日なのに、かなりの人気。
休日なら体育館の方じゃないと止められなそうだ。

結構車が停まってます。 平日なのに、かなりの人気。 休日なら体育館の方じゃないと止められなそうだ。

結構車が停まってます。 平日なのに、かなりの人気。 休日なら体育館の方じゃないと止められなそうだ。

出発
駐車場の横から田んぼ道を行きます。

出発 駐車場の横から田んぼ道を行きます。

出発 駐車場の横から田んぼ道を行きます。

結構あったかいので、Tシャツでスタート

結構あったかいので、Tシャツでスタート

結構あったかいので、Tシャツでスタート

田んぼ道で、十字路が多いので看板がたくさんあります。
極楽寺コースと常願寺コースの分岐点です。
今回は常願寺コース

田んぼ道で、十字路が多いので看板がたくさんあります。 極楽寺コースと常願寺コースの分岐点です。 今回は常願寺コース

田んぼ道で、十字路が多いので看板がたくさんあります。 極楽寺コースと常願寺コースの分岐点です。 今回は常願寺コース

道なりに進みます。

道なりに進みます。

道なりに進みます。

下の方に向かいます。

下の方に向かいます。

下の方に向かいます。

田んぼの横のため池に突然案内看板があります。

田んぼの横のため池に突然案内看板があります。

田んぼの横のため池に突然案内看板があります。

看板に沿って右折

看板に沿って右折

看板に沿って右折

看板に沿って左折

看板に沿って左折

看板に沿って左折

ここで道を間違えた、ルートの先が策でふさがれてるのが見えたので右の道と勘違い。

ここで道を間違えた、ルートの先が策でふさがれてるのが見えたので右の道と勘違い。

ここで道を間違えた、ルートの先が策でふさがれてるのが見えたので右の道と勘違い。

明らかに先ほどと比べると歩行数が少ない感じになったので、YAMAP確認したら外れてました。
ショートカットして戻ろうとしたが、どこもイノシシフェンスがあって通れませんでした。

明らかに先ほどと比べると歩行数が少ない感じになったので、YAMAP確認したら外れてました。 ショートカットして戻ろうとしたが、どこもイノシシフェンスがあって通れませんでした。

明らかに先ほどと比べると歩行数が少ない感じになったので、YAMAP確認したら外れてました。 ショートカットして戻ろうとしたが、どこもイノシシフェンスがあって通れませんでした。

元のところまで戻って、フェンスのところまで行ってみると、イノシシ侵入防止用の柵で、開ければ通れることがわかりました。。。

元のところまで戻って、フェンスのところまで行ってみると、イノシシ侵入防止用の柵で、開ければ通れることがわかりました。。。

元のところまで戻って、フェンスのところまで行ってみると、イノシシ侵入防止用の柵で、開ければ通れることがわかりました。。。

しばらくは道路です

しばらくは道路です

しばらくは道路です

ちょこちょこ看板を確認するようになりました。

ちょこちょこ看板を確認するようになりました。

ちょこちょこ看板を確認するようになりました。

昼過ぎの林の中も良いですね。

昼過ぎの林の中も良いですね。

昼過ぎの林の中も良いですね。

分岐点
まっすぐでも行けるが、沢に行ってみることにしました。

分岐点 まっすぐでも行けるが、沢に行ってみることにしました。

分岐点 まっすぐでも行けるが、沢に行ってみることにしました。

沢がしょぼい・・・

沢がしょぼい・・・

沢がしょぼい・・・

濡れてるところが滑りやすいです。

濡れてるところが滑りやすいです。

濡れてるところが滑りやすいです。

お?
展望岩?
地図にないけど見に行ってみるか。

お? 展望岩? 地図にないけど見に行ってみるか。

お? 展望岩? 地図にないけど見に行ってみるか。

歩いてすぐに「下る」の看板。
先を見るとさっきの沢道に戻ってる??

歩いてすぐに「下る」の看板。 先を見るとさっきの沢道に戻ってる??

歩いてすぐに「下る」の看板。 先を見るとさっきの沢道に戻ってる??

辺りを散策したら「展望岩」の看板有り。。。
左下の岩がそれかと。。

辺りを散策したら「展望岩」の看板有り。。。 左下の岩がそれかと。。

辺りを散策したら「展望岩」の看板有り。。。 左下の岩がそれかと。。

展望岩からの展望です。。。
林の中の段差・・・

展望岩からの展望です。。。 林の中の段差・・・

展望岩からの展望です。。。 林の中の段差・・・

元も道にもどって、気を取り直していきましょ~

元も道にもどって、気を取り直していきましょ~

元も道にもどって、気を取り直していきましょ~

この辺から少し登りがきつくなってきました。

この辺から少し登りがきつくなってきました。

この辺から少し登りがきつくなってきました。

天狗岩。
岩の真ん中の穴から水が沸いてる。
これは珍岩です。

天狗岩。 岩の真ん中の穴から水が沸いてる。 これは珍岩です。

天狗岩。 岩の真ん中の穴から水が沸いてる。 これは珍岩です。

どんどん登ります。

どんどん登ります。

どんどん登ります。

看板が無ければ間違えそうな場所です。

看板が無ければ間違えそうな場所です。

看板が無ければ間違えそうな場所です。

看板に従って左へ
右はさっき通行止めって書いてあった道につながってるのが見えます。。。

看板に従って左へ 右はさっき通行止めって書いてあった道につながってるのが見えます。。。

看板に従って左へ 右はさっき通行止めって書いてあった道につながってるのが見えます。。。

ここからは結構な角度で登っていきます。

ここからは結構な角度で登っていきます。

ここからは結構な角度で登っていきます。

くずしろの滝
今日のコンディションでは水がほとんどなく、濡れた岩でした。

くずしろの滝 今日のコンディションでは水がほとんどなく、濡れた岩でした。

くずしろの滝 今日のコンディションでは水がほとんどなく、濡れた岩でした。

山頂が近づくと、日差しが通りやすい気が増えてきました。

山頂が近づくと、日差しが通りやすい気が増えてきました。

山頂が近づくと、日差しが通りやすい気が増えてきました。

紅葉もしてます。

紅葉もしてます。

紅葉もしてます。

もうちょっと。

もうちょっと。

もうちょっと。

本日1座目登頂

本日1座目登頂

本日1座目登頂

先に向かいます。

先に向かいます。

先に向かいます。

しばらくは下りと横移動。

しばらくは下りと横移動。

しばらくは下りと横移動。

山桜の群生地にはベンチがあります。

山桜の群生地にはベンチがあります。

山桜の群生地にはベンチがあります。

土塁あと

土塁あと

土塁あと

空堀

空堀

空堀

このコースは地図に無いのでやめました。。。
さっきからやられまくってるので。

このコースは地図に無いのでやめました。。。 さっきからやられまくってるので。

このコースは地図に無いのでやめました。。。 さっきからやられまくってるので。

バイオトイレありました。
掃除中です。

バイオトイレありました。 掃除中です。

バイオトイレありました。 掃除中です。

最後の登り

最後の登り

最後の登り

名物の電波塔
一番高いところは電波塔の頂上です。

名物の電波塔 一番高いところは電波塔の頂上です。

名物の電波塔 一番高いところは電波塔の頂上です。

登頂しました。
筑波山がよくみえます。

登頂しました。 筑波山がよくみえます。

登頂しました。 筑波山がよくみえます。

下ります。

下ります。

下ります。

帰り道も分岐が多い。
一般的な登山道から考えるとかなり分岐が多い山です。

帰り道も分岐が多い。 一般的な登山道から考えるとかなり分岐が多い山です。

帰り道も分岐が多い。 一般的な登山道から考えるとかなり分岐が多い山です。

下浅間神社

下浅間神社

下浅間神社

南側の見晴らし◎
下のベンチまで行くと行き止まりで、登り返さないと帰れませんでした。。。
またやってもうた。

南側の見晴らし◎ 下のベンチまで行くと行き止まりで、登り返さないと帰れませんでした。。。 またやってもうた。

南側の見晴らし◎ 下のベンチまで行くと行き止まりで、登り返さないと帰れませんでした。。。 またやってもうた。

この分岐はどちらに行っても同じ道に合流します。

この分岐はどちらに行っても同じ道に合流します。

この分岐はどちらに行っても同じ道に合流します。

硯岩
石でみんなにけずられて、溝ができてます。

硯岩 石でみんなにけずられて、溝ができてます。

硯岩 石でみんなにけずられて、溝ができてます。

この看板を見ると「太陽にほえろ」を思い出す人は・・・いい歳です。

この看板を見ると「太陽にほえろ」を思い出す人は・・・いい歳です。

この看板を見ると「太陽にほえろ」を思い出す人は・・・いい歳です。

今日は上着の落し物が多いな~
これで3着目。
朝が寒くて、昼頃からあったかくなったからですね。

今日は上着の落し物が多いな~ これで3着目。 朝が寒くて、昼頃からあったかくなったからですね。

今日は上着の落し物が多いな~ これで3着目。 朝が寒くて、昼頃からあったかくなったからですね。

純平さんってだれだろう。

純平さんってだれだろう。

純平さんってだれだろう。

右に行って、富岡山頂に向かいます。
ここは地図にも乗ってるし、看板も行き止まりではないので寄っていきます。

右に行って、富岡山頂に向かいます。 ここは地図にも乗ってるし、看板も行き止まりではないので寄っていきます。

右に行って、富岡山頂に向かいます。 ここは地図にも乗ってるし、看板も行き止まりではないので寄っていきます。

少しだけ登ります。

少しだけ登ります。

少しだけ登ります。

すぐに登頂

すぐに登頂

すぐに登頂

舟が城跡展望所ってところが看板に乗ってるが、行き止まりなのでパス。
ここは以前の記憶でたいしたことなかった気記憶有り。

舟が城跡展望所ってところが看板に乗ってるが、行き止まりなのでパス。 ここは以前の記憶でたいしたことなかった気記憶有り。

舟が城跡展望所ってところが看板に乗ってるが、行き止まりなのでパス。 ここは以前の記憶でたいしたことなかった気記憶有り。

櫓発見

櫓発見

櫓発見

ココも見晴らし良し。

ココも見晴らし良し。

ココも見晴らし良し。

見晴らしがよかったところは、絶壁の上でした。

見晴らしがよかったところは、絶壁の上でした。

見晴らしがよかったところは、絶壁の上でした。

また分岐が増えてきた。

また分岐が増えてきた。

また分岐が増えてきた。

お地蔵さん?
よく見るとお坊さんの像にも見えます。

お地蔵さん? よく見るとお坊さんの像にも見えます。

お地蔵さん? よく見るとお坊さんの像にも見えます。

コンクリの急斜面は足に負担が大きい・・・

コンクリの急斜面は足に負担が大きい・・・

コンクリの急斜面は足に負担が大きい・・・

猪柵です。

猪柵です。

猪柵です。

留め具の棒がかなり長いです。

留め具の棒がかなり長いです。

留め具の棒がかなり長いです。

車に戻りました~
流石に夕方だとみんな帰ったようです。

車に戻りました~ 流石に夕方だとみんな帰ったようです。

車に戻りました~ 流石に夕方だとみんな帰ったようです。

結構車が停まってます。 平日なのに、かなりの人気。 休日なら体育館の方じゃないと止められなそうだ。

出発 駐車場の横から田んぼ道を行きます。

結構あったかいので、Tシャツでスタート

田んぼ道で、十字路が多いので看板がたくさんあります。 極楽寺コースと常願寺コースの分岐点です。 今回は常願寺コース

道なりに進みます。

下の方に向かいます。

田んぼの横のため池に突然案内看板があります。

看板に沿って右折

看板に沿って左折

ここで道を間違えた、ルートの先が策でふさがれてるのが見えたので右の道と勘違い。

明らかに先ほどと比べると歩行数が少ない感じになったので、YAMAP確認したら外れてました。 ショートカットして戻ろうとしたが、どこもイノシシフェンスがあって通れませんでした。

元のところまで戻って、フェンスのところまで行ってみると、イノシシ侵入防止用の柵で、開ければ通れることがわかりました。。。

しばらくは道路です

ちょこちょこ看板を確認するようになりました。

昼過ぎの林の中も良いですね。

分岐点 まっすぐでも行けるが、沢に行ってみることにしました。

沢がしょぼい・・・

濡れてるところが滑りやすいです。

お? 展望岩? 地図にないけど見に行ってみるか。

歩いてすぐに「下る」の看板。 先を見るとさっきの沢道に戻ってる??

辺りを散策したら「展望岩」の看板有り。。。 左下の岩がそれかと。。

展望岩からの展望です。。。 林の中の段差・・・

元も道にもどって、気を取り直していきましょ~

この辺から少し登りがきつくなってきました。

天狗岩。 岩の真ん中の穴から水が沸いてる。 これは珍岩です。

どんどん登ります。

看板が無ければ間違えそうな場所です。

看板に従って左へ 右はさっき通行止めって書いてあった道につながってるのが見えます。。。

ここからは結構な角度で登っていきます。

くずしろの滝 今日のコンディションでは水がほとんどなく、濡れた岩でした。

山頂が近づくと、日差しが通りやすい気が増えてきました。

紅葉もしてます。

もうちょっと。

本日1座目登頂

先に向かいます。

しばらくは下りと横移動。

山桜の群生地にはベンチがあります。

土塁あと

空堀

このコースは地図に無いのでやめました。。。 さっきからやられまくってるので。

バイオトイレありました。 掃除中です。

最後の登り

名物の電波塔 一番高いところは電波塔の頂上です。

登頂しました。 筑波山がよくみえます。

下ります。

帰り道も分岐が多い。 一般的な登山道から考えるとかなり分岐が多い山です。

下浅間神社

南側の見晴らし◎ 下のベンチまで行くと行き止まりで、登り返さないと帰れませんでした。。。 またやってもうた。

この分岐はどちらに行っても同じ道に合流します。

硯岩 石でみんなにけずられて、溝ができてます。

この看板を見ると「太陽にほえろ」を思い出す人は・・・いい歳です。

今日は上着の落し物が多いな~ これで3着目。 朝が寒くて、昼頃からあったかくなったからですね。

純平さんってだれだろう。

右に行って、富岡山頂に向かいます。 ここは地図にも乗ってるし、看板も行き止まりではないので寄っていきます。

少しだけ登ります。

すぐに登頂

舟が城跡展望所ってところが看板に乗ってるが、行き止まりなのでパス。 ここは以前の記憶でたいしたことなかった気記憶有り。

櫓発見

ココも見晴らし良し。

見晴らしがよかったところは、絶壁の上でした。

また分岐が増えてきた。

お地蔵さん? よく見るとお坊さんの像にも見えます。

コンクリの急斜面は足に負担が大きい・・・

猪柵です。

留め具の棒がかなり長いです。

車に戻りました~ 流石に夕方だとみんな帰ったようです。