谷川岳〜万太郎山の稜線歩き

2021.11.21(日) 日帰り

久しぶりに山友と山歩き。楽しかった。 前日はキャンプ場で鍋を囲み、翌朝は谷川岳〜万太郎山の稜線を歩いてきました。 日差しも風も穏やかで、良いコンディションで歩くことができました。 他の山行記録にもある様に万太郎山からの下りはとても滑りやすく、私は2回ほど尻もちをつきました。

寄せ鍋とモツ焼き。美味しかった。楽しかった。嬉しかった。

寄せ鍋とモツ焼き。美味しかった。楽しかった。嬉しかった。

寄せ鍋とモツ焼き。美味しかった。楽しかった。嬉しかった。

夜は少し曇っていたので、予想より温かったです

夜は少し曇っていたので、予想より温かったです

夜は少し曇っていたので、予想より温かったです

翌朝、土樽の「安全登山の広場」に車を停めて徒歩で土樽駅。6:28発の電車で土合駅に向かいました

翌朝、土樽の「安全登山の広場」に車を停めて徒歩で土樽駅。6:28発の電車で土合駅に向かいました

翌朝、土樽の「安全登山の広場」に車を停めて徒歩で土樽駅。6:28発の電車で土合駅に向かいました

定刻に電車到着。車内で切符を購入

定刻に電車到着。車内で切符を購入

定刻に電車到着。車内で切符を購入

谷川岳ロープウェイ駅まで徒歩で移動。片道切符を購入。

谷川岳ロープウェイ駅まで徒歩で移動。片道切符を購入。

谷川岳ロープウェイ駅まで徒歩で移動。片道切符を購入。

並ばず乗車

並ばず乗車

並ばず乗車

山頂駅(天神平)から向かい側にある山が綺麗に見えました

山頂駅(天神平)から向かい側にある山が綺麗に見えました

山頂駅(天神平)から向かい側にある山が綺麗に見えました

谷川岳のピークもはっきり見えました

谷川岳のピークもはっきり見えました

谷川岳のピークもはっきり見えました

雲海も

雲海も

雲海も

山頂に続く道

山頂に続く道

山頂に続く道

トマノ耳

トマノ耳

トマノ耳

この後、この稜線を歩きます

この後、この稜線を歩きます

この後、この稜線を歩きます

オキノ耳

オキノ耳

オキノ耳

稜線歩き。肩の小屋からスタート。
笹の綺麗な稜線

稜線歩き。肩の小屋からスタート。 笹の綺麗な稜線

稜線歩き。肩の小屋からスタート。 笹の綺麗な稜線

振り返るとこんな感じ

振り返るとこんな感じ

振り返るとこんな感じ

こんな場所もありました

こんな場所もありました

こんな場所もありました

最初のピーク。この先に見えるピークが万太郎山と思いきや、その先の先でした

最初のピーク。この先に見えるピークが万太郎山と思いきや、その先の先でした

最初のピーク。この先に見えるピークが万太郎山と思いきや、その先の先でした

アップダウンを繰り返します

アップダウンを繰り返します

アップダウンを繰り返します

この辺りは茂倉新道と並走しています

この辺りは茂倉新道と並走しています

この辺りは茂倉新道と並走しています

万太郎山はまだまだ先

万太郎山はまだまだ先

万太郎山はまだまだ先

大障子の頭の手前にある避難小屋。ここで昼食。

大障子の頭の手前にある避難小屋。ここで昼食。

大障子の頭の手前にある避難小屋。ここで昼食。

昼食は20分を留めて出発

昼食は20分を留めて出発

昼食は20分を留めて出発

ラスボスの万太郎山がやっと見えました

ラスボスの万太郎山がやっと見えました

ラスボスの万太郎山がやっと見えました

このピークが万太郎山

このピークが万太郎山

このピークが万太郎山

ラストスパート

ラストスパート

ラストスパート

計画より10分早く到着。平標山への縦走はまたの機会。今日は土樽に降ります

計画より10分早く到着。平標山への縦走はまたの機会。今日は土樽に降ります

計画より10分早く到着。平標山への縦走はまたの機会。今日は土樽に降ります

この下りはなかなか大変でした

この下りはなかなか大変でした

この下りはなかなか大変でした

トラロープのある場所はましですが、なくて急勾配の場所がたくさんあり

トラロープのある場所はましですが、なくて急勾配の場所がたくさんあり

トラロープのある場所はましですが、なくて急勾配の場所がたくさんあり

急勾配を下りました。

急勾配を下りました。

急勾配を下りました。

落ち葉で埋め尽くされています。実は急斜面。こんな様な場所で2回ほど尻もちつきました

落ち葉で埋め尽くされています。実は急斜面。こんな様な場所で2回ほど尻もちつきました

落ち葉で埋め尽くされています。実は急斜面。こんな様な場所で2回ほど尻もちつきました

計画より30分ほど早く下山。頑張りました

計画より30分ほど早く下山。頑張りました

計画より30分ほど早く下山。頑張りました

「安全登山の広場」まで徒歩。途中にある駐車スペース

「安全登山の広場」まで徒歩。途中にある駐車スペース

「安全登山の広場」まで徒歩。途中にある駐車スペース

寄せ鍋とモツ焼き。美味しかった。楽しかった。嬉しかった。

夜は少し曇っていたので、予想より温かったです

翌朝、土樽の「安全登山の広場」に車を停めて徒歩で土樽駅。6:28発の電車で土合駅に向かいました

定刻に電車到着。車内で切符を購入

谷川岳ロープウェイ駅まで徒歩で移動。片道切符を購入。

並ばず乗車

山頂駅(天神平)から向かい側にある山が綺麗に見えました

谷川岳のピークもはっきり見えました

雲海も

山頂に続く道

トマノ耳

この後、この稜線を歩きます

オキノ耳

稜線歩き。肩の小屋からスタート。 笹の綺麗な稜線

振り返るとこんな感じ

こんな場所もありました

最初のピーク。この先に見えるピークが万太郎山と思いきや、その先の先でした

アップダウンを繰り返します

この辺りは茂倉新道と並走しています

万太郎山はまだまだ先

大障子の頭の手前にある避難小屋。ここで昼食。

昼食は20分を留めて出発

ラスボスの万太郎山がやっと見えました

このピークが万太郎山

ラストスパート

計画より10分早く到着。平標山への縦走はまたの機会。今日は土樽に降ります

この下りはなかなか大変でした

トラロープのある場所はましですが、なくて急勾配の場所がたくさんあり

急勾配を下りました。

落ち葉で埋め尽くされています。実は急斜面。こんな様な場所で2回ほど尻もちつきました

計画より30分ほど早く下山。頑張りました

「安全登山の広場」まで徒歩。途中にある駐車スペース