感動!燕岳 20190901~02

2019.09.01(日) 2 DAYS

20数年ぶりの北アルプス、以前登った時の感動はもう忘れてしまっていたようで、 燕山荘の稜線を超えた時に広がる景色に、新たに大感動! 大阪梅田からは、夜22:30発のアルピコ「さわやか信州号」で安曇野穂高に5:00到着 そこからは予約していたタクシーで有明荘へ ここで着替え・準備させて頂き、7:00に登山口からスタート 4時間弱かけてやっと合戦小屋に到着 六甲山では4時間登りが続くコースは少なく、トレーニング不足を痛感 さらに合戦小屋から1時間かけて13:00少し前に燕山荘に到着 休憩を含めて6時間もかかってしまった 燕山荘で昼食をとり、いよいよ燕岳へ 天気は曇り空 回りの景色を味わいながら、ゆっくり往復 翌日は予報通り雨が降りそうな天気で、周りの景色を楽しめないため、 そのまま寄り道せずに4時間弱かけて下山

梅田からさわやか信州号に乗車

梅田からさわやか信州号に乗車

梅田からさわやか信州号に乗車

安曇野穂高に到着

安曇野穂高に到着

安曇野穂高に到着

有明荘で着替え・準備

有明荘で着替え・準備

有明荘で着替え・準備

燕山荘が見えてきた

燕山荘が見えてきた

燕山荘が見えてきた

槍ヶ岳も見える

槍ヶ岳も見える

槍ヶ岳も見える

稜線を超えて絶景が広がる

稜線を超えて絶景が広がる

稜線を超えて絶景が広がる

燕岳の天気はなんとか持ちそう

燕岳の天気はなんとか持ちそう

燕岳の天気はなんとか持ちそう

雲が下から登てくる

雲が下から登てくる

雲が下から登てくる

朝はガスっていて見えない

朝はガスっていて見えない

朝はガスっていて見えない

燕岳も雲の中

燕岳も雲の中

燕岳も雲の中

梅田からさわやか信州号に乗車

安曇野穂高に到着

有明荘で着替え・準備

燕山荘が見えてきた

槍ヶ岳も見える

稜線を超えて絶景が広がる

燕岳の天気はなんとか持ちそう

雲が下から登てくる

朝はガスっていて見えない

燕岳も雲の中

この活動日記で通ったコース

中房温泉-燕岳 往復コース

  • 7時間10分
  • 9.5 km
  • 1406 m
体力度
3

標高1450mの中房・燕岳登山口から登る。登山口付近の駐車場はシーズンになると大変混雑する。穂高駐車場を利用しバスで登山口に向かうのもよい。電車の場合は大糸線穂高駅からバスに乗る。最初は樹林帯続き、途中途中のベンチの休憩ポイントを抜けて行く。その後合戦小屋を通り過ぎ、燕山荘が見えてくる。宿泊の手続きを済ませてから、山頂へ。イルカ岩などの花崗岩の奇岩を楽しみ、またコマクサも多く咲く。植生保護のため指定コースから離れないようにしよう。小屋の前からは朝日がよく見える。復路は往路下山。危険箇所なども特にない。