猿政山の柱状節理

2021.11.21(日) 日帰り

オオヤマレンゲ登山から五ヶ月が過ぎ、雪の予報も出つつあるので前回歩いた下山ルートの確認と山中のどこかにあるという柱状節理を探しに猿政山へ向かいました。 山頂を少し通り過ぎ下山ルートへの取り付きからナビテープをつけながら下山しました。 下山ルートは急な斜面、藪こぎがあり不明瞭な為マニアックな方以外にはおすすめ出来ません。 途中、柱状節理散策の為ルートを外れていますがかなり危険箇所もあったので軌跡は非公開とさせて頂きます。

夏の豪雨による災害で車両はここまで。

夏の豪雨による災害で車両はここまで。

夏の豪雨による災害で車両はここまで。

なるべく早い復旧を望みます。

なるべく早い復旧を望みます。

なるべく早い復旧を望みます。

下の方は紅葉が綺麗です。

下の方は紅葉が綺麗です。

下の方は紅葉が綺麗です。

上の方は冬の装い。

上の方は冬の装い。

上の方は冬の装い。

稜線に出ると大山と船通山が並んで見えます。

稜線に出ると大山と船通山が並んで見えます。

稜線に出ると大山と船通山が並んで見えます。

広島県側の眺望。

広島県側の眺望。

広島県側の眺望。

若干霞んでますが麓の紅葉が綺麗です。

若干霞んでますが麓の紅葉が綺麗です。

若干霞んでますが麓の紅葉が綺麗です。

オオヤマレンゲの回りの笹を刈りました。

オオヤマレンゲの回りの笹を刈りました。

オオヤマレンゲの回りの笹を刈りました。

下山ルートに入りました。

下山ルートに入りました。

下山ルートに入りました。

柱状節理を探しに行きます。
徐々に岩場が増えてきた。
16/23

柱状節理を探しに行きます。 徐々に岩場が増えてきた。

柱状節理を探しに行きます。 徐々に岩場が増えてきた。

柱状節理に到着。
17/23

柱状節理に到着。

柱状節理に到着。

近くで見ると迫力があります。
かつては信仰の対象になっていたそうです。
18/23

近くで見ると迫力があります。 かつては信仰の対象になっていたそうです。

近くで見ると迫力があります。 かつては信仰の対象になっていたそうです。

少し先の方まで続いています。
19/23

少し先の方まで続いています。

少し先の方まで続いています。

人工的に作られた様な石です。
20/23

人工的に作られた様な石です。

人工的に作られた様な石です。

下山ルート、少し修正しながら下りました。

下山ルート、少し修正しながら下りました。

下山ルート、少し修正しながら下りました。

無事に林道まで降りてきました。

無事に林道まで降りてきました。

無事に林道まで降りてきました。

終了です。

終了です。

終了です。

夏の豪雨による災害で車両はここまで。

なるべく早い復旧を望みます。

下の方は紅葉が綺麗です。

上の方は冬の装い。

稜線に出ると大山と船通山が並んで見えます。

広島県側の眺望。

若干霞んでますが麓の紅葉が綺麗です。

オオヤマレンゲの回りの笹を刈りました。

下山ルートに入りました。

柱状節理を探しに行きます。 徐々に岩場が増えてきた。

柱状節理に到着。

近くで見ると迫力があります。 かつては信仰の対象になっていたそうです。

少し先の方まで続いています。

人工的に作られた様な石です。

下山ルート、少し修正しながら下りました。

無事に林道まで降りてきました。

終了です。