踊子の天城連山、万二郎岳・万三郎岳・小岳・遠笠山(天城山)周回

2021.11.20(土) 日帰り

晩秋の登山、ホームの2000m以上は雪山になってので、雪のない伊豆の踊り子登山。まずは未明から、太平洋から昇る御来光を目指すも遅刻!天城山4座を周回しました。最後の遠笠山は、車道を歩きます🎵

万二郎岳登頂中に日の出、遅刻だあ

万二郎岳登頂中に日の出、遅刻だあ

万二郎岳登頂中に日の出、遅刻だあ

登頂中に太陽が登ってく🎵

登頂中に太陽が登ってく🎵

登頂中に太陽が登ってく🎵

万二郎岳展望台から、日の出の過ぎた太平洋、太陽が海面に反射して美しい

万二郎岳展望台から、日の出の過ぎた太平洋、太陽が海面に反射して美しい

万二郎岳展望台から、日の出の過ぎた太平洋、太陽が海面に反射して美しい

これから登る万三郎岳

これから登る万三郎岳

これから登る万三郎岳

万三郎岳!小岳

万三郎岳!小岳

万三郎岳!小岳

尾根道で唯一の花🌸

尾根道で唯一の花🌸

尾根道で唯一の花🌸

向こうに最後に目指す遠笠山

向こうに最後に目指す遠笠山

向こうに最後に目指す遠笠山

アセビのトンネルの案内板

アセビのトンネルの案内板

アセビのトンネルの案内板

天城アセビのトンネル

天城アセビのトンネル

天城アセビのトンネル

急な坂、梯子あり

急な坂、梯子あり

急な坂、梯子あり

万三郎岳山頂です🎵

万三郎岳山頂です🎵

万三郎岳山頂です🎵

山頂の樹間から富士山

山頂の樹間から富士山

山頂の樹間から富士山

少し降った場所から、絶好の富士山

少し降った場所から、絶好の富士山

少し降った場所から、絶好の富士山

さらに少し降ったところから🎵

さらに少し降ったところから🎵

さらに少し降ったところから🎵

勝たせ陶芸

勝たせ陶芸

勝たせ陶芸

小岳山頂

小岳山頂

小岳山頂

小岳山頂の三角点、少し奥にありました🎵

小岳山頂の三角点、少し奥にありました🎵

小岳山頂の三角点、少し奥にありました🎵

小岳のブナの原生林🎵

小岳のブナの原生林🎵

小岳のブナの原生林🎵

唯一、尾根道の紅葉

唯一、尾根道の紅葉

唯一、尾根道の紅葉

分岐点、ここからシャクナゲコースに
降ります

分岐点、ここからシャクナゲコースに 降ります

分岐点、ここからシャクナゲコースに 降ります

枯れ沢

枯れ沢

枯れ沢

鮮やか❗️

鮮やか❗️

鮮やか❗️

苔むした周回路

苔むした周回路

苔むした周回路

苔むした岩岩で、歩きにくい😅

苔むした岩岩で、歩きにくい😅

苔むした岩岩で、歩きにくい😅

四辻まで戻ってきた🎵

四辻まで戻ってきた🎵

四辻まで戻ってきた🎵

4座目、遠笠山の車道、車は通行禁止ですが、ハイカーは入れます

4座目、遠笠山の車道、車は通行禁止ですが、ハイカーは入れます

4座目、遠笠山の車道、車は通行禁止ですが、ハイカーは入れます

山頂のレーダーアンテナ見えてきた🎵

山頂のレーダーアンテナ見えてきた🎵

山頂のレーダーアンテナ見えてきた🎵

遠笠山から、万二郎、石楠立、万三郎岳

遠笠山から、万二郎、石楠立、万三郎岳

遠笠山から、万二郎、石楠立、万三郎岳

まだまだ鮮やかなアザミ

まだまだ鮮やかなアザミ

まだまだ鮮やかなアザミ

遠笠山三角点

遠笠山三角点

遠笠山三角点

山頂のアンテナと、馬酔木🍀

山頂のアンテナと、馬酔木🍀

山頂のアンテナと、馬酔木🍀

この時期でも美しいアザミ

この時期でも美しいアザミ

この時期でも美しいアザミ

伊東方面

伊東方面

伊東方面

万二郎岳登頂中に日の出、遅刻だあ

登頂中に太陽が登ってく🎵

万二郎岳展望台から、日の出の過ぎた太平洋、太陽が海面に反射して美しい

これから登る万三郎岳

万三郎岳!小岳

尾根道で唯一の花🌸

向こうに最後に目指す遠笠山

アセビのトンネルの案内板

天城アセビのトンネル

急な坂、梯子あり

万三郎岳山頂です🎵

山頂の樹間から富士山

少し降った場所から、絶好の富士山

さらに少し降ったところから🎵

勝たせ陶芸

小岳山頂

小岳山頂の三角点、少し奥にありました🎵

小岳のブナの原生林🎵

唯一、尾根道の紅葉

分岐点、ここからシャクナゲコースに 降ります

枯れ沢

鮮やか❗️

苔むした周回路

苔むした岩岩で、歩きにくい😅

四辻まで戻ってきた🎵

4座目、遠笠山の車道、車は通行禁止ですが、ハイカーは入れます

山頂のレーダーアンテナ見えてきた🎵

遠笠山から、万二郎、石楠立、万三郎岳

まだまだ鮮やかなアザミ

遠笠山三角点

山頂のアンテナと、馬酔木🍀

この時期でも美しいアザミ

伊東方面