秋の金勝アルプス(上桐生バス停からこんぜの里りっとうへ)

2021.11.20(土) 日帰り

妻の提案で今週は金勝アルプスへ。 天気も良く、のんびりとしたハイキングを期待していたら、思いのほかアップダウンと岩場が多く、結果的にとってもタフな登山となりました。 草津駅から路線バスに乗って上桐生まで行き、そこから登山をスタート。 落ヶ滝を見てから北方縦走路に入り、鶏冠山を経由して天狗岩に至りました。 その後、竜王山に登頂し、馬頭観音堂前駐車場で山道を終え、車道を通って金勝寺の前を通過し、こんぜの里りっとうに至る、というコースです。 登山道を終えてから舗装道路を1時間ほど歩いたので足が疲れましたが、こんぜの里で食べた猪肉入りコロッケが美味しくて救われました。 次はボタン鍋を是非食べてみたいです。

上桐生から登山スタート。
駐車場にあるトイレに、金勝アルプスのハイキングマップが置いております。けっこうちゃんとしてるので、地図を忘れた方、持ってない方はここで調達するといいかもしれません。

上桐生から登山スタート。 駐車場にあるトイレに、金勝アルプスのハイキングマップが置いております。けっこうちゃんとしてるので、地図を忘れた方、持ってない方はここで調達するといいかもしれません。

上桐生から登山スタート。 駐車場にあるトイレに、金勝アルプスのハイキングマップが置いております。けっこうちゃんとしてるので、地図を忘れた方、持ってない方はここで調達するといいかもしれません。

序盤は気持ちの良い道が続きます。

序盤は気持ちの良い道が続きます。

序盤は気持ちの良い道が続きます。

沢に浮かぶアメンボ。
撮ろうとしたら水面に反射した景色にピントが合う、の図。

沢に浮かぶアメンボ。 撮ろうとしたら水面に反射した景色にピントが合う、の図。

沢に浮かぶアメンボ。 撮ろうとしたら水面に反射した景色にピントが合う、の図。

沢を徒渉することが多くなり、徐々に滝が近づいているようです。

沢を徒渉することが多くなり、徐々に滝が近づいているようです。

沢を徒渉することが多くなり、徐々に滝が近づいているようです。

落ヶ滝に到着。水量が控えめな滝です。

落ヶ滝に到着。水量が控えめな滝です。

落ヶ滝に到着。水量が控えめな滝です。

地面に滲み出す水のせいなのか、序盤の登山道はシダが繁茂している箇所がとても多いです。

地面に滲み出す水のせいなのか、序盤の登山道はシダが繁茂している箇所がとても多いです。

地面に滲み出す水のせいなのか、序盤の登山道はシダが繁茂している箇所がとても多いです。

急登を抜け、鶏冠山を目指します。

急登を抜け、鶏冠山を目指します。

急登を抜け、鶏冠山を目指します。

到着。鶏冠山の山頂です。491メートル。
眺望は期待しないほうがいいかもしれません。

到着。鶏冠山の山頂です。491メートル。 眺望は期待しないほうがいいかもしれません。

到着。鶏冠山の山頂です。491メートル。 眺望は期待しないほうがいいかもしれません。

最近購入したジェットボイルを使ってお昼ご飯。やっぱり山で飲むコーヒーは美味しいですね。

最近購入したジェットボイルを使ってお昼ご飯。やっぱり山で飲むコーヒーは美味しいですね。

最近購入したジェットボイルを使ってお昼ご飯。やっぱり山で飲むコーヒーは美味しいですね。

天狗岩に向かいます。段々と視界が開けてきました。

天狗岩に向かいます。段々と視界が開けてきました。

天狗岩に向かいます。段々と視界が開けてきました。

登ると眺めの良い岩がたくさんあります。

登ると眺めの良い岩がたくさんあります。

登ると眺めの良い岩がたくさんあります。

天狗岩が見えました。こちらからだと、ニョキニョキと岩が生えているように見えます。

天狗岩が見えました。こちらからだと、ニョキニョキと岩が生えているように見えます。

天狗岩が見えました。こちらからだと、ニョキニョキと岩が生えているように見えます。

天狗岩に到着。ロープを使って登ると、沢山のイワが転がっていて、みなさんいろんな岩に乗って思い思いの時間を過ごしていました。

天狗岩に到着。ロープを使って登ると、沢山のイワが転がっていて、みなさんいろんな岩に乗って思い思いの時間を過ごしていました。

天狗岩に到着。ロープを使って登ると、沢山のイワが転がっていて、みなさんいろんな岩に乗って思い思いの時間を過ごしていました。

天狗岩を別の角度から。
人が小さくて、なんか可愛い。

天狗岩を別の角度から。 人が小さくて、なんか可愛い。

天狗岩を別の角度から。 人が小さくて、なんか可愛い。

二つ目のピーク、竜王山へ。
植生が変わって、シダは見られなくなり、代わりに笹が増えてきました。

二つ目のピーク、竜王山へ。 植生が変わって、シダは見られなくなり、代わりに笹が増えてきました。

二つ目のピーク、竜王山へ。 植生が変わって、シダは見られなくなり、代わりに笹が増えてきました。

竜王山に到着しました。標高は604.7メートル。

竜王山に到着しました。標高は604.7メートル。

竜王山に到着しました。標高は604.7メートル。

整備されていたはずの階段がむしろハードルになって…

整備されていたはずの階段がむしろハードルになって…

整備されていたはずの階段がむしろハードルになって…

登山口もおしまいです。

登山口もおしまいです。

登山口もおしまいです。

馬頭観音堂駐車場に到着。赤く色付いた紅葉が出迎えてくれました。

馬頭観音堂駐車場に到着。赤く色付いた紅葉が出迎えてくれました。

馬頭観音堂駐車場に到着。赤く色付いた紅葉が出迎えてくれました。

車道を更に歩きます。

車道を更に歩きます。

車道を更に歩きます。

時間と体力がなかったので金勝寺は通過。

時間と体力がなかったので金勝寺は通過。

時間と体力がなかったので金勝寺は通過。

息をのむような赤い紅葉がありました。

息をのむような赤い紅葉がありました。

息をのむような赤い紅葉がありました。

こんぜの里りっとうに到着。
道の駅みたいな感じです。

こんぜの里りっとうに到着。 道の駅みたいな感じです。

こんぜの里りっとうに到着。 道の駅みたいな感じです。

猪肉入りコロッケ。これが美味しかった。
疲れた体に猪肉の旨みが沁み渡りました。
おすすめです。

猪肉入りコロッケ。これが美味しかった。 疲れた体に猪肉の旨みが沁み渡りました。 おすすめです。

猪肉入りコロッケ。これが美味しかった。 疲れた体に猪肉の旨みが沁み渡りました。 おすすめです。

上桐生から登山スタート。 駐車場にあるトイレに、金勝アルプスのハイキングマップが置いております。けっこうちゃんとしてるので、地図を忘れた方、持ってない方はここで調達するといいかもしれません。

序盤は気持ちの良い道が続きます。

沢に浮かぶアメンボ。 撮ろうとしたら水面に反射した景色にピントが合う、の図。

沢を徒渉することが多くなり、徐々に滝が近づいているようです。

落ヶ滝に到着。水量が控えめな滝です。

地面に滲み出す水のせいなのか、序盤の登山道はシダが繁茂している箇所がとても多いです。

急登を抜け、鶏冠山を目指します。

到着。鶏冠山の山頂です。491メートル。 眺望は期待しないほうがいいかもしれません。

最近購入したジェットボイルを使ってお昼ご飯。やっぱり山で飲むコーヒーは美味しいですね。

天狗岩に向かいます。段々と視界が開けてきました。

登ると眺めの良い岩がたくさんあります。

天狗岩が見えました。こちらからだと、ニョキニョキと岩が生えているように見えます。

天狗岩に到着。ロープを使って登ると、沢山のイワが転がっていて、みなさんいろんな岩に乗って思い思いの時間を過ごしていました。

天狗岩を別の角度から。 人が小さくて、なんか可愛い。

二つ目のピーク、竜王山へ。 植生が変わって、シダは見られなくなり、代わりに笹が増えてきました。

竜王山に到着しました。標高は604.7メートル。

整備されていたはずの階段がむしろハードルになって…

登山口もおしまいです。

馬頭観音堂駐車場に到着。赤く色付いた紅葉が出迎えてくれました。

車道を更に歩きます。

時間と体力がなかったので金勝寺は通過。

息をのむような赤い紅葉がありました。

こんぜの里りっとうに到着。 道の駅みたいな感じです。

猪肉入りコロッケ。これが美味しかった。 疲れた体に猪肉の旨みが沁み渡りました。 おすすめです。