谷川岳 ~爼嵓(マナイタグラ)の山頂へ

2021.11.21(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:59

距離

11.8km

上り

1335m

下り

1332m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 59
休憩時間
34
距離
11.8 km
上り / 下り
1335 / 1332 m

活動詳細

すべて見る

谷川岳のオジカ沢ノ頭から藪が綺麗に刈られているとのことで、爼嵓(マナイタグラ)まで行ってみました。 爼嵓(マナイタグラ)までは、きれいに藪が刈られていますが、切れ落ちた稜線の道なので踏み外しや転倒に注意が必要です。

谷川岳天神平スキー場 天神平から出発
天神平から出発
谷川岳天神平スキー場 本日の目的地 爼嵓(マナイタグラ)見えてきた
本日の目的地 爼嵓(マナイタグラ)見えてきた
谷川岳天神平スキー場 熊穴沢避難小屋通過
熊穴沢避難小屋通過
谷川岳天神平スキー場 まずは肩の小屋まで
まずは肩の小屋まで
谷川岳天神平スキー場 雲海に浮かぶ赤城山や榛名山
雲海に浮かぶ赤城山や榛名山
谷川岳天神平スキー場 秋も終わりです
秋も終わりです
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢ノ頭までの主脈稜線も見えてきた
オジカ沢ノ頭までの主脈稜線も見えてきた
谷川岳天神平スキー場 2時間で肩の小屋到着
2時間で肩の小屋到着
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢の頭から爼嵓までの魅惑の稜線
オジカ沢の頭から爼嵓までの魅惑の稜線
谷川岳天神平スキー場 谷川岳トマの耳はスルー
谷川岳トマの耳はスルー
谷川岳天神平スキー場 2年ぶりの主脈縦走路に突入
2年ぶりの主脈縦走路に突入
谷川岳天神平スキー場 まずはオジカ沢の頭へ
まずはオジカ沢の頭へ
谷川岳天神平スキー場 一番奥のピークが爼嵓(マナイタグラ)の山頂
一番奥のピークが爼嵓(マナイタグラ)の山頂
谷川岳天神平スキー場 谷川岳 トマとオキ
谷川岳 トマとオキ
谷川岳天神平スキー場 主脈縦走路ではオジカ沢ノ頭までが最も難易度が高いと思う
主脈縦走路ではオジカ沢ノ頭までが最も難易度が高いと思う
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢ノ頭から見た万太郎山。肩の小屋から1時間程。
オジカ沢ノ頭から見た万太郎山。肩の小屋から1時間程。
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢ノ頭で羊かんタイム
オジカ沢ノ頭で羊かんタイム
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢避難小屋が分岐点
オジカ沢避難小屋が分岐点
谷川岳天神平スキー場 案内板も設置
案内板も設置
谷川岳天神平スキー場 天神尾根から見ると険しい爼嵓(マナイタグラ)ですが、こちら側はなだらかな非対称山稜
天神尾根から見ると険しい爼嵓(マナイタグラ)ですが、こちら側はなだらかな非対称山稜
谷川岳天神平スキー場 オジカの沢ノ頭から降りてきた
オジカの沢ノ頭から降りてきた
谷川岳天神平スキー場 道できてます
道できてます
谷川岳天神平スキー場 山頂手前は、すれ違う幅もない(写真ではそう見えませんが)
山頂手前は、すれ違う幅もない(写真ではそう見えませんが)
谷川岳天神平スキー場 山頂到着
山頂到着
谷川岳天神平スキー場 ここで昼食。万太郎山の奥に仙ノ倉山とエビス大黒ノ頭。
ここで昼食。万太郎山の奥に仙ノ倉山とエビス大黒ノ頭。
谷川岳天神平スキー場 主脈縦走路一望です
主脈縦走路一望です
谷川岳天神平スキー場 主脈縦走路一望です
主脈縦走路一望です
谷川岳天神平スキー場 主脈縦走路一望です
主脈縦走路一望です
谷川岳天神平スキー場 帰ります。11時50分。下山は3時間半程を想定。登り返しが結構あるからもっとかかるかも。。本日のロープウェイの最終は17時です。
帰ります。11時50分。下山は3時間半程を想定。登り返しが結構あるからもっとかかるかも。。本日のロープウェイの最終は17時です。
谷川岳天神平スキー場 右側切れ落ちてます
右側切れ落ちてます
谷川岳天神平スキー場 笹で見えませんが右側切れ落ちてます。踏み外さないように注意。
笹で見えませんが右側切れ落ちてます。踏み外さないように注意。
谷川岳天神平スキー場 オジカ沢の頭までの登り返し。ここが一番きつかった。
オジカ沢の頭までの登り返し。ここが一番きつかった。
谷川岳天神平スキー場 避難小屋
避難小屋
谷川岳天神平スキー場 戻ってきた
戻ってきた
谷川岳天神平スキー場 肩の小屋へ
肩の小屋へ
谷川岳天神平スキー場 戻って来ました
戻って来ました
谷川岳天神平スキー場 3時間半で天神平に下山しました。山頂部はガスガスです。お疲れさまでした。
3時間半で天神平に下山しました。山頂部はガスガスです。お疲れさまでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。