面白山 天童高原ルート

2021.11.21(日) 日帰り

活動データ

タイム

03:21

距離

11.3km

上り

960m

下り

961m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 21
休憩時間
7
距離
11.3 km
上り / 下り
960 / 961 m
21
16
1 35

活動詳細

すべて見る

仙台の街中から見える奥羽の主要な峰のうち、唯一未踏だったのが面白山です。仙山線を使うのが億劫でしたが、天童高原からならば車でもアクセスできるとのことなので、こちらから行ってみました。 紅葉が終わり落葉した山並みは見通しが良くなり、常に景色に恵まれながらの登山となります。登山道は面白山まではかなり整備されており、基本的になだらかで初心者でも問題なく歩けそうです。山頂手前だけが急登。ここを超えると、遮るもののない稜線歩きが始まります。月山や朝日、飯豊、蔵王といった日本有数の名山が一望できる、素晴らしい縦走路です。眺めは大東岳と似ていますが、こちらのほうが難易度が低く眺めが良い場所の距離が長いので、私的には面白山に軍配を上げたくなります。 中面白山まで縦走して三叉路にたどり着くと、長い長いトラバースが始まります。二週間前の皇海山が脳裏によぎりトラウマが刺激されますが、こちらはアップダウンも少なく崩れている場所もわずか。楽しい道ではありませんが、難易度は低めです。 最後は天童高原までのなだらかな道を駆け抜けてフィニッシュ。今日も良い運動をしました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。