【奥多摩】長沢背稜(一杯水〜蕎麦粒〜川苔〜保仁田)...

2021.11.20(土) 日帰り

今回は東日原からヨコスズ尾根を登り一杯水避難小屋へ直登。その後、長沢背稜を縦走し途中、蕎麦粒山、川苔山、本仁田山のピークを踏み、3大急登の大休場尾根を下り奥多摩駅へ戻る全長20kmを計画。 長沢背稜は、石尾根と異なり、尾根にのっても、登り返しが多く地味に体力を消耗。石尾根であれば基本的に奥多摩駅までひたすら下降基調なので走りやすい。 蕎麦粒山の山頂には蕎麦の実に似た鋭利な岩がある。岩だらけの山頂だが埼玉から東京方面の眺めがいいのでお気に入り。今回は曇りのため展望効かず。 川苔山はメインのアプローチルートが通行止めにも関わらず山頂には大勢の人。さすが人気の山。 川苔山から本仁田山の途中には、鋸尾根と瘤高山が立ちはだかる。 鋸尾根はピークが3つあるがいずれも本仁田山方面は下りが非常に峻険で神経を使う。 瘤高山は本仁田山の前衛。ここを過ぎたあと、いよいよラスボス本仁田山。毎回思うが頂上は意外に地味。締めくくりは奥多摩3大急登の大休場尾根。足にきた。 奥多摩駅から登りでこのルートを歩き川苔山を目指せる人は健脚で間違いない。

東日原BSから数分で登山口。

東日原BSから数分で登山口。

東日原BSから数分で登山口。

今日のラスボス本仁田山が遠くに見える。

今日のラスボス本仁田山が遠くに見える。

今日のラスボス本仁田山が遠くに見える。

銀杏のじゅうたん。

銀杏のじゅうたん。

銀杏のじゅうたん。

最初は整備された九十九折の道をひたすら登る。

最初は整備された九十九折の道をひたすら登る。

最初は整備された九十九折の道をひたすら登る。

紅葉は終わりに近い。

紅葉は終わりに近い。

紅葉は終わりに近い。

登山道の左手は自然林。

登山道の左手は自然林。

登山道の左手は自然林。

右手にアンテナが見えたら、尾根の巻道がスタート。

右手にアンテナが見えたら、尾根の巻道がスタート。

右手にアンテナが見えたら、尾根の巻道がスタート。

気持ちいい。

気持ちいい。

気持ちいい。

川苔山と本仁田山が見える。

川苔山と本仁田山が見える。

川苔山と本仁田山が見える。

落ち葉が積もっているので谷側に注意。踏み抜いたらかなりの高さを滑落は確実。ながら歩きは厳禁。

落ち葉が積もっているので谷側に注意。踏み抜いたらかなりの高さを滑落は確実。ながら歩きは厳禁。

落ち葉が積もっているので谷側に注意。踏み抜いたらかなりの高さを滑落は確実。ながら歩きは厳禁。

痩せ尾根も時折出現。

痩せ尾根も時折出現。

痩せ尾根も時折出現。

古い道標は味がある。

古い道標は味がある。

古い道標は味がある。

落ち葉は道筋を誤りやすい上に靴の中に異物が入りやすく勘弁。ゲーター巻くか地下足袋がいいかも。

落ち葉は道筋を誤りやすい上に靴の中に異物が入りやすく勘弁。ゲーター巻くか地下足袋がいいかも。

落ち葉は道筋を誤りやすい上に靴の中に異物が入りやすく勘弁。ゲーター巻くか地下足袋がいいかも。

一杯水避難小屋。

一杯水避難小屋。

一杯水避難小屋。

その名の通り一杯水の水場。
水量はチョロチョロ。

その名の通り一杯水の水場。 水量はチョロチョロ。

その名の通り一杯水の水場。 水量はチョロチョロ。

長沢背稜に乗った。
平坦路あるいは下りは極力走る。

長沢背稜に乗った。 平坦路あるいは下りは極力走る。

長沢背稜に乗った。 平坦路あるいは下りは極力走る。

仙元峠は古の交易の場所。
ここで物々交換をしたり、富士山参りの人たちが行き来した。

仙元峠は古の交易の場所。 ここで物々交換をしたり、富士山参りの人たちが行き来した。

仙元峠は古の交易の場所。 ここで物々交換をしたり、富士山参りの人たちが行き来した。

蕎麦粒山のアプローチはまっすぐ斜面を登る。右手は通行止め。

蕎麦粒山のアプローチはまっすぐ斜面を登る。右手は通行止め。

蕎麦粒山のアプローチはまっすぐ斜面を登る。右手は通行止め。

もう少しで蕎麦粒山。

もう少しで蕎麦粒山。

もう少しで蕎麦粒山。

頂上ロックオン。

頂上ロックオン。

頂上ロックオン。

賑やかな山頂標識。

賑やかな山頂標識。

賑やかな山頂標識。

蕎麦の実に似ている。
関東平野は曇りでよく見えず。

蕎麦の実に似ている。 関東平野は曇りでよく見えず。

蕎麦の実に似ている。 関東平野は曇りでよく見えず。

川苔山ははるか遠く。

川苔山ははるか遠く。

川苔山ははるか遠く。

一気に下って登り返す。

一気に下って登り返す。

一気に下って登り返す。

登り返し。

登り返し。

登り返し。

桂谷の峰

桂谷の峰

桂谷の峰

振り返ると蕎麦粒山。

振り返ると蕎麦粒山。

振り返ると蕎麦粒山。

オハヤシノ頭。
何のお囃子?

オハヤシノ頭。 何のお囃子?

オハヤシノ頭。 何のお囃子?

日向沢の頭

日向沢の頭

日向沢の頭

見晴らしがいい。

見晴らしがいい。

見晴らしがいい。

川苔山はまだまだ遠い。

川苔山はまだまだ遠い。

川苔山はまだまだ遠い。

ここからの下りは岩稜で険しい。

ここからの下りは岩稜で険しい。

ここからの下りは岩稜で険しい。

振り返る。

振り返る。

振り返る。

ここの巻道はずっと通行止め。

ここの巻道はずっと通行止め。

ここの巻道はずっと通行止め。

踊平。
お囃子があるので踊り?

踊平。 お囃子があるので踊り?

踊平。 お囃子があるので踊り?

今朝登ってきた一杯水避難小屋方面。三つドッケ、確かに3つのドッケ(突起)だ。

今朝登ってきた一杯水避難小屋方面。三つドッケ、確かに3つのドッケ(突起)だ。

今朝登ってきた一杯水避難小屋方面。三つドッケ、確かに3つのドッケ(突起)だ。

川乗橋から登ってくる登山道は通行止め。

川乗橋から登ってくる登山道は通行止め。

川乗橋から登ってくる登山道は通行止め。

川苔山へアプローチ。

川苔山へアプローチ。

川苔山へアプローチ。

川苔山山頂標識。
ここも賑やか。

川苔山山頂標識。 ここも賑やか。

川苔山山頂標識。 ここも賑やか。

川苔山。豪華な山頂標識。

川苔山。豪華な山頂標識。

川苔山。豪華な山頂標識。

川乗橋から登ってくるもう一本の登山道も通行止め。

川乗橋から登ってくるもう一本の登山道も通行止め。

川乗橋から登ってくるもう一本の登山道も通行止め。

川苔山から下りしばらく走り、鋸尾根分岐。

川苔山から下りしばらく走り、鋸尾根分岐。

川苔山から下りしばらく走り、鋸尾根分岐。

本仁田山、まだ遠い。

本仁田山、まだ遠い。

本仁田山、まだ遠い。

鋸尾根の下りは神経を使う。

鋸尾根の下りは神経を使う。

鋸尾根の下りは神経を使う。

鋸尾根終了。

鋸尾根終了。

鋸尾根終了。

瘤高山。

瘤高山。

瘤高山。

まだまだ長い本仁田山への道のり。

まだまだ長い本仁田山への道のり。

まだまだ長い本仁田山への道のり。

本仁田山。
山頂標識は地味だった。

本仁田山。 山頂標識は地味だった。

本仁田山。 山頂標識は地味だった。

さあ奥多摩3大急登、大休場尾根を下る。

さあ奥多摩3大急登、大休場尾根を下る。

さあ奥多摩3大急登、大休場尾根を下る。

今回含めて2回下ったが、登るのは大変だと改めて実感。

今回含めて2回下ったが、登るのは大変だと改めて実感。

今回含めて2回下ったが、登るのは大変だと改めて実感。

沢筋は台風の影響で荒れていた。

沢筋は台風の影響で荒れていた。

沢筋は台風の影響で荒れていた。

民家の脇で登山道終了。

民家の脇で登山道終了。

民家の脇で登山道終了。

民家に据え付けられたモノレール。

民家に据え付けられたモノレール。

民家に据え付けられたモノレール。

東日原BSから数分で登山口。

今日のラスボス本仁田山が遠くに見える。

銀杏のじゅうたん。

最初は整備された九十九折の道をひたすら登る。

紅葉は終わりに近い。

登山道の左手は自然林。

右手にアンテナが見えたら、尾根の巻道がスタート。

気持ちいい。

川苔山と本仁田山が見える。

落ち葉が積もっているので谷側に注意。踏み抜いたらかなりの高さを滑落は確実。ながら歩きは厳禁。

痩せ尾根も時折出現。

古い道標は味がある。

落ち葉は道筋を誤りやすい上に靴の中に異物が入りやすく勘弁。ゲーター巻くか地下足袋がいいかも。

一杯水避難小屋。

その名の通り一杯水の水場。 水量はチョロチョロ。

長沢背稜に乗った。 平坦路あるいは下りは極力走る。

仙元峠は古の交易の場所。 ここで物々交換をしたり、富士山参りの人たちが行き来した。

蕎麦粒山のアプローチはまっすぐ斜面を登る。右手は通行止め。

もう少しで蕎麦粒山。

頂上ロックオン。

賑やかな山頂標識。

蕎麦の実に似ている。 関東平野は曇りでよく見えず。

川苔山ははるか遠く。

一気に下って登り返す。

登り返し。

桂谷の峰

振り返ると蕎麦粒山。

オハヤシノ頭。 何のお囃子?

日向沢の頭

見晴らしがいい。

川苔山はまだまだ遠い。

ここからの下りは岩稜で険しい。

振り返る。

ここの巻道はずっと通行止め。

踊平。 お囃子があるので踊り?

今朝登ってきた一杯水避難小屋方面。三つドッケ、確かに3つのドッケ(突起)だ。

川乗橋から登ってくる登山道は通行止め。

川苔山へアプローチ。

川苔山山頂標識。 ここも賑やか。

川苔山。豪華な山頂標識。

川乗橋から登ってくるもう一本の登山道も通行止め。

川苔山から下りしばらく走り、鋸尾根分岐。

本仁田山、まだ遠い。

鋸尾根の下りは神経を使う。

鋸尾根終了。

瘤高山。

まだまだ長い本仁田山への道のり。

本仁田山。 山頂標識は地味だった。

さあ奥多摩3大急登、大休場尾根を下る。

今回含めて2回下ったが、登るのは大変だと改めて実感。

沢筋は台風の影響で荒れていた。

民家の脇で登山道終了。

民家に据え付けられたモノレール。