来年こそあの南アルプスに行きたい 戻る 次へ

テント泊で金峰山・瑞牆山の写真

2021.11.20(土) 11:12

来年こそあの南アルプスに行きたい

この写真を含む活動日記

59
70

13:26

15.2 km

1968 m

テント泊で金峰山・瑞牆山

ヤマノススメ巡礼マップ(瑞牆山・金峰山) (山梨, 長野)

2021.11.20(土) 2 DAYS

山は冬にさしかかる11月中旬に、思いもかけずテント泊にお声がけいただきました。 寒さもちょっと心配、それにメンバーはテント泊の経験豊富な方たちばかりなので足を引っ張らないかと不安を覚えつつ、やっぱり行きたい気持ちが勝ってご一緒させていただきました😚 行き先は日本百名山の金峰山・瑞牆山の2本立てです🌟 <<1日目>> 朝6時過ぎに瑞牆山荘近くの市営無料駐車場に到着。60%近く埋まっていました。 スタートから1時間足らずでテン場の富士見台小屋に到着。登山口から近いし、水場もあるし、テント泊ビギナーの私にはとっても有難い🌟 テントを設営、アタックザックに荷物を詰め、ブレイクを挟んで金峰山へ再スタートです。 暫くは気持ちのいい樹林帯を歩きます。大日岩あたりで森林限界となり、北には八ヶ岳、西には南アルプス、南には雪を纏った富士山が見られるという贅沢💞写真を撮ったり、ゆっくり景色を眺めたり、そんなことをしてると健康で登山できることに感謝の気持ちが湧いてきたりします。また、思いのほか岩場が登場しました(というより、テン泊準備に気を取られてあんまり道の予習していなかったというのが正直なところ笑)。 砂払ノ頭辺りからは氷も出現しました。岩の表面に氷の結晶が育っていたり、地面が硬い氷で覆われているところもありましたが、軽登山靴のみで頂上までたどり着けました。 頂上でも天気に恵まれ、富士山や瑞牆山などの景色をたっぷりと楽しみました。その後寒さに背中を押されてテン場へ戻ります。 早めの夕食を摂り6時過ぎに就寝。 就寝時のテントの中は5度。私はダウンジャケットの上下、ダウンソックス、ダウンハガー#3にナンガの夏用化繊シュラフ、muracoのシュラフカバーを重ねて寝ました。湯たんぽやカイロは準備したけど使いませんでした。寒かったり、逆に暑かったりして何度か目覚めましたが、十分睡眠が取れました。 <<2日目>> 4時半起床。テントのレインフライの一部は凍ってました。 朝ごはんは白飯と味噌汁のつもりでしたが、汁気の多いものの方が食べやすい気がしておやつ用に持ってきた善哉に変更。餅は消化に悪いので入れず。カロリーメイト1本と、ビタミン補給に小さいみかんも🍊。 6時過ぎに瑞牆山に向け出発。朝ごはんの調整がうまくいったようで快調に歩けました。 岩場が多く、ワイワイとおしゃべりしてるうちに山頂に到着。残念ながらガスで富士山は見られませんでしたが、絶壁のスリルも味わうことができました。 テン場に戻ってからテントを撤収、下山後温泉と美味しいお蕎麦をいただいて帰宅。 山行中も、帰りの車の中でもお喋りいっぱいしたな〜😙。 とても楽しかったし、とても勉強になりました🌟 あこさんのぞさんごっちゃんさん、ありがとうございました🌟 また行きましょう〜⛰