夕暮れ時ですね 戻る 次へ

今期初の妙義縦走は大パーティー♫の写真

2021.11.23(火) 16:27

夕暮れ時ですね

この写真を含む活動日記

44
49

09:50

8.0 km

1731 m

今期初の妙義縦走は大パーティー♫

妙義山・天狗岳・相馬岳 (群馬, 長野)

2021.11.23(火) 日帰り

四国遍路に行ってたので今期の初妙義が遅くなりましたが、勤労感謝の日にやっと妙義に行けました😊 この妙義縦走、かなり前からMichiさんにお誘いを受けてました Michiさんの山友さんが名古屋から妙義に来るから一緒にどう?って話しでした いつもお世話になってるMichiさんからのお誘いですから二つ返事で参加のお約束をした次第です 今回、蓋を開けたら総勢11人の大パーティーになってました(笑) 当初、表妙義縦走から星穴チャレンジって言う、聞いた事がないルート設定のご希望だったのですが、Michiさんの打合せの努力により、表妙義縦走に落ち着きました😊 人数が多いと鎖待ちが長くなるので、それだけ時間かかりますからね そしてアイチーの方々はクライマーの方々の様です 筆頭者KENさんの声掛けで7人で遠征チームを組んで群馬襲来となった様です😃 さて活動日記です Michiさん KARINAさん たろくんさんと自分は朝6時20分に中之嶽神社の第二駐車場に集合です 前日にチェックした天気予報では標高2000m付近は風速16〜20mの強風予想です 強風対策で防寒着を一枚余計に持ち就寝します 朝2時半に起きて風をチェック! 埼玉でも少し風が強く感じます その後3時に出発しました 途中7-11でモーニング珈琲を買い駐車場には6時到着 この駐車場に車を2台デポして妙義神社の登山者用駐車場に向かいます 駐車場に着くともうアイチーの皆さんは準備万端でした😊 全員集合すると何処かの山岳会のパーティーみたいで違う感じがします(笑) 道の駅のトイレに行った時に、あ〜この人数で妙義縦走するんだって実感が湧いてきました😊 何故トイレで実感が湧いたか? それはトイレ待ちの数人が皆パーティー参加者だったから(笑) 男子トイレなんて滅多にトイレ待ち状態にならないですからね〜😃 自分達(グンマーチーム)の準備が整い7時に出発となりました 道の駅からの出発の恒例通り妙義神社に登山の安全を祈願して山に入りました 勿論、神社裏の天狗様にもご挨拶しましたよ アイチーの方々に神社の案内をして登山口に来たので、流れで自分が先頭になってしまいました! ちょっと失敗です 出来れば後方から行きたかったな〜😊 ま〜血中酸素が高い内は脚が動くので、大の字までは保つかな?って感じで先頭を歩きます 歩き始めて10分で汗が噴き出て来ました! 強風予想なのに、この時は風が吹いてなく汗が滴り落ちます このまま大の字まで行きたかったのですが、大の字手前で遂に血中酸素が大幅ダウンしまして、先頭を変わっていただきました! この時、パーティーの年齢差を感じましたね 後続の若者たちは汗すらかいてませんからね〜 先頭から定位置の最後尾に退き大の字に到着😊 皆んな、妙義らしいポイントで楽しそうに大の字を満喫してました 大の字はアイチーでいっぱいになっていたので、グンマーは下で記念撮影(笑) 一頻り撮影会をして大の字を出発 辻を通り奥の院に到着 奥の院の鎖場ではKENさんがお助けロープを出し、序盤の万が一に備えます お陰様で何事も無く奥の院の鎖場を通過できました 何かあったらあったで、皆んなにお遍路帰りの自分がお経を唱えるからな〜って言っておきましたからね〜(笑) 次のビビリ岩までは大した事もなく(メタボ岩を無理矢理通りましたが)通過して、前半のキーポイントのビビリ岩に到着 流石のクライマーさん達、高度感には慣れているので澄まし顔でクリアして行きました やはり只者じゃない人達でした 妙義によく居る岩好きタイプの方々(自分も含めて)はビビリ岩に慣れるまでには2回3回と通ってようやくビビらない様になるのに😅 そこから数回の登り下りを繰り返して相馬岳に到着です 11人ものパーティーでは隊列が尺取虫の様に伸びたり縮んだりを繰り返します 自分は最後尾でしたが長い時では先頭と5分以上の差があったと思います😊 相馬辺りでランチかな?って感じでしたが、なんせ11人も居るので山頂では入り切らない感満載でした そこでバラ尾根か堀切辺りでランチにする事にして、先に進みました😊 今回、バラ尾根用にチェンスパを用意してましたが、前日の雨で思ったより歩き易くなっていてチェンスパは必要無かったですね でランチに出来たのは堀切でした 皆んな、思い思いの場所でランチにします 自分は軽量重視でパンを持って来てますがKARINAご夫妻はいつも通りカップ麺をチョイスしてました Michiさん、ご苦労様です😊 さ〜ここから後半戦です 先ずは表妙義フラッグシップの鷹戻し 通常で有れば前に10人も居れば鷹戻しの梯子を登り切ったところで大渋滞になるのですが、やっぱりクライマーは違います! 多少の待ちは有りましたが、皆んなスルスルっと登って行くので、ホントに11人パーティーなのか?って錯覚しちゃいますよ 鷹戻しを登り切ると後半戦の半分は終わった感があります😃 後は特別注意するのは2段ルンゼくらいですが、そうは言っても妙義ですから油断は禁物です 下降と登りを繰り返し20分強で2段ルンゼです 2段ルンゼでは鎖の支点からロープを出していただき懸垂下降で下のテラスに降りさせていただきました 年寄りに気遣っていただき、涙が出る思いです😊 自分は下降器を車中に置き忘れた為、ムンターで降りさせていただきました 今回の表縦走、鎖を使って登攀していますが、最近はロープ使用が目立ち、楽をしてる罰を貰ったのか、腕がパンプ気味でした😃 たまにはロープ以外で下降しないとダメですね〜😃 この後、無事に中之岳山頂を踏み下山となりました 中之嶽神社に16時到着しましたので、轟岩に脚を伸ばして妙義縦走を労いました ん〜楽しい山行になり、また皆んなで登山しようと約束して解散となりました😊 皆んな〜またね〜😅