陰陽分水嶺(本地峠⇒海見山・冠山・小掛山⇒上根峠)

2021.11.20(土) 日帰り

活動データ

タイム

09:31

距離

20.1km

上り

1395m

下り

1627m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 31
休憩時間
1 時間 24
距離
20.1 km
上り / 下り
1395 / 1627 m
1 8
2 20
5
1
39
2 48
1 37

活動詳細

すべて見る

陰陽分水嶺、本地峠を起点とし上根峠を目指すプランが発令されたため、岡山県より駆けつけました。 20日2:00霧切谷PA着。車中泊したまでは良かったものの完全に寝過ごてしまい、6:30窓ガラスを叩く音に飛び起きる始末。 本地峠~上根峠区間の半分近くは歩いたことがあり、何とかなると踏んでいたものの、スピードの上がらぬ🌿🌿🌿🌿藪漕ぎに往生し、あっという間に時間切れ。千代田堂床山手前にてエスケープとし、残りは次回のお楽しみとしました。 8ヶ月ぶりの分水嶺歩きで、野生の勘を思い出すと共に、ここ数ヶ月鈍りきった身体に刺激を入れることができました。新天地岡山に移住した私をワザワザ辺境の地に連れ戻してくれたこーきちさんとsadakenさんの💕愛情?に感謝します😄☝️

可部冠山・堂床山・大掛山 上根峠P さて、ここまで帰ってこられることやら
上根峠P さて、ここまで帰ってこられることやら
可部冠山・堂床山・大掛山 約20分のドライブでスタート地点の本地峠P。3月の終了点にご挨拶してスタート!
約20分のドライブでスタート地点の本地峠P。3月の終了点にご挨拶してスタート!
可部冠山・堂床山・大掛山 正面奥は猿喰山。本日のメンバーの中にあまりに大好きでリピートした人もいました(笑)
正面奥は猿喰山。本日のメンバーの中にあまりに大好きでリピートした人もいました(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 いきなりかい?さだっちの後ろには我々世代に懐かしいカリーナの屍(しかばね)
いきなりかい?さだっちの後ろには我々世代に懐かしいカリーナの屍(しかばね)
可部冠山・堂床山・大掛山 ササを踏みしめながら高みを目指す、朝露に濡れていなかっただけ良しとする
ササを踏みしめながら高みを目指す、朝露に濡れていなかっただけ良しとする
可部冠山・堂床山・大掛山 稜線に出ると素晴らしい道に気分も高陽するが、どうせいつもの巡視路でしょ
稜線に出ると素晴らしい道に気分も高陽するが、どうせいつもの巡視路でしょ
可部冠山・堂床山・大掛山 鉄塔でおしまい。分かっているので落胆もしない(笑)
鉄塔でおしまい。分かっているので落胆もしない(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 さて、しっかり掻き分けていきましょう
さて、しっかり掻き分けていきましょう
可部冠山・堂床山・大掛山 行く手を阻むネット
行く手を阻むネット
可部冠山・堂床山・大掛山 ちょっくら失礼、ネットを跨がせてもらうが、腰痛あがりの2名のオジサンは足が上げられずキツイキツイ
ちょっくら失礼、ネットを跨がせてもらうが、腰痛あがりの2名のオジサンは足が上げられずキツイキツイ
可部冠山・堂床山・大掛山 掻き分け
掻き分け
可部冠山・堂床山・大掛山 掻き分け
掻き分け
可部冠山・堂床山・大掛山 さらに掻き分けたところで
さらに掻き分けたところで
可部冠山・堂床山・大掛山 海見山到着、広島に15年もいたのになんと初めての登頂。ちなみに本日ゲットしたピークはこれでお終い
海見山到着、広島に15年もいたのになんと初めての登頂。ちなみに本日ゲットしたピークはこれでお終い
可部冠山・堂床山・大掛山 いい道じゃん、やはり海見山は南部からに限るね
いい道じゃん、やはり海見山は南部からに限るね
可部冠山・堂床山・大掛山 って、喜んだのも束の間、気が付いたら元に戻っているし
って、喜んだのも束の間、気が付いたら元に戻っているし
可部冠山・堂床山・大掛山 それでも電波塔に着きました。
それでも電波塔に着きました。
可部冠山・堂床山・大掛山 林道の誘惑には目もくれず、ピークを回り込む
林道の誘惑には目もくれず、ピークを回り込む
可部冠山・堂床山・大掛山 要注意ポイントR261への尾根下りでは
要注意ポイントR261への尾根下りでは
可部冠山・堂床山・大掛山 こーきち隊長が準備してきた5000分の1地勢図が大活躍、枝尾根に入りかけては軌道修正
こーきち隊長が準備してきた5000分の1地勢図が大活躍、枝尾根に入りかけては軌道修正
可部冠山・堂床山・大掛山 OBボールがゴロゴロ転がる海見山カントリークラブの横をすり抜けると
OBボールがゴロゴロ転がる海見山カントリークラブの横をすり抜けると
可部冠山・堂床山・大掛山 紅葉きらめく
紅葉きらめく
可部冠山・堂床山・大掛山 祠に飛び出した、束の間の憩いのひと時
祠に飛び出した、束の間の憩いのひと時
可部冠山・堂床山・大掛山 正面の石段を下りれば、
正面の石段を下りれば、
可部冠山・堂床山・大掛山 分水嶺看板
分水嶺看板
可部冠山・堂床山・大掛山 ここを走行しているdriverの皆さん、分水嶺なんて考えることもないでしょう、いや、考えないのが普通か?😄☝️
ここを走行しているdriverの皆さん、分水嶺なんて考えることもないでしょう、いや、考えないのが普通か?😄☝️
可部冠山・堂床山・大掛山 南西方面には片申山
南西方面には片申山
可部冠山・堂床山・大掛山 強い意志を感じる看板。「明神ハイツ維持管理組合」の皆さん、頑張ってください!
強い意志を感じる看板。「明神ハイツ維持管理組合」の皆さん、頑張ってください!
可部冠山・堂床山・大掛山 北西方面には先程までいた海見山が雄大に広がる
北西方面には先程までいた海見山が雄大に広がる
可部冠山・堂床山・大掛山 住宅地の脇が可部連山への入口
住宅地の脇が可部連山への入口
可部冠山・堂床山・大掛山 伐採地から臨む大掛山
伐採地から臨む大掛山
可部冠山・堂床山・大掛山 このカンバンは日本海側だね
このカンバンは日本海側だね
可部冠山・堂床山・大掛山 可部連山ルートに合流
可部連山ルートに合流
可部冠山・堂床山・大掛山 ここからは、な~んも考えなくても飛ばせます
ここからは、な~んも考えなくても飛ばせます
可部冠山・堂床山・大掛山 のはずが、
のはずが、
可部冠山・堂床山・大掛山 意外とノンビリモードの二人
意外とノンビリモードの二人
可部冠山・堂床山・大掛山 久しぶりの可部冠山に到着。前回3月13日は、ナイトハイクで21:36に通過してます、寒かったな~
久しぶりの可部冠山に到着。前回3月13日は、ナイトハイクで21:36に通過してます、寒かったな~
可部冠山・堂床山・大掛山 せっかくの眺望なので、3人で撮ってもらいました。
せっかくの眺望なので、3人で撮ってもらいました。
可部冠山・堂床山・大掛山 三角点チェックに余念のない二人
三角点チェックに余念のない二人
可部冠山・堂床山・大掛山 可部峠は相変わらず吹きっさらしだが
可部峠は相変わらず吹きっさらしだが
可部冠山・堂床山・大掛山 稜線はポカポカ、覗き岩を過ぎ
稜線はポカポカ、覗き岩を過ぎ
可部冠山・堂床山・大掛山 展望台より堂床山を臨む
展望台より堂床山を臨む
可部冠山・堂床山・大掛山 稼ぎどころでペースを上げるものの
稼ぎどころでペースを上げるものの
可部冠山・堂床山・大掛山 こんな時間なのにまだここかい?
こんな時間なのにまだここかい?
可部冠山・堂床山・大掛山 イワカガミ展望台からの海見山、いつもとは違って見える
イワカガミ展望台からの海見山、いつもとは違って見える
可部冠山・堂床山・大掛山 おなじみの分岐を回り込むと
おなじみの分岐を回り込むと
可部冠山・堂床山・大掛山 小掛湿原。ん?分水嶺なのに湿原を横切るって?イヤイヤ、湿原を横切るコノ道こそが分水嶺なのだ
小掛湿原。ん?分水嶺なのに湿原を横切るって?イヤイヤ、湿原を横切るコノ道こそが分水嶺なのだ
可部冠山・堂床山・大掛山 小掛山。高速道路もここまで
小掛山。高速道路もここまで
可部冠山・堂床山・大掛山 ここもピークから直接下ったらNG。よ~く見ると南に50m進んだ尾根から下るが正解。これは紙の25,000図じゃ分からん
ここもピークから直接下ったらNG。よ~く見ると南に50m進んだ尾根から下るが正解。これは紙の25,000図じゃ分からん
可部冠山・堂床山・大掛山 ソーラーの脇を歩もうとすると
ソーラーの脇を歩もうとすると
可部冠山・堂床山・大掛山 このありさま
このありさま
可部冠山・堂床山・大掛山 素直に稜線行くのが正解でした😅
素直に稜線行くのが正解でした😅
可部冠山・堂床山・大掛山 で、とてもいい雰囲気の道に飛び出し、思わず歩きたくなりますが、
で、とてもいい雰囲気の道に飛び出し、思わず歩きたくなりますが、
可部冠山・堂床山・大掛山 我々の進むべきはこちら😝
我々の進むべきはこちら😝
可部冠山・堂床山・大掛山 ここまで来たら行くしかない
ここまで来たら行くしかない
可部冠山・堂床山・大掛山 一面の笹原に
一面の笹原に
可部冠山・堂床山・大掛山 嬉しさがほとばしり出てますね(笑)
嬉しさがほとばしり出てますね(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 イヤ、ほんと、眺めている分にはいい景色なんですが☺️
イヤ、ほんと、眺めている分にはいい景色なんですが☺️
可部冠山・堂床山・大掛山 千代田ファームからは、ほのぼのとした家畜の匂いが漂ってきます。『匂い』も旅の貴重な記憶
千代田ファームからは、ほのぼのとした家畜の匂いが漂ってきます。『匂い』も旅の貴重な記憶
可部冠山・堂床山・大掛山 藪の中から大好物の△を探り当て狂喜乱舞・・・は言いすぎかな(笑)
藪の中から大好物の△を探り当て狂喜乱舞・・・は言いすぎかな(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 千代田堂床山が見えてきたが、先は遠い。
千代田堂床山が見えてきたが、先は遠い。
可部冠山・堂床山・大掛山 それでも歩みを止めなければ
それでも歩みを止めなければ
可部冠山・堂床山・大掛山 必ず目的地に
必ず目的地に
可部冠山・堂床山・大掛山 到達する
到達する
可部冠山・堂床山・大掛山 う~む、朝からの行程を経てこの時間帯に眺める看板は胸を打つものがある
う~む、朝からの行程を経てこの時間帯に眺める看板は胸を打つものがある
可部冠山・堂床山・大掛山 でもまだ終わったわけではない。カーブミラーより果敢に飛び込みます
でもまだ終わったわけではない。カーブミラーより果敢に飛び込みます
可部冠山・堂床山・大掛山 しゃーない、着いていくとするか☺️
しゃーない、着いていくとするか☺️
可部冠山・堂床山・大掛山 一登りで気持ちの良い尾根筋に到達。千代田ファーム脇の痺れる稜線を経験しているだけに快適なことこの上なし
一登りで気持ちの良い尾根筋に到達。千代田ファーム脇の痺れる稜線を経験しているだけに快適なことこの上なし
可部冠山・堂床山・大掛山 ショッカー広場をかすめ
ショッカー広場をかすめ
可部冠山・堂床山・大掛山 ひと歩きで
ひと歩きで
可部冠山・堂床山・大掛山 飛び出したのは
飛び出したのは
可部冠山・堂床山・大掛山 広大な採掘場跡地。ここは谷だろ、の突っ込みは無しにしましょう😅、一面人工的に削られた平坦な地形の真ん中ですので(笑)
広大な採掘場跡地。ここは谷だろ、の突っ込みは無しにしましょう😅、一面人工的に削られた平坦な地形の真ん中ですので(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 忽然と現れた我々に、慌てて逃げ去る鹿。振り返れば可部連山、この方角からは新鮮だ
忽然と現れた我々に、慌てて逃げ去る鹿。振り返れば可部連山、この方角からは新鮮だ
可部冠山・堂床山・大掛山 ひとコブ越えて
ひとコブ越えて
可部冠山・堂床山・大掛山 降り立った峠にて今回は終了、千代田堂床山は次回とした...
えぇ、また次回岡山からここまで来いってか??😅
降り立った峠にて今回は終了、千代田堂床山は次回とした... えぇ、また次回岡山からここまで来いってか??😅
可部冠山・堂床山・大掛山 目ざとく見つけた事務所脇自販機はオール110円!
目ざとく見つけた事務所脇自販機はオール110円!
可部冠山・堂床山・大掛山 コーラで乾杯、くつろがせていただきました
コーラで乾杯、くつろがせていただきました
可部冠山・堂床山・大掛山 先ほど通過した分水嶺を眺めつつ上根峠に向かいます
先ほど通過した分水嶺を眺めつつ上根峠に向かいます
可部冠山・堂床山・大掛山 下界に来ると、まぁ、出るわ出るわ、あの人この人のウワサ話、永井真理子がどうしたって(笑)
下界に来ると、まぁ、出るわ出るわ、あの人この人のウワサ話、永井真理子がどうしたって(笑)
可部冠山・堂床山・大掛山 結局良い時間となりました。R54を挟んで続きの高まりをアイコンタクト
結局良い時間となりました。R54を挟んで続きの高まりをアイコンタクト
可部冠山・堂床山・大掛山 デポ車輛を通り過ぎ
デポ車輛を通り過ぎ
可部冠山・堂床山・大掛山 けじめとして
けじめとして
可部冠山・堂床山・大掛山 記念撮影。通り過ぎる車両からの怪訝そうな視線を感じつつ
記念撮影。通り過ぎる車両からの怪訝そうな視線を感じつつ
可部冠山・堂床山・大掛山 終了とする
終了とする
可部冠山・堂床山・大掛山 オマケ。最近このパターンが多い気が・・・
オマケ。最近このパターンが多い気が・・・

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。