椛の葉は最初は緑で太陽に向かって手を広げる。秋になると赤くなり、晩秋には何かをつかむように縮む。そして冬になると何かをつかんだまま地上に落ちてゆく 戻る 次へ

なぜか本仁田山の写真

2021.11.27(土) 14:07

椛の葉は最初は緑で太陽に向かって手を広げる。秋になると赤くなり、晩秋には何かをつかむように縮む。そして冬になると何かをつかんだまま地上に落ちてゆく

この写真を含む活動日記

24
73

04:29

7.8 km

1046 m

なぜか本仁田山

川苔山(川乗山) (東京, 埼玉)

2021.11.27(土) 日帰り

 韓国人の知り合いが日本に赴任することになったというので金曜の夜に一献傾ける約束をした。とすれば週末は山には行かず当然自宅で朝寝だなと考えていた。ところが、直前になってこの約束がキャンセルになってしまう。理由は知らないが、来日が1、2週間延期になったらしい。想定外に時間が空いた。そうなると何処かに行きたくなってしまう。急遽行き先を考えたが、土曜の夜にも予定があったので軽めで且つ早めに帰宅できる近場で考えなければならなかった。深く考えず、困った時の日の出山に行くことにした。  日の出山山頂に最も近い登山口までのバスが武蔵五日市駅から出ている。このバスを利用して時間短縮を狙うことにした。朝6時の電車に乗れば登山口に8時半頃に到着できるはずで、午前中には帰路に就くことができると胸算用していた。ところが、うっかり寝坊してしまう。もちろん目覚まし時計をセットしたはずでその音も聞いた気がするが、神の見えざる手よって止められていた。はっと我に帰ったとき、時計の針は5時45分を指していた。もう予定の電車に間に合わないので次の電車を検索すると1時間半後であった。  諦めるにはまだ早かった。余裕ができたのでシャワーを浴びて悠々と出発。当たり前だが今度は電車に間に合った。そして新宿で『ホリデー快速あきがわ号』に乗り換える。目的地に向け順調に進んでゆく電車。ところが、電車が拝島を過ぎた頃、車内アナウンスが次は青梅と言っている。どうやらこの電車は武蔵五日市には行かないらしい……えっ? 乗っていた電車は知らない間に『ホリデー快速おくたま号』にすり替わっていた。そして僕は途方に暮れたのである。  電車は奥多摩駅に10時少し前に到着した。結局僕は~たぶん~神の導きによって本仁田山に登った。余談だが、時に小雪ちらつくとても寒い山行であった。 はい、ここで質問です。文中に”ところが”は何回出てきたでしょう。質問しといてあれですが、正解しても賞品はありませんのでコメント欄に書かないでください😜