鬼ヶ鼻岩・北谷直登ルート

2017.12.25(月) 10:02 - 2017.12.25(月) 14:04
Sefurisan (Saga, Fukuoka)
今年も残すところあと一週間。 今年中に登っておきたいとこに鬼ヶ鼻岩・北谷直登ルートがある。 9年前にこのルートを登って以来のご無沙汰で最近は登ることもないが、 今年、ポンちゃんや風来坊さんのレポ見て刺激を受けた私、登ってみたくなった。 昔の記憶を頼りに登ってみた。 椎原登山口に上がる林道の途中に車を駐車。 林道を少し下って辻橋のとこから伸びる林道を上がっていく。 ロッジ跡を右に見ながら上がると、林道に出合い、横断して向かい」が登山口となる。 ここから鬼ヶ鼻岩まで上がっていきま~す。 以前は目印のテープやトレースもあり、分かりやすかったと思うのだが、 荒れている~ もう…川沿いを藪漕ぎ状態で林道出合までひたすら登る。 林道にやっと出合った時にはもうバテバテ状態。 でも北谷ルートはここからが本番。 道を確かめながら急登を上がっていく。 二俣を間違った方へと上がったり、 たぶん正規のルートも外れながらして直登ルートにやっとことで合流。ホッする。 あとは鬼ヶ鼻岩までラストスパート。登れた~

写真

車を止めて出発

車を止めて出発

辻橋から曲がり林道を上がっていく。

辻橋から曲がり林道を上がっていく。

以前はこの辺にはロッジもあった。

以前はこの辺にはロッジもあった。

林道横断。登山口。

林道横断。登山口。

暫くは林道歩き。

暫くは林道歩き。

ん、どっちだ?真っすぐ左の道へ

ん、どっちだ?真っすぐ左の道へ

砂防ダムの左側を通り上がっていく。

砂防ダムの左側を通り上がっていく。

徒渉。ここから竹林の中へ

徒渉。ここから竹林の中へ

竹林の中。この辺までは以前の記憶通り。

竹林の中。この辺までは以前の記憶通り。

あ、荒れている。道は何処じゃあ~

あ、荒れている。道は何処じゃあ~

もう訳分からず。とにかく川沿いをひたすら上がっていく。

もう訳分からず。とにかく川沿いをひたすら上がっていく。

林道に出た~一先ず安心。

林道に出た~一先ず安心。

ここからが北谷の本番

ここからが北谷の本番

目印もあったりなかったり

目印もあったりなかったり

二俣。間違って右に行くが違うことに気付き左の谷へ

二俣。間違って右に行くが違うことに気付き左の谷へ

大岩

大岩

ケルンとかあるとホッとする。

ケルンとかあるとホッとする。

炭焼跡も所々通り道にある

炭焼跡も所々通り道にある

急登。このあとたぶん道外れた~

急登。このあとたぶん道外れた~

直登ルートと合流

直登ルートと合流

ロープの急登

ロープの急登

鬼ヶ鼻岩到着

鬼ヶ鼻岩到着

背振山

背振山

今日は自宅からの出発でなかったので、コンビニでおでん買ってお昼に食う。
持ち込みの鍋に入れてもらった。

今日は自宅からの出発でなかったので、コンビニでおでん買ってお昼に食う。 持ち込みの鍋に入れてもらった。

温める

温める

ちょっと寒かったので、温まった~

ちょっと寒かったので、温まった~

縦走路もだけど、雪はまったくない

縦走路もだけど、雪はまったくない

椎原峠(西)
この前来た。

椎原峠(西) この前来た。

椎原峠

椎原峠

久しぶりのメタセコイア~

久しぶりのメタセコイア~

道はメタセコイアの落ち葉でいっぱい!

道はメタセコイアの落ち葉でいっぱい!

滝も凄い

滝も凄い

椎原登山口まで下りてきました。
あとは林道通って戻る。

椎原登山口まで下りてきました。 あとは林道通って戻る。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。